ホワイトガソリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
コールマン製ホワイトガソリン。キャンプフューエルとも呼ばれる。

ホワイトガソリン: White Gas)とは、石油製品のひとつである。今日ではキャンプ用品として用いられるポータブルストーブランタンの燃料として用いられる、ナフサから成る石油製品を表す一般名詞[1]として用いられることが多い。日本では白ガス(しろガス)という通称が用いられることもあり、自動車用のガソリンは赤系の色に着色されている[注 1]ことから赤ガス(あかガス)という通称で区別される。

ホワイトガソリンはガソリンの中でもほぼ純粋な石油成分のみで構成されておりオクタン価が低く、例えばコールマン製ホワイトガソリンで50-55前後である[2]ために内燃機関の燃料として用いるには不適である[注 2]が、オクタン価向上剤などの添加剤が混入されていないため煤の発生が少なく登山用ポータブルストーブやランタンなどの燃料としては今日でも最も適しているとされる。

ENEOS系列のガソリンスタンドでは、18リットル缶単位で小売りされている場合もあるが、一般のガソリンスタンドで小売り販売されていることは少なく、殆どは200リットルドラム缶単位などでしか購入できない。ガソリンスタンドで小売りされるホワイトガソリンは燃料としてではなく部品洗浄油として販売されている。ほとんどの場合、ホームセンターや登山用品店などで4リットル又は1リットル缶単位で販売される。

アメリカでは、コールマンが販売するホワイトガソリンの商標である Coleman fuel という名称の方が一般に知られていた[3]が、有鉛ガソリンが存在した時代にはレギュラーガソリンには赤色の色素が混入され、有鉛ハイオクガソリンには紫色の色素が添加されており、これと区別するため無着色の Coleman fuel が自然に White Gas と呼ばれるようになった経緯[4]が存在する。なお、2013年現在、コールマンが製造販売するホワイトガソリンには青色の色素が混入されており、その他のメーカーが製造販売する無着色のホワイトガソリン(白ガス)と区別して、コールマン製ホワイトガソリンには青ガス(あおガス)という通称が用いられることもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本ではJIS K 2202:2012でオレンジ色に着色することが定められている。
  2. ^ そもそも公道を走行する車両の駆動用エンジンの燃料に用いると脱税行為となる。空調用のサブエンジンやエンジン発電機、芝刈り機等の小型農機具等のいわゆる汎用エンジンの場合は脱税ではないものの、その低すぎるオクタン価から所定の性能が発揮できない可能性がある。

出典[編集]

  1. ^ http://www.welcomehome.org/backcountry/fuel.names.txt
  2. ^ Coleman FAQ - What is Coleman Fuel?[1]
  3. ^ Coleman - How to choose a fuelアーカイブされたコピー”. 2009年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月6日閲覧。
  4. ^ http://www.texaspowerwagon.com/gasoline.htm

関連項目[編集]