ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ・アンソロジー3
リリース 1996年10月28日
録音 1968年8月14日
ジャンル 実験音楽
時間 6分21秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーンWhat's the New Mary Jane)は、ビートルズの楽曲。

概要[編集]

名義はレノン=マッカートニーとなっているが、実質的にはジョン・レノンの作品。1968年インドのリシケシュにてマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの下で修行を行なっていた時期に書かれた[1]

1968年5月下旬に、ジョージ・ハリスンの自宅にてアコースティック・デモ(いわゆるイーシャー・デモ)が録音された。この時の音源では、最終版よりも高いオクターヴで歌われている。また、歌詞が異なり、最終版では「She liked to be married to yeti, he cooking such groovy spaghetti.」となっているが、こちらでは「She liked to be married with yeti, he grooving such kooky spaghetti.」となっている。

最終版は『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)』のセッション期間中である1968年8月14日にレコーディングが行なわれた。4テイク録音された後、最後のテイクがベストとされた。9月26日に「グラス・オニオン」「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」「アイ・ウィル」と共にモノラル・ミックス、10月14日にステレオ・ミックスが作成されたが、最終的にホワイト・アルバムに収録されることはなかった。

幻のシングル盤[編集]

ホワイト・アルバム発売後も、ジョンはこの曲をリリースすることを考えていた。

1969年にジョンは、妻のオノ・ヨーコらとプラスティック・オノ・バンドを結成。同バンドの4枚目のシングル「ユー・ノウ・マイ・ネーム」のB面として12月5日に発売することを計画した[2]

しかし、何らかの事情で、このシングルは発売中止となった。後に「ユー・ノウ・マイ・ネーム」は、ビートルズ解散前最後のシングル「レット・イット・ビー」のB面収録曲として発表されたが、本作は長らく発表されることがなかった。

発表へ[編集]

1984年にビートルズのコンピレーション・アルバム『Session』が発売されることが予定され、この曲が収録されることも決まっていた。しかし、存命のメンバーが反対したことによりこのアルバムは発売中止となった[3]

1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』にて、レコーディングから28年越しに収録された。同作に収録された音源は、短い演奏時間を引き延ばして6分以上の長さに編集されている。

2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) (スーパー・デラックス・エディション)』に、この曲のイーシャー・デモと第1テイクが収録された[4][5]

プレイヤー[編集]

※出典[6]

脚注[編集]

  1. ^ “ビートルズのインド訪問50周年、あなたが知らない16の歴史的トリビア”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年2月18日). https://news.mynavi.jp/article/20180218-586036/ 2019年1月12日閲覧。 
  2. ^ Lewisohn, Mark (1988a). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 194. ISBN 0-517-57066-1. 
  3. ^ The Road to Sessions”. Paul Maclauchlan (2007年5月7日). 2009年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月12日閲覧。
  4. ^ “アルバム本編の“2018年ステレオミックス”や多数のアウトテイクを収録!ザ・ビートルズ『ホワイト・アルバム』50周年記念スーパーデラックスエディション”. HMV&BOOKS online (ローソンエンタテインメント). https://www.hmv.co.jp/fl/4/1794/1/ 2019年1月12日閲覧。 
  5. ^ “ザ・ビートルズ、ホワイト・アルバム50周年記念盤が登場”. BARKS (株式会社ジャパンミュージックネットワーク). (2018年9月25日). https://www.barks.jp/news/?id=1000160099 2019年1月12日閲覧。 
  6. ^ 『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) (スーパー・デラックス・エディション)』日本盤ライナーノーツ