ホンダオートボディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本田技研工業 > ホンダオートボディー
ホンダオートボディー株式会社
Honda Auto Body Co., Ltd.
Honda-logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
512-1201
三重県四日市市上海老町東大沢1633-2
設立 2017年12月18日
(八千代工業四日市製作所株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 4190001025180
事業内容 四輪完成車生産
代表者 代表取締役社長 吉山慎一
資本金 3億900万円
(2018年4月16日現在)
純利益 3億4300万円
(2018年3月期)[1]
純資産 64億2400万円
(2018年3月31日現在)[1]
総資産 102億4700万円
(2018年3月31日現在)[1]
従業員数 約590名(2018年4月2日現在)
決算期 3月31日
主要株主 本田技研工業株式会社 100%
(2018年4月2日現在)
外部リンク http://www.honda.co.jp/HABC/
テンプレートを表示

ホンダオートボディー株式会社(Honda Auto Body Co., Ltd.)は、八千代工業株式会社から軽自動車の完成車製造事業を行っていた八千代工業四日市製作所を分社化して設立された企業。本田技研工業株式会社の100%子会社。

概要[編集]

八千代工業は1985年から、本田技研工業が発売している軽自動車アクティバモスS660など)の受託生産を行ってきた。

しかし、八千代工業における完成車の生産台数の減少や、本田技研工業が実施する国内四輪車製造拠点の再編などから、八千代工業は2017年10月4日に取締役会において、本田技研工業との間で完成車製造事業の譲渡に関する協議を開始することを決議した[2][3]。八千代工業は2017年12月18日に完成車製造事業を本田技研工業へ譲渡することを決議したと同時に、完成車製造事業を継承する新会社として、四日市製作所を分社化する形で八千代工業四日市製作所株式会社を設立した[4]

八千代工業が保有していた八千代工業四日市製作所の全株式は、2018年4月2日付で本田技研工業へ譲渡されたと同時に、商号もホンダオートボディー株式会社へ変更した[5]

沿革[編集]

  • 2017年12月18日 - 八千代工業四日市製作所株式会社として設立。同時に八千代工業から本田技研工業へ軽自動車製造事業を譲渡することに合意。
  • 2018年
    • 3月1日 - 八千代工業から軽自動車製造事業を吸収分割により譲受。
    • 3月12日 - 八千代工業四日市製作所株式会社の新社名を「ホンダオートボディー株式会社」にすることを発表[6]
    • 4月2日 - 本田技研工業の完全子会社となると同時に、商号をホンダオートボディー株式会社へ変更。

生産車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第1期決算公告ホンダオートボディー 2018年6月28日
  2. ^ 完成車事業の譲渡協議開始に関するお知らせ八千代工業 2017年10月4日
  3. ^ 日本の四輪車生産体制を進化本田技研工業 2017年10月4日
  4. ^ 完成車事業の譲渡に伴う分割準備会社の設立および会社分割(簡易吸収分割)ならびに吸収分割会社の株式譲渡に関するお知らせ八千代工業 2017年12月18日
  5. ^ ヤチヨの四輪完成車生産事業会社を完全子会社化本田技研工業 2018年3月12日
  6. ^ 新社名は「ホンダオートボディー」、八千代から譲受の四日市製作所レスポンス 2018年3月12日