ホンダカップ フットサルフェスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ホンダカップ フットサルフェスタは、日本のフットサル大会である。産経新聞社主催。本田技研工業が特別協賛。

概略[編集]

1997年に「セレッソ大阪杯フットサルトーナメント」として第1回開催。オープン・ジュニア・ジュニアユース・レディースの4クラスに116チームが参加した。当時としては、最大規模の大会であった。

2002年に産経新聞FM802ぴあ主催、日本ハム特別協賛の「ニッポンハムカップ・関西フットサルトーナメント」に改称。

2004年より関東大会の開催に伴い大会名は「ニッポンハムカップ・フットサルトーナメント」となり、主催もニッポンハムカップ・フットサルトーナメント実行委員会になった。

2007年は10クラスにより関西各地で開催。決勝大会もこれまでの舞洲アリーナからMAG'S FUTSAL STADIUMに移った。

2008年からは、本田技研工業がスポンサーとなり、「ホンダカップ フットサルフェスタ」として開催されている。

2009年には、フジサンケイ広告大賞のイベント部門を受賞した。

関連項目[編集]