ホンダ・グローバルスモールプラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

グローバルスモールプラットフォーム (Global small platform)[1]とはホンダのスモールカー用のプラットフォームの名称である。

概要[編集]

燃料タンクをフロントシート下に設置する「センタータンクレイアウト」を採用し、通常はデッドスペースとなるリアシート下を活用することにより、車体剛性を向上させた。併せて、フロアの低床化により、車高を高くすることなく室内高を確保し、車両全長を伸ばさずに居住性を向上させた。

搭載車種[編集]

新グローバルスモールプラットフォーム[編集]

搭載車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このプラットフォームのメーカーの公式サイトの表記は「グローバル・スモールプラットフォーム」だが、スタイルマニュアルに従って、記事名を「グローバルスモールプラットフォーム」とし、文中の表記も「グローバルスモールプラットフォーム」で統一する。