ホンダ・CB250F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホンダ・CB > ホンダ・CB250F

CB250F(シービーにひゃくごじゅうエフ)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。

概要[編集]

CBシリーズにカテゴライズされる排気量250㏄クラスのモデルで、以下の3モデルが該当する。

モデルコードとして使用
車名として使用
  • JBK-MC43型CB250F

以下、本項ではJBK-MC43型CB250Fについて解説を行う。

JBK-MC43型[編集]

2010年に発表されたJBK-MC41型CBR250R[1]派生車種でMC41E型エンジン・鋼管トラス構造のダイヤモンド型フレームなどの基本コンポーネンツならびに一部オプションを共用する[2]。CBR250R同様にタイ王国バンコクタイ・ホンダ・マニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドThai Honda Manufacturing Co., Ltd.)が製造し、本田技研工業が輸入事業者となって販売された[2]

開発コンセプトニューライトシングルネイキッドスポーツ[3]ネイキッドタイプで所謂ストリートファイターというカテゴリーに分類されるロードスポーツモデルである[2]。このためベースとなったCBR250Rから外観面では以下の変更点がある。

  • カウル類を除去
  • ハンドルをセパレートタイプからグリップ位置を上方に65mm・手前に24mm移動したバータイプへ変更
  • メーターは回転スピード水温・オド・トリップ・時計をデジタル液晶バーグラフ表示
  • エンジン本体ならびにクランクケースの塗装を銀色へ変更

また、車体サイズは全長x全幅x全高:2,035x760x1,045(mm)・ホイールベース1,380mm・最低地上高150mm・シート高780mmで[注 1]、車重はコンバインドABS装着モデルが161㎏、未装着モデルが158㎏である[2]

搭載されるMC41E型水冷4バルブDOHC単気筒エンジン1次バランサーシャフト・サイレントカムチェーン・メタルクランク軸受けなどを採用した高い静粛性・容量13LのタンクからPGM-FI電子式燃料噴射装置による燃料供給・フルトランジスタ式バッテリー点火装置・O2センサーによるフィードバック制御・排気ガス再燃焼機構・キャタライザー内蔵マフラーにより高い環境性能を実現しており、内径x行程:76.0x55.0(mm)・排気量249㏄・圧縮比10.7に設定[2]。ただし本モデルに搭載されるバージョンは、CBR250R2014年モデルへのマイナーチェンジで実施されたインレットダクトとコネクティングチューブ形状ならびにバルブタイミング変更した改良タイプと同様で[5]、最高出力21kW(29ps)/9,000rpm・最大トルク23.0Nm(2.3kgf・m)/7,500rpm[注 2]のスペックを発揮する[2]。動力伝達は常時噛合式6段マニュアルトランスミッションを経てチェーンドライブにより後輪を駆動する[注 3]

サスペンション前輪が37mm径の正立テレスコピック、後輪プロリンク式モノショックによるスイングアームでキャスター角25°30´・トレール量98mmに設定[6]。タイヤは前輪110/70・後輪140/70の17インチとし、ブレーキは前輪296mm・後輪220mmのローター径によるシングルディスクを装着するが、これらはすべてCBR250Rと共通である[4]

2014年の発売以降数度のモデルチェンジを実施したが、2016年7月1日に施行された欧州Euro4とWMTCを参考とした規制値および区分[7]の平成28年自動車排出ガス規制[8]に対応させず、平成18年規制に基く継続生産車である本モデルは2017年8月31日 をもって生産終了となった[9]

実質的後継モデルは2018年3月8日発表、同年5月22日発売の型式名2BK-MC52・車名CB250Rである[10]

遍歴[編集]

2014年7月1日発表 同年8月1日発売[2]

以下の2モデルならびに消費税8%込希望小売価格を設定

  • CB250F:430,000円
  • CB250F<ABS>:477,000円
  • 日本国内年間販売目標:1,500台

カラーバリエーションは以下の2色を設定

  •    ミレニアムレッド
  •    ブラック
2015年11月13日発表[11]

2016年1月15日発売でミレニアムレッドのカラーリング構成を一部変更

  • フロントカウル下部:黒→赤
  • リヤカウル:赤→黒

受注期間を発表日から同年12月25日まで限定した特別塗装モデルCB250F Special Editionを同年12月7日発売

  •    レモンアイスイエロー

希望小売価格は据置のまま日本国内年間販売目標を900台へ修整

2017年2月9日発表 同月10日発売[12]

以下のマイナーチェンジを実施

  • シリンダーヘッドカバーならびにクランクケースカバーをブロンズ色塗装を実施
  • ラジエーターシュラウドならびにシートカウル側面にグラフィックストライプを追加
  • ミレニアムレッドのリヤカウルを赤色へ変更

カラーバリエーション・希望小売価格は変更なしとした上で日本国内年間販売目標を700台へ修整

2017年8月31日

生産終了

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 全長・ホイールベース・シート高はCBR250Rと同数値である[4]
  2. ^ 改良前のタイプは最高出力20kW(27ps)/8,500rpm・最大トルク22.5Nm(2.3kgf・m)/7,000rpmである[6]
  3. ^ 1速:3.416 - 2速:2.250 - 3速:1.650 - 4速:1.350 - 5速:1.116 - 6速:1.038 1次減速比:2.807/2次減速比:2.521はCBR250Rと同数値である[4]

出典[編集]

関連項目[編集]

本田技研工業公式HP
BBB Bike History