ホンダ・NeuV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NeuV(ニューヴィー)は、本田技研工業2017年CESに出品したコンセプトカーである。

概要[編集]

NeuVは、2017年のラスベガスで開催したCESに出品したソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術で、機械自らの感情を擬似的に生成する機能について、ホンダと共同で研究開発している「感情エンジン HANA(Honda Automated Network Assistant)」を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターである。ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断し、安全運転のサポートやライフスタイルや嗜好を学習し、状況に応じた選択肢の提案を行うなど、ドライバーとモビリティの自然なコミュニケーションを実現した他、所有者が使用しない時間には、所有者の許可を得て、自動運転で移動しライドシェアを行う。モビリティの可能性を模索するモデルである[1]

脚注[編集]

  1. ^ 【CES 2017】ホンダ NeuV 発表…「感情エンジン」の自動運転EV” (2017年1月6日). 2017年11月4日閲覧。