ホンダ・RA099

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ホンダ・RA099
Honda RA099 front-left2 Honda Collection Hall.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ホンダ/ダラーラ
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
ティム・デンシャム
先代 ホンダ・RA302
後継 ホンダ・RA106
主要諸元
シャシー カーボンモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
全長 4,500 mm
全幅 1,800 mm
全高 950 mm
トレッド 前:1,480 mm / 後:1,400 mm
ホイールベース 3,020 mm
エンジン 無限 MF301HD 3,000 cc 72度 V10 NA ミッドシップ
トランスミッション ホンダ 6速 セミAT
重量 605 kg
タイヤ ブリヂストン
主要成績
ドライバー オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン
出走時期 1998年
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 0
出走優勝表彰台ポールFラップ
00000
テンプレートを表示

ホンダRA099は、ホンダ・レーシング・ディベロップメント (HRD) が、1998年に製作したフォーミュラ1カー2000年からのF1世界選手権参戦を目指して開発されたテストカーである。HRDのテクニカルディレクターであったハーベイ・ポスルスウェイトを中心に設計され、ダラーラが製作を担当した。

RA099[編集]

1998年3月、ホンダのコンストラクターとしてのF1復帰宣言が発表された。この後のテストに向けて製作されたマシンがRA099である。B・A・Rに買収されたティレルから離脱したポスルスウェイトやデンシャムらがイギリスに拠点を設けて、設計とテストを担当。1998年12月に初走行を行い、1999年にかけてテスト走行を重ねた。

シャシーは全体的に太目で、手堅いデザインにまとめられている。フロントノーズはそれほど高く持ち上げられずにコクピット前方から緩やかなラインを描き、フロントウイング上部に至る。当時、エイドリアン・ニューウェイがデザインしたマクラーレンMP4-13がはじめた低重心なスタイルを踏襲している。フロントサスペンションロアアームはモノコックの下端に装着されている。

エンジンは無限ホンダジョーダンに供給しているのと同じ、M301HDエンジンを搭載した。

カラーリングは、最初にシェイクダウンが行われたイタリアのバイラーノのときはホワイト基調ながら赤色のストライプの入ったものだった[1]。本格的なシェイクダウンであるフィオラノの時にはボディは白一色に変わり、前後ウイング翼端板、リヤウイングのアッパーウイングのフラップ及びサードエレメントだけに赤いカラーだった。その後の1月23 - 25日のヘレステスト以降はマシン全体が白色になり、ホンダロゴが入っているというカラーになった。

このヘレステストは1999年に参戦するF1チームの合同テストに特別参加したものだったが、テストドライブを担当したヨス・フェルスタッペン駆るRA099が3日間にわたってトップタイムをマークした。他のチームからは「規定重量より軽い状態で走っているのでは?」といった声も聞こえるほど好タイムを記録。その後も各地でテストを繰り返していたが、4月にポスルスウェイトがテスト走行の現場で体調を崩し、亡くなってしまう。

この出来事からしばらくして、ホンダはコンストラクターとしての参戦をあきらめ、2000年からB・A・Rにエンジン供給と車体開発の協力をすることを決定した。当時のホンダ社長であった吉野浩行は、「技術には興味があるが、チーム運営には(興味は)ない」とのコメントを発表した。

テストで使用されたRA099はその後、ツインリンクもてぎ内のホンダコレクションホールにシャーシナンバー3が展示されており、見学することができる。また、実際にエンジンをかけての走行テストが行われることもある。シャシーナンバー3でわかるように、本マシンはテスト用に1台作った、というものではなく実戦投入を可能とするようなプロジェクトの規模であり、実戦が無いにも関わらず7台が製造された。またモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳は、RA099を作るにあたりホンダからダラーラに供与されたカーボンコンポジット技術により、以後のダラーラ製量産フォーミュラマシンの質が飛躍的に上がった、と述べている[2]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 無限MF301HD
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,000cc以下
  • 最大出力 500kW(約670馬力)以上
  • スパークプラグ NGK
  • インジェクション エレクトリック・フューエル・インジェクション(ホンダPGM-FI)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ All Formula One Info - Honda Racing F1 Team ページの下の方にマシンの写真がある。
  2. ^ 2012年WEC富士ラウンドの場内FM実況による