ホンダ・TN360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

TN360(ティーエヌさんびゃくろくじゅう)は、本田技研工業がかつて生産、販売していた軽トラックである。

概要[編集]

ホンダ初の軽トラックであったT360の後継として、1967年11月にデビューした。

TN360は、先に発売されたN360空冷 2気筒エンジンをベースに多くのパーツを共用し、複雑なDOHC直4エンジンを搭載し、必ずしも量産に適さなかったT360よりも普遍性を狙ったモデルとして開発されたが、シャーシ、ドライブトレーンとリアサスペンションの設計は極めて特徴的なものになっていた。

シャーシはT360や競合他社の軽トラックのように強度確保しやすい低床式ラダーフレームではなく、荷台床そのものをプラットフォームフレームとした特殊なモノコック構造で、荷台下面のサブフレームで補強されてはいるが、ライトバン派生型でない本格的な軽トラックとしては他にほとんど例のない構造である。

エンジンはN360の強力なパワーユニットをベースに、後輪駆動の貨物車用シャーシに床下搭載するため、シリンダをほぼ水平にレイアウト変更したが、N360の横置きエンジン配置は踏襲され、変速機についてもやはりN360の前輪駆動向けトランスアクスルを流用した。従って、パワートレーン一式は後車軸直前への配置を要し、必然的にミッドシップレイアウトとなった。このため荷台後部にはエンジン点検蓋が設けられている。

更にその構造から、差動装置も車体側(バネ上)固定となり、リアサスペンションには独立懸架かそれに類するメカニズムの採用が必須となったが、ホンダでは固定軸と独立懸架の折衷とも言うべきド・ディオンアクスル採用に踏み切った。ド・ディオンアクスルのポジショニングは、荷重を担う半だ円リーフスプリングに負わせ、耐久性と簡易性の両立が図られている。これらの軽自動車としては特異なレイアウトは、後年までホンダ軽トラックの基本構造として踏襲され続けている。

その後TNIII(ティーエヌ スリー)、TN-V(ティーエヌ ファイブ)、TN-7(ティーエヌ セブン)とマイナーチェンジの度に名前を変えていき、1977年に後継のTNアクティが登場し生産が終了された。

TN360(1967-1969年)[編集]

ホンダ・TN360
1967年発売型
Honda-TN360.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1967年11月-1970年1月
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア キャブオーバー軽トラック
エンジン 空冷 直2 SOHC 354cc 30PS
駆動方式 MR
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイルスプリング
後:ド・ディオンアクスル+半だ円リーフスプリング
全長 2,990mm
全幅 1,295mm
全高 1,595mm
車両重量 500kg
先代 ホンダ・T360
後継 ホンダ・TNIII
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1967年11月に登場。エンジンは空冷 4ストローク 直列2気筒SOHCで最高出力は30PSだった。

1968年3月にパネルバン4車種(後部ドア上下開き・左側スライドドア/後部ドア上下開き・左右スライドドア/後部ドア上下開き・オープンバン)を追加。

1969年11月には道路運送車両の保安基準改正によりキャビンの側面後方部分にターンシグナルランプが標準装備されたほか、T360で設定されていた後輪をクローラに変更するスノーラ[1]を追加。

TNIII(1970-1972年)[編集]

ホンダ・TNIII
1971年改良型
Honda TN-III 001.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1970年1月-1972年5月
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア キャブオーバー型 軽トラック
エンジン 空冷 直2 SOHC 354cc 30PS
駆動方式 MR
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイルスプリング
後:ド・ディオンアクスル+半だ円リーフスプリング
全長 2,990mm
全幅 1,295mm
全高 1,625mm
ホイールベース 1,780mm
車両重量 540kg
先代 ホンダ・TN360
後継 ホンダ・TN-V
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1970年1月、マイナーチェンジに伴い車名をTNIIIと変更。フロントグリルの意匠が変更され、運転席にシートベルトが標準装備されたほか、新たに一方開き仕様の荷台を設定した。1971年4月に再度マイナーチェンジを実施し、再びフロントグリルの意匠が変更された。

TN-V(1972-1975年)[編集]

ホンダ・TN-V
1972年発売型
Honda-TNV.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1972年6月-1975年7月
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア キャブオーバー型 軽トラック
エンジン 空冷 直2 SOHC 354cc 27ps
駆動方式 MR
変速機 4速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイルスプリング
後:ド・ディオンアクスル+半だ円リーフスプリング
全長 2,990mm
全幅 1,295mm
全高 1,625mm
ホイールベース 1,780mm
先代 ホンダ・TNIII
後継 ホンダ・TN-7
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1972年6月登場。ヘッドランプをこれまでの大型タイプの丸形2灯式から縦並びの小型タイプの丸形4灯式に変更[2]。このときT360から続いた巨大なHマークがHONDAのロゴに変更。保安基準の改正に伴い、助手席にもシートベルトが標準装備され、ターンシグナルランプと共用だったテールランプが分離した[3]。その後、1973年8月の仕様変更で三角窓が廃止されたほか、1975年1月の仕様変更で現行の黄色ナンバーに対応した改良が実施され、ナンバープレート架台が大型化された。

TN-7(1975-1977年)[編集]

ホンダ・TN-7
TN-7 フロント
Honda TN-7.jpg
TN-7 リア
Honda TN-7 rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1975年8月-1977年6月
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア キャブオーバー型 軽トラック
エンジン 空冷 直2 SOHC 354cc 27ps
駆動方式 MR
変速機 4速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイルスプリング
後:ド・ディオンアクスル+半だ円リーフスプリング
全長 2,990mm
全幅 1,295mm
全高 1,625mm
ホイールベース 1,780mm
先代 ホンダ・TN-V
後継 ホンダ・TNアクティ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1975年8月に昭和50年排出ガス規制適合により車名がTN-7に変更された。電動式ウインドーウォッシャーを本格装備し、ワイパースイッチと一体化される。荷台はパネルバンを除き一方開き仕様が廃止され、全車三方開きに統一された。

1977年に販売終了。ちなみに、日本の軽自動車としては最後の空冷エンジンを搭載した車種だった。

派生車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお「スノーラ」の商標2021年現在、同社の小型除雪機の商標に引き継がれている。
  2. ^ 自動車型式認定制度上、およびメーカー側はいずれもフルモデルチェンジ扱いとしているが、実質的には大規模なマイナーチェンジに過ぎなかった。
  3. ^ 道路運送車両の保安基準改正により、1973年12月1日以降に製作された自動車は後方の方向指示器に燈色が義務化された。

関連項目[編集]