ホヴズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホヴズ古ノルド語: Hǫfuð)は、北欧神話の神ヘイムダッルル。この名称は古ノルド語で「(人間の)[1]を意味し、ノルウェー方言の hovud や現代ドイツ語の Haupt に類似するものである。谷口訳『エッダ 古代北欧歌謡集』では〈頭〉と訳出されている[2]。英語化 (Anglicisation) された形 Hofud からホフドと表記されていることもある。

この剣は、『スノッリのエッダ』第1部『ギュルヴィたぶらかし』の第26章で言及されている。

原文(アンソニー・フォークス (Anthony Faulkes) の校訂。強調は引用者による):

日本語訳:

Heimdalar sverð er kallat Hǫfuð.[3]
ヘイムダッルルの剣はホヴズ(頭)と呼ばれる。

また、『スノッリのエッダ』第2部『詩語法』第8章では、ヘイムダッルルの頭と剣にまつわる謎めいた神話が言及されている。

脚注[編集]

  1. ^ Simek (2007:155).
  2. ^ 谷口 (1973:247).
  3. ^ Faulkes (1982:26).

参考文献[編集]

  • Simek, Rudolf (2007) translated by Angela Hall. Dictionary of Northern Mythology. D.S. Brewer. ISBN 0859915131.
  • Faulkes, Anthony (1982), edition of: Snorri Sturluson. Edda. Prologue and Gylfaginning. London: Viking Society for Northern Research. ISBN 0903521210.
  • V. G. ネッケル 他編、谷口幸男 訳『エッダ 古代北欧歌謡集』新潮社、1973年、ISBN 978-4103137016