ホーエンアルトハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Hohenaltheim.svg Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
緯度経度: 北緯48度44分
東経10度29分
[1]
標高: 海抜 454 m
面積: 17.82 km²
人口:

569人(2015年12月31日現在) [2]

人口密度: 32 人/km²
郵便番号: 86745
市外局番: 09088
ナンバープレート: DON
自治体コード: 09 7 79 162
行政庁舎の住所: Beuthener Str. 6
86720 Nördlingen
ウェブサイト: www.hohenaltheim.de
首長: ヴルフ=ディートリヒ・カヴァシュ (Dr. Wulf-Dietrich Kavasch)
郡内の位置
Hohenaltheim in DON.svg

ホーエンアルトハイム (Hohenaltheim) はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ネルトリンゲンに本部を置くリース行政共同体を構成する自治体の一つである。

地理[編集]

ホーエンアルトハイムはネルトリンガー・リースの南端に位置する。

自治体の構成[編集]

本市は、公式には8つの地区 (Ort) からなる[3]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ホーエンアルトハイム
  • ニーダーアルトハイム

歴史[編集]

ホーエンアルトハイムは878年に初めて文献上の記録が遺されている。1300年頃までは単にアルトハイムと呼ばれていた。1508年にアルトハイム家はその所領をエッティンゲン家に売却した。18世紀中頃からホーエンアルトハイムの城館は、初めはエッティンゲン=エッティンゲン家、後にはエッティンゲン=ヴァラーシュタイン家の夏の居館として利用された。1806年ライン同盟によってこの町はバイエルン領となった。1818年に自治体となったホーエンアルトハイムは1976年の市町村再編でニーダーアルトハイムと合併した。

人口推移[編集]

  • 1970年 641人
  • 1987年 575人
  • 2000年 626人

行政[編集]

町長は、ヴルフ=ディートリヒ・カヴァシュである。

町議会は8議席からなる。

紋章[編集]

図柄: 銀地に金の爪、赤い舌を持つ青い獅子の胴。前足に赤い小盾を持っている。この小盾は、中にさらに小さな青い盾型がありその四方に金色の兜型を配し、銀の斜め十字が対角線に描かれている。

見所[編集]

  • 狩りの城(エッティンゲン=ヴァラーシュタイン家の城)
  • プロテスタントのヨハネス教会
  • プフィスターの農家博物館
  • チンク広場

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

この町には2004年まで基礎課程学校があったが、その後は幼稚園があるだけである。

引用[編集]