ホーゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホーゲ(豪格、満州語: ᡥᠣᠣᡤᡝ 、転写:hooge、1609年 - 1648年)、の太宗ホンタイジ(皇太極)の長男。母は継妃ウラナラ(烏喇那拉)氏(即位前に離縁された)。

生涯[編集]

武勇に優れ、征戦でたびたび武功を挙げた。ホンタイジが大清皇帝に即位した崇徳元年(1636年)、粛親王(fafungga cin wang)に封じられる。ホンタイジの死後、皇位継承の有力候補であったが、同じく有力候補だった叔父(ホーゲより年少)のドルゴンを推す勢力と対立した。清が分裂することを避けるため、ホーゲ、ドルゴン双方とも皇位に就かず、ホーゲの異母弟である8歳のフリン(福臨、順治帝)が即位した。

明滅亡後も抵抗を続けていた大順軍の残党の首領・張献忠は清軍の圧迫を受けて成都を捨て、順治3年(1646年10月20日塩亭県鳳凰山でホーゲの軍に射殺された。

順治帝の時代に摂政王として権勢をふるったドルゴンは、政敵ホーゲを失脚させるため誣告を利用してホーゲの爵位を剥奪、幽禁した。順治5年(1648年)、ホーゲは獄中で死去した。

順治帝はドルゴンの死後、ホーゲの冤罪を晴らし名誉を回復させ、ホーゲの息子フシェオ(Fušeo、富綬中国語版)に親王位を継がせ、一方でドルゴンの爵位を剥奪した。ホーゲには「武」のが贈られ、粛武親王と称される。

家族[編集]

妻妾[編集]

  • 正室:ナラ氏 (? - 1635年) - 父方従姉妹。マングジ(莽古済)の娘。1635年、ホーゲに殺害された。
  • 側室:テスナ (元はリンダン・ハーンの妻)
  • 側室:ボルジギト氏 (のちのドルゴンの側室)
  • 側女:黄氏 (? - 1648年) - 朝鮮の人。1648年、殉死した。

逸話[編集]

  • 順治帝は兄のホーゲを大切に思っていた。ドルゴンが「ホーゲが謀反を企んでいる」と上奏した際、幼い順治帝は兄を助けようと泣いて命乞いし、罰金刑だけですんだ[1]
  • 数年後、ドルゴンは再びホーゲを謀反の罪で殺そうとするが、順治帝は一歩も譲らず「処刑は認めない」と毅然たる態度を示した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『清太祖ヌルハチと清太宗ホンタイジ』197P
  2. ^ 『清太祖ヌルハチと清太宗ホンタイジ』199P

参考文献[編集]

  • 立花丈平『清太祖ヌルハチと清太宗ホンタイジ 清朝を築いた英雄父子の生涯』(近代文芸社 1996年)