ボアズ・イェーキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ボアズ・イェーキン
Boaz Yakin
本名 Boaz Yakin
生年月日 (1966-06-20) 1966年6月20日(54歳)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 脚本家
映画監督
テンプレートを表示

ボアズ・イェーキン(Boaz Yakin, 1966年6月20日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の脚本家映画監督[1]

経歴[編集]

マーベル・コミック原作の『パニッシャー』で脚本家デビュー。もともと監督志望で、『ルーキー』が映画化された際は、クリント・イーストウッド監督の現場をずっと見学し演出を学んだ[2]。ローレンス・ベンダーに認められ、12歳の麻薬ディーラーの少年を描いた『フレッシュ』で監督デビュー。『しあわせ色のルビー』『タイタンズを忘れない』などのヒューマンドラマから、次第にアクションやホラーを手がけるようになる。最新作『Aviva』は、ジェンダー・アイデンティティをテーマとしている[3]

フィルモグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Boaz Yakin” (英語). IMDb. 2013年4月8日閲覧。
  2. ^ 映画『フレッシュ』劇場用パンフレット. パイオニアLDC. (1991年) 
  3. ^ Boaz Yakin ‘s Dance Drama ‘Aviva’ Sells to Israel, Latin America For Alief Film Company (EXCLUSIVE)”. 2020年9月20日閲覧。