ボアズ=バック多項式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

数学において、ボアズ=バック多項式(ボアズ=バックたこうしき、: Boas-Buck polynomials)とは、次の形式の母関数により与えられる多項式列 Φ(r)
n
(x) のことを言う。

\displaystyle C(zt^r B(t))=\sum_{n\ge0}\Phi_n^{(r)}(z)t^n.

r=1 の場合は一般化アペル多項式としばしば呼ばれ、これは Boas and Buck (1958) により研究された。

参考文献[編集]