ボアルース長野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ボアルース長野
原語表記 ボアルース長野[1]
呼称 ボアルース長野[1]
クラブカラー     
創設年 2011年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
所属ディビジョン Fリーグディビジョン1
ホームタウン 長野県長野市[1]
ホームスタジアム
ホワイトリング バスケ.png
ホワイトリング
運営法人 株式会社ボアルース長野フットサルクラブ[1]
監督 横澤直樹
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

ボアルース長野BOALUZ NAGANO)は、日本長野県長野市をホームタウンとする[1]日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブチーム。

概要[編集]

2011年3月、長野市で活動する数チームの有志で創設。チーム名のボアルースはポルトガル語のBoa(善い)と、Luz(光)を合わせた造語である。

トップチームは日本フットサルリーグ(Fリーグ)に参入しており、北信越フットサルリーグ2部にはセカンドチームとなるボアルース長野・ヴェルメリオが参入している。

ホームゲーム公式戦会場[編集]

2020-21シーズントップチーム公式戦開催会場は下記にて開催。

歴史[編集]

2011年3月に創設。同年の長野県フットサルリーグで優勝し、出場した北信越フットサルリーグ入替戦で勝利し、翌年の北信越フットサルリーグに昇格。

2015-2016シーズンに北信越フットサルリーグで初優勝した[2]

2017年にはFチャレンジリーグ2017-18に参戦。全7チーム中6位。

2018年1月18日、日本フットサルリーグ(Fリーグ)への加盟が承認され、2018-2019シーズンからの2部制導入により新設されるFリーグディビジョン2(F2)へ参加が承認された[1]

2018-19シーズンはF2で11勝3敗の成績を残して優勝し、昇格プレーオフでもF1最下位のアグレミーナ浜松に勝利してF1昇格を決めた[3]

2019-20シーズンは初のトップディビジョンでの戦いであったが、0勝4分29敗と1勝も出来ず苦しみ、最下位の12位でシーズンを終えた。最下位はF2の2位とF1参入プレーオフを戦う予定だったが、ヴォスクオーレ仙台がF1ライセンスを剥奪されてF2に自動降格したことで、ボアルース長野はF1残留が決定した。

成績[編集]

トップチーム[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得失 オーシャン杯 全日本選手権 監督 備考
2018-19 F2 1位 33 14 11 0 3 63 27 +36 2回戦敗退 1回戦敗退 柄沢健 F1参入プレーオフを経てF1昇格
2019-20 F1 12位 4 33 0 4 29 56 209 -153 1回戦敗退 大会中止 横澤直樹
2020-21 F1 大会中止


選手[編集]

2020-21シーズン所属選手[編集]

  • 1 GK 日本の旗 村山竜三
  • 2 GK 日本の旗 内堀恒太
  • 5 FP 日本の旗 青山竜也
  • 6 FP 日本の旗 西巻広直
  • 7 FP 日本の旗 坂井佑駿
  • 8 FP 日本の旗 髙橋晟弥
  • 9 FP 日本の旗 田村佳翔
  • 10 FP 日本の旗 小林大晃
  • 11 FP 日本の旗 丸山将輝


  • 12 FP 日本の旗 松永翔
  • 13 FP 日本の旗 城野全輝
  • 15 FP 日本の旗 宮川太陽
  • 18 FP 日本の旗 田口剛志
  • 19 GK 日本の旗 矢内大介
  • 20 FP 日本の旗 髙橋慧
  • 27 FP 日本の旗 有江哲平
  • 66 FP 日本の旗 荒牧太郎


脚注[編集]

[脚注の使い方]