ボストン氷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェナムレイク・アイスカンパニー英語版の創業者、フレデリック・テューダー

ボストン氷(ぼすとんこおり)とはアメリカボストンから輸出されていた天然氷のブランドである。銘柄として「ウェナム湖英語版の氷」がある。

世界で初めて天然氷の採氷、蔵氷、販売事業を起こしたのは、米国人フレデリック・テューダー英語版で、1805年のことである。この天然氷がアメリカボストン港から世界中に輸出され、日本では横浜港に陸揚げされた。

輸入品であり高価で、しかも融解率が高いために、国内でも天然氷の製造が始まり、中川嘉兵衛の製氷会社が、函館・五稜郭で採取した氷が横浜まで輸送・販売された。[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 十時武士. “アイスクリーム 初販売米人がサロンで”. YOMIURI ONLINE. 開港場物語. 2013年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月21日閲覧。
  • 田口哲也 『氷の文化史 : 人と氷とのふれあいの歴史』 冷凍食品新聞社、1994年。ISBN 4-947606-09-6。ISBN 978-4-947606-09-9。 

関連項目[編集]