ボストーク (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボストーク号
Восток
Departing Beijing (15289184091).jpg
北京駅停車中のボストーク号(5号車)
概要
地域 ロシアの旗 ロシア
中華人民共和国の旗 中国
運行開始 1954年1月31日
運営者 ロシアの旗 ロシア鉄道連邦旅客企業体公開株式会社
中華人民共和国の旗 中国鉄路総公司
旧運営者 ソビエト連邦の旗 ソ連国鉄英語版
中華人民共和国の旗 中華人民共和国鉄道部
路線
起点 モスクワヤロスラフスキー駅
停車地点数 46
終点 北京市北京駅
営業距離 8,985km[1]
平均所要時間 145時間51分
(7泊8日 北京行き)
142時間13分
(6泊7日 モスクワ行き)
運行間隔 週1回運行
列車番号 019/020(ロシア)
K19/20次(中国)
車内サービス
クラス 高級軟臥車(特等寝台車)
硬臥車(2等寝台車)
就寝 寝台車
食事 食堂車
技術
車両 ロシア鉄道車輛
軌間 1520mm(ロシア)
1435mm(中国)
テンプレートを表示

ボストーク号またはヴォストーク号ロシア語: "Восток" ヴァストーク)とは、ロシア連邦首都モスクワ中華人民共和国の首都北京ハルビン瀋陽経由で結ぶロシア鉄道が運行する優等列車である。中国国内ではK19/20次列車中国語: K19/20次列车)と称される。

概要[編集]

1954年1月31日に運行を開始し、車輛はロシア鉄道の新型車輛が使われている。モスクワのヤロスラフスキー駅を出発し、ザバイカリエ地方タルスカヤ駅シベリア鉄道本線と別れてタルスカヤ-ザバイカリスク支線に入り、ザバイカリスク駅満洲里駅の間で中露国境を通過する。中国に入った後は浜洲線京哈線哈大線瀋山線津山線京滬線を経由し、北京駅が終着となる。

ボストーク号の走行距離は8,985kmに及び、旅客列車としてはウラジオストクハリコフ間の列車とロシア号に次いで世界第3位の長さとなる。そのため所要時間も長く、北京発モスクワ行きが145時間13分(6日1時間13分)で、土曜日深夜に北京を発ち、翌週金曜日の夕方にモスクワに到着する。一方、モスクワ発北京行きの所要時間は142時間51分(5日22時間51分)で、金曜日深夜にモスクワを発ち、翌週金曜日の早朝に北京に到着する[2]

歴史[編集]

2008年以前に使用されていた車輛

1949年5月1日北平駅中国語版(現在の中国鉄道博物館正陽門館)~瀋陽南駅間で1/2次旅客列車が運行を開始した。運行開始当初、1/2次旅客列車は天津鉄路局の担当であったが、同年11月1日に運行区間が満洲里駅まで延長され、チチハル鉄路局中国語版の担当に変わった。この時点で、1/2次旅客列車は7輛編成の客車で運用され、走行距離2,323kmであった。

1950年7月18日、中国とソ連は鉄道連絡運輸に関する会談を北京で行った。会談の結果、中ソ鉄道連絡運輸協定(中苏铁路联运协定)が締結され、旅客や荷物、貨物輸送について細かい規則が定められた。1951年4月1日には正式に中ソ鉄道連絡運輸が開始され、貨物列車直通運転が行われるようになったが、旅客については依然として満洲里での乗り換えが必要な上、切符の取り扱いも中国とソ連でそれぞれ別のままであった。

1953年7月16日、中ソ間でモスクワ~北京直通旅客列車の運転についての会談が行われ、8月6日議定書が交わされた。これを受けて、同年10月に中国鉄道部国際連絡運輸局(中国铁道部国际联运局)はハルビンに国際鉄道連絡運輸講習班(国际铁路联运讲习班)を開設し、関係鉄路局、各停車駅、税関などの職員200人あまりを参加させ、国際列車運転開始に向けての準備を行った。そして12月7日にはモスクワ発北京行き直通旅客列車の試運転列車が北京に到着した[3]

1954年1月31日、北京~モスクワ直通列車運行開始記念式典

1954年1月31日、北京~モスクワ直通旅客列車が正式に運行を開始し、北京駅で記念式典が執り行われた。運行ダイヤは北京~満洲里間の1/2次旅客列車のダイヤがそのまま使用され、運行はソ連国鉄英語版が担当し、週2回運行とされたが後に週3回運行に増発された。出入国審査ザバイカリスク駅と満洲里駅で行われ、所要時間214時間(8日22時間)、全走行距離9,050kmと当時の世界最長距離国際列車となった。

1969年9月1日、ボストーク号の列車番号が変更され、中国国内では19/20次、ソ連国内では17/18に改められた上、週1回運行に減らされた。これは中ソ対立によるもので、列車番号1/2次の列車は北京から毛沢東の故郷に近い湖南省長沙との間を結ぶ特快列車中国語版に変更され、現在もそのままである[4]。なお、車輛と乗務員はソ連国鉄担当のままとされたが、この改正から中国国内区間では北京鉄路局による郵便車食堂車、硬包車(2等個室寝台車)が連結されるようになった。その後、1983年6月1日に中ソ間で列車番号が統一され19/20次列車となり、1989年6月4日には、ソ連国鉄によってボストーク号は週2回運行に増発されたが、1996年4月に週1回運行に戻っている。

1991年ソ連崩壊後、ボストーク号の運行は1992年1月20日からロシア連邦運輸通信省の担当となったが、2003年9月18日にはロシア連邦鉄道事業の再編に伴い、ロシア鉄道子会社連邦旅客企業体公開株式会社の担当となった。

2000年10月21日中国鉄道部第三次大提速中国語版ダイヤ改正)を行い、ボストーク号の中国国内での列車番号が現行のK19/20次に変更された[5]2008年1月16日には車輛の更新が行われ、老朽化していたドイツ製車輛を全て置き換えた[6]

列車編成[編集]

豊台南信号場付近を走行中のK20次列車
モスクワ~北京間で運用される車輛(1~3号車)
イルクーツク~北京間で運用される車輛(16~18号車)

ソ連時代以来、ボストーク号はドイツ製の旧型車輛で運行されていたが、2008年1月16日にロシア鉄道の新型車輛に置き換えられた。その中でもMECT18高級軟臥車(特等寝台車)は2人用個室で、1輛の定員は18人である。MECT36硬臥車(2等寝台車)は4人用個室で1輛の定員は36人である。

この他にも新型客車には各車輛に監視カメラ電話火災報知機及び障碍者トイレが装備され、高級軟臥車にはロシア風のシャンデリアシャワー室が整備された[7]

列車はモスクワ~ザバイカリスク間では17輛編成で、その内訳は硬臥車13輛、高級軟臥車2輛、荷物車及び食堂車各1輛である。ザバイカリスクでは食堂車1輛と硬臥車2輛(8、9号車)が切り離され、中国に入って最初の駅である満洲里駅で中国国鉄18系客車中国語版の食堂車及び硬臥車(6号車)各1輛が連結される。

また、かつてはモスクワ発平壌行きの高級軟臥車(10号車)及び硬臥車(11号車)各1輛がボストーク号に連結されていた。平壌行きの客車は瀋陽駅で分割・併合され、瀋陽~平壌間はK27/28次列車と併結して運行されていたが、乗客が少ない事などを理由に2010年12月20日に廃止された[8]

ロシア鉄道の軌間1520mmだが、中国鉄道の軌間は1435mmであるため、ボストーク号は北京行きモスクワ行き共にザバイカリスク駅で台車の交換が行われる。さらにザバイカリスク駅ではロシアの出入国審査が行われるため、6時間以上の長時間停車を余儀なくされる[9]

牽引機[編集]

区間 北京 ↔ ハルビン ハルビン ↔ 満洲里 満洲里 ↔ ザバイカリスク
機関車
所属
機関士交代駅
HXD3D型
瀋陽鉄路局瀋陽機務段
瀋陽
HXD3D型
ハルビン鉄路局三棵樹機務段
三棵樹
HXN5型
ハルビン鉄路局チチハル機務段
満洲里

客車[編集]

運行区間 モスクワ↔北京 満洲里↔北京 モスクワ↔ザバイカリスク
号車番号 なし 1-3 4-5 なし 6 なし 8-9
車輛の種類 MECT
荷物車
MECT36
硬臥車
(2等寝台車
MECT18
高級軟臥車
(特等寝台車)
CA18中国語版
食堂車
YW18
硬臥車
(2等寝台車)
MECT
食堂車
MECT36
硬臥車
(2等寝台車)
運行区間 モスクワ↔北京 チェリャビンスク↔北京 ノヴォシビルスク↔北京 イルクーツク↔北京 チタ↔北京
号車番号 12-13 14 15 16-18 19
車輛の種類 MECT36
硬臥車(2等寝台車)
MECT36
硬臥車(2等寝台車)
MECT36
硬臥車(2等寝台車)
MECT36
硬臥車(2等寝台車)
MECT36
硬臥車(2等寝台車)

時刻表[編集]

K19次(モスクワ行き) 停車駅 K20次(北京行き)
走行距離 曜日 到着時間 出発時間 到着時間 出発時間 曜日 走行距離
0 土曜日 23:00 北京 05:46 金曜日 8981
137 日曜日 00:35 00:41 天津 03:52 04:08 金曜日 8844
260 日曜日 02:03 02:06 唐山 02:19 02:27 金曜日 8721
433 日曜日 04:07 04:13 山海関 00:14 00:22 金曜日 8548
617 日曜日 06:11 06:15 錦州 22:11 22:16 木曜日 8364
859 日曜日 08:47 08:55 瀋陽 19:18 19:33 木曜日 8122
1047 日曜日 10:52 10:55 四平 17:13 17:19 木曜日 7934
1162 日曜日 12:21 12:29 長春 15:49 16:00 木曜日 7819
1408 日曜日 15:04 15:29 ハルビン 12:51 13:17 木曜日 7573
1567 日曜日 大慶 木曜日 7414
1678 日曜日 19:00 19:08 昂昂渓 09:27 09:35 木曜日 7303
1947 日曜日 22:56 23:04 博克図中国語版 05:34 05:40 木曜日 7034
2157 月曜日 02:06 02:14 ハイラル 02:38 02:44 木曜日 6824
2343 月曜日 04:18 07:01 満洲里 18:30 00:34 水曜日 6638
2355 月曜日 02:26 09:13 ザバイカリスク 08:07 13:06 水曜日 6626
2441 月曜日 11:50 12:10 ボルジャロシア語版 05:04 05:24 水曜日 6540
2528 月曜日 13:55 13:57 ヤスノゴルスク 水曜日 6453
2540 月曜日 14:17 14:19 オロビャンナヤ 水曜日 6441
2611 月曜日 16:05 16:07 モゴイトゥイ 水曜日 6370
2688 月曜日 18:08 18:49 カルィムスコエ 23:00 23:30 火曜日 6293
2782 月曜日 20:43 21:08 チタ 20:46 21:11 火曜日 6199
3049 火曜日 01:23 01:38 ヒロク 16:05 16:24 火曜日 5932
3197 火曜日 04:00 04:02 ペトロフスク・ザバイカリスキー 13:35 13:37 火曜日 5784
3339 火曜日 06:08 06:33 ウラン・ウデ 11:00 11:30 火曜日 5642
  火曜日 セレンガ川 火曜日  
3669 火曜日 11:02 11:04 スリュジャンカロシア語版 06:30 06:32 火曜日 5312
3796 火曜日 13:10 13:40 イルクーツク 03:55 04:25 火曜日 5185
4041 火曜日 17:35 18:05 ジマロシア語版 23:51 00:21 月曜日 4940
4301 火曜日 21:32 21:44 ニジニウディンスクロシア語版 20:16 20:28 月曜日 4680
4606 水曜日 02:20 02:40 イランスキーロシア語版 15:15 15:37 月曜日 4375
4638 水曜日 03:15 03:17 カンスク・エニセイスキーロシア語版 14:40 14:42 月日 4343
4719 水曜日 04:28 04:30 ザオジョールナヤロシア語版 13:30 13:32 月曜日 4262
  水曜日 エニセイ川
クラスノヤルスク橋
月曜日  
4883 水曜日 07:01 07:24 クラスノヤルスク 10:25 10:47 月曜日 4098
5064 水曜日 10:14 10:16 アチンスクロシア語版 07:37 07:39 月曜日 3917
5266 水曜日 13:07 13:32 マリインスクロシア語版 04:25 04:50 月曜日 3715
  水曜日 トミ川 月曜日  
5646 水曜日 19:07 19:37 ノヴォシビルスク 22:42 23:12 日曜日 3335
  水曜日 オビ川
オビ川鉄橋
日曜日  
5941 水曜日 22:45 23:08 バラビンスクロシア語版 18:54 19:17 日曜日 3040
6269 木曜日 02:59 03:14 オムスク 14:51 15:06 日曜日 2712
  木曜日 エルティシ川 日曜日  
6548 木曜日 イシム川 日曜日 2433
6550 木曜日 06:38 06:50 イシムロシア語版 10:53 11:05 日曜日 2431
6837 木曜日 10:20 11:00 チュメニロシア語版 06:43 07:13 日曜日 2144
7165 木曜日 15:15 15:38 エカテリンブルク 02:00 02:23 日曜日 1816
7205 木曜日  ↓   ↓  ヨーロッパアジアオベリスク
(ヨーロッパ・アジア境界)
 ↑   ↑  日曜日 1777
7545 木曜日 21:06 21:26 ペルミ英語版 20:17 20:37 土曜日 1437
7551 木曜日  ↓   ↓  カマ川  ↑   ↑  土曜日 1431
7787 金曜日 01:16 01:39 バレジノロシア語版 16:17 16:40 土曜日 1194
8024 金曜日 04:55 05:10 キーロフロシア語版 12:25 12:40 土曜日 957
  金曜日  ↓   ↓   ヴォルガ川   ↑   ↑  土曜日  
8520 金曜日 10:59 11:09 ニジニ・ノヴゴロド 06:00 06:10 土曜日 461
8771 金曜日 14:29 14:52 ウラジーミル 02:54 03:17 土曜日 210
8981 金曜日 18:13 モスクワヤロスラフスキー駅 23:55 金曜日 0

事件[編集]

2003年7月13日早朝、3人の男がモスクワ発北京行きのボストーク号に乗車した。その後13日夜から14日午後にかけて、3人の男は中国人客のいる4人用個室内で乗客に対し強盗行為を働き、7,400ルーブル、200米ドル、100人民元を盗んだ後、15日にロシアのチタで列車を降りて逃走した。被害者は留学生やロシアで商売をしている商人であり、ボストーク号が中国領内に入った後、被害者たちは中国の公安に通報した。公安はロシアの列車乗務員に犯人たちのパスポートナンバーなどの情報を提供してもらい、国境の各イミグレーションに通報した。

その後、2003年12月16日に犯人たちは満洲里から中国に入国する際に逮捕された。2004年11月15日、北京鉄路運輸法院は犯人たちに対し、懲役13年、政治的権利の剥奪3年、罰金2万元の判決を言い渡した[10]

脚註[編集]

  1. ^ 『中国鉄道大全 中国鉄道10万km徹底ガイド』 p35
  2. ^ 『2013.07 全国铁路旅客列车时刻表』 p358
  3. ^ 1954年1月31日 北京——莫斯科直达旅客列车正式通车. 人民网. 2003年8月1日.
  4. ^ 『中国鉄道大全 中国鉄道10万km徹底ガイド』 p31
  5. ^ 快速列车新旧车次对照表<一>. 搜狐. 2000年11月06日.
  6. ^ K19/20次国际列车更换新型车 Archived 2012年9月7日, at Archive.is. 铁道网. 2008年2月13日.
  7. ^ K19/20次国际列车(北京至莫斯科)换新装 Archived 2012年7月22日, at Archive.is. 华人报报. 2008年1月27日.
  8. ^ K20/19次国际列车中取消俄朝联运车厢 Archived 2013年11月3日, at the Wayback Machine.. 内蒙古满洲里市人民政府. 2011年3月18日.
  9. ^ 通行满洲里. 中国广播网. 2009年12月18日.
  10. ^ 莫斯科至北京国际列车抢劫案宣判. 中国法院网. 2004年11月22日.

参考文献[編集]

  • 地球の歩き方」編集部(2004年). 『地球の歩き方 A32 シベリア&シベリア鉄道とサハリン 05~06』, ダイヤモンド・ビッグ社, ダイヤモンド社. ISBN 4478033528
  • 蔵前仁一(2008年). 『シベリア鉄道9300km』, 旅行人. ISBN 9784947702630
  • 阿部真之、岡田健太郎(2011年). 『中国鉄道大全 中国鉄道10万km徹底ガイド』, 旅行人. ISBN 9784947702692
  • 中国铁路总公司运输局(2013年). 『2013.07 全国铁路旅客列车时刻表』, 中国铁道出版社. ISBN 9787113169350

関連項目[編集]