ボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党(Socijaldemokratska Partija Bosne i Hercegovine, SDP BiH)は、ボスニア・ヘルツェゴビナの議会政党の一つである。社会民主主義及び世俗主義をかかげている。

概要[編集]

1990年ユーゴスラビア共産主義者同盟のボスニア・ヘルツェゴビナ支部であった「ボスニア・ヘルツェゴビナ共産主義者同盟」が旧「ボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党」の流れを組む政治団体と合併し成立した。現在の党員は50000人とされている。[1]初代党首ネルミン・ニクシチはボスニア・ヘルツェゴビナ共産主義者同盟最後の党首であった。現在の党首ズラトコ・ラグムジャはボスニア人ムスリムで、ボスニア外相をつとめている。[2]青年組織としてボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党青年フォーラムが存在する。現在は国際組織としては社会主義インターナショナルに加盟している。また、欧州社会党にもオブザーバーとして加盟している。

脚注[編集]

  1. ^ Organizacija”. SDP. 2011年12月5日閲覧。 (ボスニア語)
  2. ^ President of the SDP