半保護されたページ

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ボス・ベイビー
ファミリー・ミッション
The Boss Baby: Family Business
監督 トム・マクグラス
脚本 マイケル・マッカラーズ英語版
原案 トム・マクグラス
マイケル・マッカラーズ
原作 マーラ・フレイジー英語版
『あかちゃん新社長がやってきた』
製作 ジェフ・ハーマン
出演者 アレック・ボールドウィン
ジェームズ・マースデン
エイミー・セダリス英語版
アリアナ・グリーンブラット
エヴァ・ロンゴリア
ジミー・キンメル
リサ・クドロー
ジェフ・ゴールドブラム
音楽 ハンス・ジマー
スティーブ・マッツァーロ
編集 メアリー・ブリー
マーク・A・ヘスター
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年7月2日[1]
日本の旗 2021年12月17日[2]
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 8,200万ドル[3]
興行収入 1億5,040万ドル[4][5]
前作 スピリット・アンテイムド(ドリームワークス・アニメーション全般)
ボス・ベイビー(ボス・ベイビーシリーズ)
次作 ザ・バッド・ガイズ
テンプレートを表示

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』(The Boss Baby: Family Business)は、2021年アメリカ3Dコンピュータアニメーション映画である[6]2017年の『ボス・ベイビー』の続編にあたる。ドリームワークス・アニメーションが製作、ユニバーサル・ピクチャーズが配給する。

あらすじ

前作から30年後、大人になったティムは結婚し、妻のキャロルと2人の娘(8歳のタビサと乳児のティナ)と暮らしている。一方、彼の弟でボス・ベイビーことテッドは投資会社のCEOとして成功しているが、ティムのそばにはおらず、ティムとその家族に豪華なプレゼントを送っている。タビサは大人びた行動をとるようになり、ある夜、落胆したティムが娘の成長ぶりに疑問を抱いていると、ティナの部屋から物音が聞こえてきた。彼は、ティナがかつてのテッドと同じようにボス・ベイビーであり、特別な任務のためにテッドをそこに連れて行くように命じられていることを知る。ティムは「絶対に来ない」と電話を拒否し、ティナに「また寝よう」と励ます。しかし、ティナはテッドに偽のボイスメールを残し、テンプルトンの家に誘い込む。

翌朝、テッドがやってきて、ティムはティナがボス・ベイビーで、テッドは自分がボス・ベイビーだったことを覚えていないだけだと説明しようとする。ティナはテッドに自分がボス・ベイビーであることを明かし、2人に魔法のおしゃぶりを与えてベイビー・コープ社を訪れる。ティナは、タバサの学校に潜入し、学校の創設者で校長のアーウィン・アームストロング博士が両親に隠れて何を企んでいるのかを突き止めるために、48時間だけ子供に戻れるという新しい処方を兄弟に紹介する。

学校では、昔のようになったティムがタビサのクラスについて行き、赤ちゃんのテッドは他の赤ちゃんと一緒になっていた。テッドは、アームストロングのオフィスに調査に行くために、プレイルームから出るのを手伝うように赤ちゃんたちを集める。ティムは授業を妨害して校長室に送られようとするが、代わりにタイムアウトの「箱」に入れられてしまう。テッドは、アームストロングが実は赤ん坊で、親よりも頭がいいことに気づいて家出し、今は人気のスマホアプリを作ってお金を稼いでいることを知る。彼の究極の計画は、B-Dayにすべての親を排除し、子供に何も言えなくすることだ。ベビーコープ社に連絡がつかず、兄弟が再び離れ離れになっていくのを見たティナは、自分たちで作戦を完遂すると言って辞めようとする。

タビサがソロを歌うことになっているホリデー・ページェントの夜、兄弟とティナはアームストロングが詐欺師であることを暴こうと計画する。しかし、彼らはアームストロングの新しいアプリ「QT-Snap」によって、その夜にB-Dayが開催されることを知り、親たちを催眠術で心のないゾンビにしてしまう。ティムとテッドはアームストロングの忍者ベイビーに捕まり、箱の中に入れられてしまう。箱の中はゆっくりと水で満たされていく。タバサはソロを歌うが、ティムが約束通り現れないのを見て、泣きながらステージを飛び出してしまう。彼女はティナに慰められ、自分の正体と任務を明かす。タバサは妹を助けるために、QT-Snapが世界中に広まる前にサーバーを奪って停止させることに同意する。テッドは、タビサのペットのポニー、プレシャスを学校に呼び寄せ、彼女が「箱」から二人を脱出させる。

先にサーバーにたどり着いたティムとテッドだが、アームストロングに止められ、ゾンビの両親に応援を要請する。処方が効き始めた兄弟が二人を抑えている間に、ティナとタビサがサーバーに乗り込む。タバサはハッキングしてシャットダウン画面を出すことができたが、キーボードはアームストロングに破壊されてしまう。その後、姉妹はメントスとソーダを使ってお菓子の火山を起こし、サーバーを破壊してすべての両親を元に戻します。そしてティナは、ベビーコープ社を辞めたわけではなく、ティムとテッドを元に戻すことが自分の本当の使命だと明かす。テンプルトン家の家族全員が集まってクリスマスを祝い、アームストロングは自分の家族の元に戻る。

登場人物

ボス・ベイビー / テッド(Boss Baby / Ted)
声 - アレック・ボールドウィン(英)、ムロツヨシ[7](日)
フルネームはセオドア・リンジー・テンプルトン(Theodore Lindsey Templeton Jr.)。ベイビー・コープ社の元幹部であり、ティムの弟。
ティム(Tim)
声 - ジェームズ・マースデン(英)、宮野真守[8](日)
フルネームはティモシー・レズリー・テンプルトン(Timothy Leslie Templeton)。テッドの兄。
ティナ・テンプルトン / ニュー・ボス・ベイビー(Tina Templeton / New Boss Baby)
声 - エイミー・セダリス英語版(英)
ティムの末っ子の娘。ベイビー・コープ社の新任幹部であり、ティムとキャロルの娘、タビサの妹、テッドの姪である。
タビサ・テンプルトン(Tabitha Templeton)
声 - アリアナ・グリーンブラット(英)、芳根京子[9](日)
ティムの長女。テッドの姪。
キャロル・テンプルトン(Carol Templeton)
声 - エヴァ・ロンゴリア(英)
ティムの妻であり、ティナとタビサの母。
テッド・テンプルトン・シニア(Ted Templeton Sr.)
声 - ジミー・キンメル(英)、石田明[10](日)
テッドとティムの父。
ジャニス・テンプルトン(Janice Templeton)
声 - リサ・クドロー(英)、乙葉[11](日)
テッドとティムの母、テッド・シニアの妻。
エルヴィン・アームストロング博士(Dr. Erwin Armstrong)
声 - ジェフ・ゴールドブラム(英)
もう一人のドリームワークス・ヴィランズ。ベイビー・コープ社のライバル会社に所属する博士で、全ての大人を排除しようと企む知的な赤ちゃん。

キャスト

キャラクター 原語版 日本語吹替版
ボス・ベイビー / テッド アレック・ボールドウィン ムロツヨシ[12]
ティム ジェームズ・マースデン 宮野真守[13]
ティナ・テンプルトン エイミー・セダリス英語版 未定
タビサ・テンプルトン アリアナ・グリーンブラット 芳根京子[14]
キャロル・テンプルトン エヴァ・ロンゴリア 未定
テッド・テンプルトン・シニア ジミー・キンメル 石田明[15]
ジャニス・テンプルトン リサ・クドロー 乙葉[16]
エルヴィン・アームストロング博士 ジェフ・ゴールドブラム 未定

スタッフ

製作

2017年5月25日ユニバーサル・ピクチャーズドリームワークス・アニメーションは、2017年に全米公開された『ボス・ベイビー』続編が2021年に公開されることを発表した[17][18][19]2019年5月17日、トム・マクグラスが監督に復帰し、ジェフ・ハーマンが前作のプロデューサーであるラムジー・アン・ナイトーに代わってプロデューサーに就任することが発表された[20]2020年9月17日、ジェフ・ゴールドブラム、アリアナ・グリーンブラット、エヴァ・ロンゴリア、ジェームズ・マースデン、エイミー・セダリスがキャストに加わり、ジミー・キンメル、リサ・クドローらが続投することが発表された[21]

製作の一部は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、遠隔で行われた[22]。また、『ヒックとドラゴン 受け継ぐ者たち英語版』や『スピリット・アンテイムド』などを手がけたジェリーフィッシュ・ピクチャーズが、その制作資産を本作に活用した[23]

音楽

前作で作曲を担当したハンス・ジマーとスティーブ・マッザーロが続投し[24]ジェイコブ・コリアーキャット・スティーブンスの「If You Want to Sing Out, Sing Out英語版」のカバーを作曲した[25][26]。また、『ファインディング・ネバーランド』で有名なソングライター、ゲイリー・バーロウが、グリーンブラットが演奏する「Together We Stand」という新曲を提供した[27]

続編

2021年6月、アレック・ボールドウィンとエイミー・セダリスとのQ&Aで、『ボス・ベイビー』第3作が初期開発中であることが発表された[28]

公開

劇場公開およびストリーミング

本作は、2021年7月2日に米国でユニバーサル・ピクチャーズにより、通常の上映と一部のRealDおよびドルビーシネマで劇場公開され、またPeacockの有料ティアで60日間ストリーミング配信された[29]。当初は2021年3月26日の発売を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響で9月17日に延期され、その後7月2日に変更された[30][31][32]。通常、ユニバーサルはアメリカ劇場所有者協会などとの取り決めにより、インターネットサービスにおける新作映画の配信は劇場公開から17日後としているが、本作品についてはこの取り決めの対象外となった。背景には系列テレビ局のNBCがアメリカ向け独占放映権を保有し、同年7月23日から日本で行われる予定の東京オリンピック開催前にPeacockの加入者数を増やし、Disney+HBO Maxなどといった、競合サービスに対抗したい思惑があるとされている[33]

ホームメディア

本作は、2021年9月14日に4KDVDBlu-rayで、ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメントより発売予定である[34]

評価

興行成績

2021年9月8日現在、アメリカとカナダで5,700万ドル、その他の地域で4,880万ドル、全世界合計で1億580万ドルの興行収入を記録している[35][36]

アメリカとカナダでは、『パージ:フォーエバー』と並行して公開され、オープニング週末には3,640館で約1,500万ドルの興行収入が見込まれている[37][38]。また、木曜夜の試写会での131万ドルを含む初日で770万ドルを記録し、第1弾の150万ドルをわずかに下回る結果となった。興行収入は1,730万ドルで、ユニバーサルの『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に次ぐ2位となった。ユニバーサル社の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、本作、『パージ:フォーエバー』がトップ3に入ったことで、単一スタジオでの達成は2005年2月以来となる[39]。2回目の週末は44.5%減の890万ドルで3位、3回目の週末は470万ドルで4位となった[40][41]

映画批評家によるレビュー

レビュー集計サイトRotten Tomatoesでは、83件のレビューから47%の支持率を獲得し、平均評価は5.4/10となっている。ウェブサイトの批評家の意見では、「C-suiteというよりはC-levelだが、子供のための苦痛のない気晴らしとして、本作はまともなファミリービジネスを管理している」と書かれている[42]Metacriticでは、16人の評論家による加重平均スコアが100点満点中40点で、「評価はまちまち、または平均的」となっている[43]CinemaScoreの調査によると、平均評価は、A+からFのスケールで「A」となっている(第1作の「A-」よりも改善されている)。PostTrak英語版の報告によると、72%の観客が好意的なスコアをつけ、49%の観客が「ぜひ勧めたい」と答えている[39]

ワシントン・ポストのトーマス・フロイドは、この映画に2.5/4つ星をつけ、「監督のトム・マクグラスと脚本家のマイケル・マッカラーズが、前作のギャグ、ストーリービート、キャラクターダイナミクスを再現するために、おかしなほどの手間をかけているため、重度の続編嫌いになってしまっている。しかし、本作は、巧みなキャスティングと驚くほど鋭い社会風刺のおかげで、前作を大きく上回ることに成功している。」と語っている[44]ロサンゼルス・タイムズに寄稿したマイケル・オドーニャは「良くも悪くも同じことの繰り返しだが、若いファンを満足させるには十分な機能とホイッスル(特に新キャラクター)を備えているだろう。」と語っている[45]

ジ・オンライン・AVクラブ英語版に寄稿したケイティ・ライフは、この映画に「C+」の評価を与え、「本作は、あまりにも動きが早く、何かを考えるきっかけにならないこともあって、興奮するような内容ではない。前作に比べて、本作は、世界観の構築や幻覚的な内部論理への脱線が少なく、迅速かつ刺激的なペースで進んでいる」と述べている[46]TheWrap英語版のカルロス・アギラールは、「本作は、中途半端な対立の数々を提供しており、どれも注目されるべきだと叫んでいるが、制作者はどれが最も緊急を要するかわからないようだ」と書いている[47]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ボス・ベイビー」続編が全米劇場公開と同時に配信へ”. 映画.com (2021年6月1日). 2021年6月2日閲覧。
  2. ^ 芳根京子・宮野真守ら「ボス・ベイビー」続編で吹き替え続投 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2021年9月6日閲覧。
  3. ^ Rubin, Rebecca (2021年6月30日). “Box Office: ‘F9’ to Stay on Top as ‘Boss Baby’ Sequel, ‘Forever Purge’ and ‘Zola’ Open in Theaters” (英語). Variety. 2021年9月7日閲覧。
  4. ^ The Boss Baby: Family Business”. Box Office Mojo. 2021年9月7日閲覧。
  5. ^ The Boss Baby: Family Business (2021) - Financial Information”. The Numbers. 2021年9月7日閲覧。
  6. ^ N'Duka, Amanda (2020年9月17日). “‘The Boss Baby: Family Business’: Jeff Goldblum, James Marsden, Eva Longoria, Ariana Greenblatt & Amy Sedaris Join Alec Baldwin In DreamWorks Animation Sequel” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  7. ^ 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』新たな“おっさん赤ちゃん”誕生?!” (日本語). www.fashion-press.net. 2020年12月8日閲覧。
  8. ^ 『ボス・ベイビー』最新作、ムロに続いて芳根京子・宮野真守・乙葉・石田明が再集結”. ORICON NEWS. 2021年9月6日閲覧。
  9. ^ 「ボス・ベイビー」続編、ムロツヨシに続き芳根京子、宮野真守らも再び参加 特報も公開 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年9月6日閲覧。
  10. ^ 「ボス・ベイビー」続編の吹き替えに芳根京子、宮野真守らが再集結…12月17日全国公開!” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月7日). 2021年9月6日閲覧。
  11. ^ 『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』芳根京子、宮野真守ら吹き替え続投 特報も公開” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年9月6日閲覧。
  12. ^ 「ボス・ベイビー」続編公開&ムロツヨシが声優続投決定 「こんな時代に、ボス・ベイビーになって、わちゃわちゃしたい」” (日本語). アニメ!アニメ!. 2020年12月8日閲覧。
  13. ^ 『ボス・ベイビー』最新作、ムロに続いて芳根京子・宮野真守・乙葉・石田明が再集結”. ORICON NEWS. 2021年9月6日閲覧。
  14. ^ 「ボス・ベイビー」続編、ムロツヨシに続き芳根京子、宮野真守らも再び参加 特報も公開 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年9月6日閲覧。
  15. ^ 「ボス・ベイビー」続編の吹き替えに芳根京子、宮野真守らが再集結…12月17日全国公開!” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月7日). 2021年9月6日閲覧。
  16. ^ 『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』芳根京子、宮野真守ら吹き替え続投 特報も公開” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年9月6日閲覧。
  17. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年5月25日). “Alec Baldwin Returns In ‘The Boss Baby 2’, Crawling To Theaters In 2021” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  18. ^ 'Boss Baby 2' With Alec Baldwin to Hit Theaters in Spring 2021 | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月8日閲覧。
  19. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年5月30日). “DreamWorks Animation Stakes Release Dates For 2021 & Beyond” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  20. ^ 'Boss Baby 2' Will Be Tom McGrath's Sixth Feature Film At Dreamworks” (英語). Cartoon Brew (2019年5月18日). 2020年12月8日閲覧。
  21. ^ Jeff Goldblum, Ariana Greenblatt, Eva Longoria Join 'The Boss Baby: Family Business' | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月8日閲覧。
  22. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年5月8日). “How Animated Pics Like ‘Tom & Jerry’, ‘SpongeBob Movie’, ‘Sing 2’, Skydance’s ‘Luck’ & More Are Working Through The COVID-19 Crisis” (英語). Deadline. 2020年12月8日閲覧。
  23. ^ LinkedInのScott Denton: Another great movie with the amazing team at Jellyfish Pictures supervised” (日本語). www.linkedin.com. 2021年9月8日閲覧。
  24. ^ Hans Zimmer & Steve Mazzaro Return to Score The Boss Baby 2”. ComingSoon.net (2020年8月19日). 2021年9月8日閲覧。
  25. ^ ‘The Boss Baby: Family Business’ Soundtrack Album Details | Film Music Reporter” (英語). 2021年9月8日閲覧。
  26. ^ Desowitz, Bill (2021年7月2日). “‘The Boss Baby: Family Business’: DreamWorks Celebrates Childhood Imagination with Retro 2D Look” (英語). IndieWire. 2021年9月8日閲覧。
  27. ^ ‘The Boss Baby: Family Business’ Soundtrack Album Details | Film Music Reporter” (英語). 2021年9月8日閲覧。
  28. ^ https://twitter.com/dreamworks/status/1407056411515883526” (日本語). Twitter. 2021年9月9日閲覧。
  29. ^ McClintock, Pamela (2021年5月24日). “‘Boss Baby 2’ to Hit Theaters and Peacock on Same Day” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年9月8日閲覧。
  30. ^ McClintock, Pamela (2020年12月28日). “‘Boss Baby’ Sequel Delays Release to September 2021” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年9月8日閲覧。
  31. ^ 'The Boss Baby' Sequel Bumped to September 2021, 'The Bad Guys' Moves to 2022” (英語). TheWrap (2020年12月28日). 2021年9月8日閲覧。
  32. ^ The Boss Baby 2 Release Date Delayed 6 Months To September 2021” (英語). ScreenRant (2020年12月29日). 2021年9月8日閲覧。
  33. ^ 米NBCが開会式生中継へ 東京五輪、午前は初とAP”. 共同通信 (2021年2月10日). 2021年6月2日閲覧。
  34. ^ The Boss Baby: Family Business (2021), https://www.blu-ray.com/The-Boss-Baby-Family-Business/975631/ 2021年9月8日閲覧。 
  35. ^ The Boss Baby: Family Business”. Box Office Mojo. 2021年9月8日閲覧。
  36. ^ The Boss Baby: Family Business (2021) - Financial Information”. The Numbers. 2021年9月8日閲覧。
  37. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年6月29日). “Universal Will Own Top Three Spots At July 4th Box Office In Rare Feat” (英語). Deadline. 2021年9月8日閲覧。
  38. ^ Rubin, Rebecca (2021年6月30日). “Box Office: ‘F9’ to Stay on Top as ‘Boss Baby’ Sequel, ‘Forever Purge’ and ‘Zola’ Open in Theaters” (英語). Variety. 2021年9月8日閲覧。
  39. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2021年7月5日). “Universal’s July 4th Fireworks At B.O.: ‘F9’ – $30M+, ‘Boss Baby 2’ – $20M+, ‘Forever Purge’ – $15M+ – Monday Update” (英語). Deadline. 2021年9月8日閲覧。
  40. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年7月11日). “Disney Claims $215M+ WW Victory At The B.O. & Disney+ Premier With ‘Black Widow’ Weekend: Will Distrib Model Endanger A Movie’s Life Cycle? – Update” (英語). Deadline. 2021年9月9日閲覧。
  41. ^ McClintock, Pamela (2021年7月18日). “Box Office: ‘Space Jam: A New Legacy’ Benches ‘Black Widow’ With $31.7M Win” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年9月9日閲覧。
  42. ^ (英語) The Boss Baby: Family Business, https://www.rottentomatoes.com/m/the_boss_baby_family_business 2021年9月9日閲覧。 
  43. ^ The Boss Baby: Family Business, https://www.metacritic.com/movie/the-boss-baby-family-business 2021年9月9日閲覧。 
  44. ^ “Review | ‘Boss Baby’ sequel offers decent return on investment, with savvy casting and pointed social satire” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/goingoutguide/movies/the-boss-baby-family-business-movie-review/2021/06/30/d28c6758-d523-11eb-ae54-515e2f63d37d_story.html 2021年9月9日閲覧。 
  45. ^ Facebook (2021年6月30日). “Review: All grown up, yet still in diapers, an overstuffed 'Boss Baby 2’ feeds the machine” (英語). Los Angeles Times. 2021年9月9日閲覧。
  46. ^ Meet the new Boss Baby, pretty much the same as the old Boss Baby” (英語). The A.V. Club. 2021年9月9日閲覧。
  47. ^ 'Boss Baby 2' Film Review: Sequel Shares the First Film's Few Charms and Many Problems” (英語). TheWrap (2021年6月30日). 2021年9月9日閲覧。