ボタンノーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ボタンノーズ
Button Nose
名称 ボタンノーズ
英語名称 Button Nose
モチーフ ひと
発売年 1978年
デザイナー 広瀬昌代
出演 夢の星のボタンノーズ
誕生日 1月5日[1]
公式サイト ボタンノーズプロフィール
テンプレートを表示

ボタンノーズラテン文字表記:Button Nose)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター

来歴[編集]

田園調布いちごのお家(現在は閉店)

1977年にキャラクター開発[2]。オリジナルデザインはサンリオ社員の広瀬昌代が起こした。開発当初のキャラクターは現行のデザインとは異なる[3]

1983年5月にはボタンノーズを使った、サンリオ初の大人の女性向けキャラクターグッズのシリーズを展開する[4]

1983年12月1日には田園調布に、ボタンノーズが住んでいるいちごのお家をモチーフとしたサンリオの直営店「田園調布いちごのお家」が開業した[5]。このボタンノーズのお家の絵は後に「ボタンノーズのおくりもの」と題する絵本に使用されている。オープン当時は1階のきのこ屋根部分には焼きたてクッキーなどのお菓子やギフトを販売していたディッコリー・ドッキー、と小いちご部分にはキャンディーのお花畑(キャンディーショップ)も入居していた。当初は1000日限定での営業の予定だったが[注釈 1]、主に『いちご新聞』の読者による存続を要望する声が相次いだためその後も営業を続け、2011年12月25日に閉店した[6]

1985年10月9日から1986年4月19日まで、朝日放送を制作局として、全国13局ネットで[7]ボタンノーズを主人公としたテレビアニメ『夢の星のボタンノーズ』(資料によっては『夢の国のボタンノーズ』との誤記が見られる)が放映された。同作はサンリオが製作した初のテレビアニメシリーズである[7][8]。テレビアニメ版「ボタンノーズ」のキャラクターデザインは、広瀬の元デザインを参考にしてアニメーターの山本繁が描き起こした[9]

設定[編集]

本名は「トリシュ」[10]。「ボタンノーズ」の名はチャームポイントである小さくて丸いボタンのような鼻の形からのニックネームである[11](アニメ「夢の星のボタンノーズ」では「ボタンノーズ」が本名とされている)。

1月5日、キャラクター王国生まれ。やさしくて元気のよいいちごジャム作りの名人。このジャムを食べると誰でも元気になる[12][11]。また、いちご畑のいちごたちのけがを治すこともできる[1]

イメージソング[編集]

「いちごのうた」
作詞:やまとなおみ 作曲:立花瞳 編曲:赤坂東児 歌:おしたりあつこ[13]
1992年8月21日にサンリオより発売されたCDアルバム「みんなでうたおう!キャラクターソング」(SACV-2030)の4曲目に収録[13]。3分26秒。
「『いちご新聞』増刊号いちごのうた - たあ坊のがんばる宣言」(東芝EMI、CG20-5059 1989年)の1曲目にも「いちごのうた」が収録されているが、そのライナーノーツにはいちごの王さまが描かれている。

出版物[編集]

『ボタンノーズのおくりもの』[14]
発売日:1985年12月
文:あけずみ じゅんこ
絵:広瀬昌代
出版社:サンリオ
ISBN 978-4387851837

サンリオキャラクター大賞の順位[編集]

2013年サンリオキャラクター大賞45位[15]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「40位以内なら待ち受け画面をプレゼントする」と宣言していたが[16]、惜しくもランクインを逃し実現とはならなかった。

  • 2019年以降出場なし。
  • 2018年サンリオキャラクター大賞81位(いちご新聞ランキング38位[17])。
  • 2017年サンリオキャラクター大賞68位(いちご新聞ランキング33位[18])。
  • 2016年サンリオキャラクター大賞73位(いちご新聞ランキング30位[19]) / なでる投票67位[20]
  • 2015年サンリオキャラクター大賞54位(いちご新聞ランキング47位[21])。
  • 2014年サンリオキャラクター大賞20位圏外[22][注釈 2](いちご新聞ランキング17位[24])。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞45位。
  • 2012年サンリオキャラクター大賞51位[25]
  • 2011年サンリオキャラクター大賞52位[26]
  • 2010年サンリオキャラクター大賞20位圏外[27]
  • 1987年〜2009年サンリオキャラクター大賞10位圏外[28]

豆知識[編集]

  • ボタンノーズとは、『HELLO KITTY GAZETTE』(『いちご新聞』の英語版)による命名である[29]
  • いちご新聞』でボタンノーズが初めて表紙を飾ったのは、1978年10月1日号(86号)である[30]
  • サンリオピューロランドに出演していた時期があり、ライブキャラクター(着ぐるみ)も製作されていた[10][31]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 期間限定としたのは演出でもあり、夢や優しさを与えてある日突然姿を消すほうがロマンチックだと思われため。
  2. ^ この回は全100種のキャラクターをA〜Eグループの5グループに分けて1stステージ(予選)が行われ、各グループの上位4種、全20種のキャラクターからファイナルステージ(決戦)が行われ順位が決定されたため、21位以下が存在しない。ボタンノーズはEグループ(1stステージ8位、1stステージ敗退)にノミネートしていた[23]

出典[編集]

  1. ^ a b 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』サンリオ、1992年8月31日、23頁。ISBN 4-387-92157-9。
  2. ^ 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日、6頁。ISBN 978-4-387-10066-9。
  3. ^ 『'70s&'80s サンリオのデザイン』 63頁。
  4. ^ 「サンリオ、女性向けに新商品──いちごで統一『ボタンノーズ』」『日本経済新聞』1983年3月31日付夕刊、3頁。
  5. ^ 『'70s&'80s サンリオのデザイン』 174-176頁。
  6. ^ さようなら いちごのお家、LittleTwinStars Official★Blog Kiki&Lala Dreamy Diary、2011-11-18 11:01:48。
  7. ^ a b “サンリオ、初のTVアニメ製作――朝日系13局で放送。”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 17. (1985年10月9日) 
  8. ^ 『'70s&'80s サンリオのデザイン』 165頁。
  9. ^ 『いちご新聞』1986年1月号(215号) 3-5頁。
  10. ^ a b 『サンリオピューロランド・ガイドブック '98-'99』サンリオ、1998年5月20日、27頁。ISBN 4-387-98001-X。
  11. ^ a b 竹村真奈『サンリオデイズ』ビー・エヌ・エヌ新社、2008年2月29日、45頁。ISBN 978-4861005572。
  12. ^ 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月、49頁。ISBN 978-4-591-12108-5。
  13. ^ a b (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, p. 7 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  14. ^ ボタンノーズのおくりもの - 国会図書館サーチ. 2018年1月13日閲覧。
  15. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月13日閲覧。
  16. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月3日閲覧。
  17. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) 8-19頁。
  18. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) 8-19頁。
  19. ^ 『いちご新聞』2016年9月号(583号) 10頁。
  20. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 なで時間ランキング”. 株式会社サンリオ (2016年). 2020年10月29日閲覧。
  21. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) 24頁。
  22. ^ かわいい戦いが、いま、はじまる。 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  23. ^ 1stステージ結果発表!”. サンリオ. 2014年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  24. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) 26-34頁。
  25. ^ 2012サンリオキャラクター大賞結果発表(1位~100位) サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月12日閲覧。
  26. ^ サンリオキャラクターからみんなへ「ありがとう」 第26回 輝け!! 2011年SANRIO キャラクター大賞 結果大発表”. サンリオ. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月12日閲覧。
  27. ^ 輝け!! 2010年サンリオキャラクター大賞 結果発表”. サンリオ. 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  28. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  29. ^ 『いちご新聞』2005年5月号、4頁。
  30. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 145-157)
  31. ^ キャラクターにあいにいこう!”. サンリオピューロランド(サンリオ). 1998年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『'70s&'80s サンリオのデザイン』グラフィック社、2019年4月25日。ISBN 978-4-7661-3189-5。

関連項目[編集]