ボディ・ダブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボディ・ダブル
Body Double
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 ブライアン・デ・パルマ
ロバート・J・アヴレック
原案 ブライアン・デ・パルマ
製作 ブライアン・デ・パルマ
製作総指揮 ハワード・ゴットフリード
出演者 クレイグ・ワッソン
メラニー・グリフィス
グレッグ・ヘンリー
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 ジェラルド・B・グリーンバーグ
ビル・パンコウ
製作会社 コロンビア映画
デルファイ・プロダクションズ
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年10月26日
日本の旗 1985年2月9日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $8,801,940[2]
テンプレートを表示

ボディ・ダブル』(Body Double)は、1984年アメリカ合衆国のサイコスリラー映画。 ブライアン・デ・パルマ監督が、ヒッチコックの『裏窓』(1954年)や『めまい』(1958年)をモチーフに、技術的にもかつてのヒッチコック映画で使われた技法を駆使して作った個人趣味の集大成的スリラーであり、エロチック度が加味されている[3]

デ・パルマが第5回ゴールデンラズベリー賞最低監督賞にノミネートされる一方、ポルノ女優を演じたメラニー・グリフィス第42回ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

B級映画専門の売れない俳優ジェイクが、留守番を頼まれた邸宅から望遠鏡でセクシーな隣人グロリアの姿を覗き見たことから巻き込まれた猟奇的な殺人事件を描く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
ジェイク・スカリー クレイグ・ワッソン英語版 富山敬
ホリー・ボディ メラニー・グリフィス 高島雅羅
サム・ブシャール グレッグ・ヘンリー 千田光男
グロリア・レヴェル デボラ・シェルトン 一柳みる
ジム・マクレーン ガイ・ボイド英語版 坂口芳貞
ルービン デニス・フランツ 池田勝
ウィル デヴィッド・ハスケル英語版 広瀬正志
その他 大塚芳忠
幹本雄之
峰恵研
大滝進矢
藤城裕士
岡のりこ
円谷文彦
海野圭子
花咲きよみ
小川里永子
林優子
山中一徳
演出 松川陸
翻訳 たかしまちせこ
調整 遠西勝三
効果 南部満治
大橋勝次
河合直
担当 圓井一夫
解説 淀川長治
制作 ニュージャパンフィルム
初回放送 1989年9月17日
日曜洋画劇場

参考文献[編集]

  1. ^ Body Double (1984) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ Body Double (1984)” (英語). Box Office Mojo. 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ ボディ・ダブル”. allcinema. 2013年10月27日閲覧。

関連項目[編集]