ボビー・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボビー・ウィルソン
Bobby Wilson
デトロイト・タイガース (マイナー)
Bobby Wilson on July 16, 2016.jpg
テキサス・レンジャーズ時代
(2016年7月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ピネラス郡ダニーデン英語版
生年月日 (1983-04-08) 1983年4月8日(36歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2002年 MLBドラフト48巡目
初出場 2008年4月28日 オークランド・アスレチックス
年俸 $507,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・ルイス・"ボビー"・ウィルソンRobert Louis "Bobby" Wilson, 1983年4月8日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ピネラス郡ダニーデン英語版出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBデトロイト・タイガース傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとエンゼルス時代[編集]

2002年MLBドラフト48巡目(全体1417位)でアナハイム・エンゼルスから指名され、プロ入り。

2003年5月17日に入団。この年に傘下のパイオニアリーグのルーキー級プロボ・エンゼルス英語版でプロデビュー。

2004年はA級シーダーラピッズ・カーネルズでプレー。

2005年はA+級ランチョクカモンガ・クエークスでプレー。

2006年はAA級アーカンソー・トラベラーズでプレー。

2007年はAA級アーカンソーでプレー後、7月にAAA級ソルトレイク・ビーズに昇格した。

2008年はAAA級ソルトレイクで開幕を迎え、4月にメジャー初昇格を果たした。

2009年は主にAAA級ソルトレイクでプレーして、7月にメジャー昇格。

2010年はメジャーで開幕を迎えたが、AAA級ソルトレイク、A+級ランチョクカモンガでもプレーした。

2011年は1年を通してメジャーでプレーし、57試合に出場した。

2012年はほぼ1年を通してメジャーでプレーし、75試合に出場した。

ヤンキース傘下時代[編集]

2012年10月22日にトロント・ブルージェイズに移籍したが、11月30日にFAとなり、12月13日にニューヨーク・ヤンキースに移籍して2013年スプリングトレーニングに参加した[2]

2013年はメジャーでの出場は無く、一年間傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースでプレーし、66試合に出場して打率.208・7本塁打・38打点の成績を残した。オフの11月4日にFAとなった[2]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2013年11月24日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び2014年のスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、開幕時はメジャー昇格はならず、AAA級リノ・エーシズに配属された[2]。9月15日にメジャー契約を結び昇格し、19日のコロラド・ロッキーズ戦で2年ぶりにメジャーの試合に出場した[2]。10月7日に40人枠から外れAAA級リノに降格となり、9日にFAとなった[2]

レイズ時代[編集]

2014年12月12日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[3]2015年は開幕ロースター入りを果たした。6月12日にDFAとなり[4]、14日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級ダーラム・ブルズに降格した[5]。7月29日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。なお、レイズでは25試合に出場したが、打率.145・20三振と大不振であった。一方では守備では、24試合でマスクを被って無失策DRS +3という成績を残し、良い働きを見せていた。

レンジャーズ時代[編集]

2015年7月31日にウェイバー公示を経てテキサス・レンジャーズへ移籍した。レンジャーズでは31試合に出場し、打撃不振は引き続いたが、それでも打率.221まで向上したほか、本塁打も1本放った。守備ではDRS +3をマークしたが、失策を2つ犯した。レイズとのトータルでは56試合に出場し、打率.189、1本塁打、14打点、OPS0.505という打撃成績と、2失策・守備率.994・DRS + 6・盗塁阻止率26%という守備成績(55試合で捕手として出場)を記録した。11月4日に40人枠から外れ、AAA級ラウンドロック・エクスプレスに降格となった[2]

タイガース時代[編集]

2016年3月29日にブライアン・ホラデイとのトレードで、マイルズ・ジェイ英語版と共にデトロイト・タイガースへ移籍した[7]。タイガースでは5試合に出場しただけであり、打率.154、2打点という成績だった[2]

レンジャーズ復帰[編集]

2016年5月3日にチャド・ベル英語版とのトレードで、レンジャーズへ移籍した[8]。レンジャーズではロビンソン・チリノスや前述のトレード相手であるホラデイと出場機会を分け合って起用されていたが、7月31日にジョナサン・ルクロイの加入に伴ってホラデイと共にDFAとなった[9]。結局、レンジャーズでは42試合に出場して打率.250、3本塁打、22打点という成績を記録した。守備ではDRS -2だった。

レイズ復帰[編集]

2016年8月4日にウェイバー公示を経てレイズへ移籍した[10]。レイズでは出場機会のコンスタント性が増し、28試合に出場。打撃面では打率.230、4本塁打、9打点という成績を記録した。守備面では、DRS -1・RF8.96という成績を残した。なお、3球団の通算成績は、75試合の出場で打率.237、7本塁打、33打点、OPS0.626という打撃成績を残した。守備面では、計75試合でマスクを被って4失策守備率.993・DRS -3・盗塁阻止率17%という成績だった。11月16日にウェイバー公示を通過してFAとなった[11][2]

ドジャース傘下時代[編集]

2017年1月3日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[2]

2017年はメジャーでの出場は無く、一年間傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーし、75試合に出場して打率.243、11本塁打、45打点を記録した。オフの11月6日にFAとなった[2]

ツインズ時代[編集]

2017年11月30日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結び、2018年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[12]

2018年の開幕は傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスで迎えた。ツインズの正捕手であるジェイソン・カストロの故障者リスト入りに伴い、5月5日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[13]

カブス時代[編集]

2018年8月30日にクリス・ジメネス及び後日発表選手または金銭とのトレードで、シカゴ・カブスへ移籍した[14]。しかし、カブスでの出番は無く、オフの10月29日にFAとなった[2]

タイガース復帰[編集]

2018年12月5日にタイガースとマイナー契約を結び、2019年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[2]

2019年は開幕を傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで迎え、6月15日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15]。7月30日にマイナー契約でAAA級トレドへ配属された[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 LAA 7 7 6 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .167 .286 .167 .452
2009 12 6 5 0 1 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 .200 .200 .400 .600
2010 40 106 96 12 22 6 0 4 40 15 0 0 2 0 8 0 0 23 3 .229 .288 .417 .705
2011 57 127 111 5 21 8 0 1 32 8 0 2 4 2 10 1 0 16 2 .189 .252 .288 .540
2012 75 201 171 19 36 5 0 3 50 13 0 0 13 1 15 0 1 33 7 .211 .277 .292 .569
2014 ARI 2 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250 .250 .500
2015 TB 25 59 55 3 8 0 0 0 8 4 0 0 0 0 4 0 0 20 1 .145 .203 .145 .349
TEX 31 88 77 5 17 5 0 1 25 10 0 1 2 1 7 0 1 19 0 .221 .291 .325 .615
'15計 56 147 132 8 25 5 0 1 33 14 0 1 2 1 11 0 1 39 1 .189 .255 .250 .505
2016 DET 5 15 13 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 1 1 0 0 3 1 .154 .200 .154 .354
TEX 42 141 128 11 32 4 0 3 45 22 0 0 4 3 5 0 1 33 2 .250 .277 .352 .629
TB 28 95 87 14 20 2 0 4 34 9 0 0 3 0 5 0 0 28 3 .230 .272 .391 .663
'16計 75 251 228 25 54 6 0 7 81 33 0 0 7 4 11 0 1 64 6 .237 .270 .355 .626
2018 MIN 47 151 135 12 24 8 0 2 38 16 0 0 2 2 12 0 0 37 6 .178 .242 .281 .523
MLB:9年 371 1000 888 81 185 39 0 18 278 100 0 3 31 10 68 1 3 216 26 .208 .264 .313 .577
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 46(2008年 - 2012年、2015年 - 同年途中、2016年 - 同年途中、2018年)
  • 18(2014年)
  • 8(2015年途中 - 同年終了)
  • 6(2016年途中 - 同年途中)
  • 21(2016年途中 - 同年終了)
  • 37(2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Bobby Wilson Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年11月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l MLB公式プロフィール参照。2019年2月12日閲覧。
  3. ^ “Rays sign 3 to minor league deals, complete trade” (英語). Associated Press. ESPN. (2014年12月12日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=12021138 2015年4月19日閲覧。 
  4. ^ Jason Lempert (2015年6月11日). “Rays C Bobby Wilson designated for assignment Thursday” (英語). FANTASY NEWS (CBS Sports). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25212283/rays-c-bobby-wilson-designated-for-assignment-thursday 2015年7月30日閲覧。 
  5. ^ Shawn Krest (2015年6月15日). “Rays' outright Bobby Wilson to Triple-A” (英語). FANTASY NEWS (CBS Sports). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25215162/rays-outright-bobby-wilson-to-triple-a 2015年7月30日閲覧。 
  6. ^ Michael Hurcomb (2015年7月29日). “Rays add catcher Bobby Wilson to roster” (英語). FANTASY NEWS (CBS Sports). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25253204/rays-add-catcher-bobby-wilson-to-roster 2015年7月30日閲覧。 
  7. ^ Jason Beck (2016年3月29日). “Tigers land catcher Wilson, righty for Holaday” (英語). MLB.com. 2016年4月14日閲覧。
  8. ^ Jason Beck (2016年5月3日). “Tigers activate McCann off DL, trade B. Wilson” (英語). MLB.com. 2016年5月6日閲覧。
  9. ^ T.R. Sullivan (2016年8月1日). “Wilson, Holaday designated; Chirinos No. 2 catcher” (英語). MLB.com. 2016年8月8日閲覧。
  10. ^ Steve Adams (2016年8月4日). “Rays Claim Bobby Wilson, Option Curt Casali” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年8月8日閲覧。
  11. ^ Steve Adams (2016年11月15日). “Rays Claim Bobby Wilson, Option Curt Casali” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年11月16日閲覧。
  12. ^ Jeff Todd (2018年5月5日). “Minor MLB Transactions: 11/30/17” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年5月6日閲覧。
  13. ^ Rhett Bollinger (2018年5月5日). “Twins place Castro on DL with meniscus tear” (英語). MLB.com. 2018年5月6日閲覧。
  14. ^ Ben Weinrib (2018年8月30日). “Cubs acquire catcher Wilson; Mazzoni DFA'd” (英語). MLB.com. 2018年8月31日閲覧。
  15. ^ Jason Beck (2019年6月15日). “Greiner (back) gets to hit reset with IL stint” (英語). MLB.com. 2019年6月16日閲覧。
  16. ^ Connor Byrne (2019年7月30日). “Tigers Place Bobby Wilson On Outright Waivers; Will Select Jake Rogers” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年7月31日閲覧。

関連項目[編集]