ボビー・マルカーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルカーノ第二姓(母方の)はチェルビーニです。
ボビー・マルカーノ
Bobby Marcano
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 首都地区ミランダ州カラカス
生年月日 (1951-06-07) 1951年6月7日
没年月日 (1990-11-13) 1990年11月13日(39歳没)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1969年 アマチュアFA
初出場 NPB / 1975年4月6日
最終出場 NPB / 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロベルト・アントニオ・マルカーノ・チェルビーニRoberto Antonio "Bobby" Marcano Cherubini, 1951年6月7日 - 1990年11月13日)は、ベネズエラ出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

ベネズエラのカラカス高校を卒業後、同国のプロ球団「ラ・グアイラ」を経て、1969年シンシナティ・レッズと契約。AAA級ポートランドクリーブランド・インディアンス傘下)やAAA級ソルトレイクシティカリフォルニア・エンゼルス傘下)などのマイナーリーグでプレーしたがメジャー昇格はならず。阪急上田利治監督からの依頼を受けた上田の広島時代の同僚で[1]、当時カリフォルニア・エンゼルスのスカウトを務めていた平山智(フィーバー平山)の斡旋により[2][3]1975年阪急ブレーブスに入団。

1年目から強肩巧打の二塁手として活躍し、球団初の日本一に貢献。1978年には94打点で打点王を獲得。福本豊加藤英司簑田浩二長池徳士らとともに阪急黄金時代を支えた。1983年ヤクルトスワローズに移籍し、1985年に現役引退。

引退後、読売ジャイアンツの中南米担当スカウトとして契約し、ルイス・サンチェを紹介するとともに自身もサンチェの通訳として日本を訪れた。サンチェ退団後は帰国。

1990年11月13日、肺癌のためカラカスの自宅で死去。39歳だった。神戸の教会で行われた日本での追悼式には、同年までオリックスの監督を務めた上田利治や福本などかつてのチームメイトが参列し、その若すぎる死を悼んだ。

なお、スポーツライター・藤井薫の著書によれば、「マルカーノの曽祖父は天草出身の日本人である」というが、真相は不明。アナハイム・エンゼルスでプレーしていたオーランド・ラミレスは従兄弟である。1980年ワールドチャンピオン フィリーズの二塁手 マニー・トリーヨは従兄弟。

マルカーノのルーツについて[編集]

マルカーノ、ケルビーニ、ともにイタリアでは一般的な姓である。

藤井薫の著書[4]によれば、マルカーノが語った先祖に日系移民がいるという新聞記事から、天草在住の浦本家の男性が自分の祖父の弟、山田万造がマルカーノの先祖ではないかとマルカーノに手紙を出し[5]、新聞に報道された[6]。その男性や親族の話によると万造は、天草から上海に密航し、そこからさらに南米へ労働移民船で渡り[7]、鉱山で労働し、いったん山を降りて商売を始めたが、失敗したのか再び鉱山で働くようになったころまで故郷と手紙のやり取りがあったという[8]。なお、手紙は散逸し、送り先も万造が手紙の中に住所を書いて同封してきた返信用封筒で送っていたため、送り先は南米であるということくらいしかわからないという[9]

藤井のベネズエラでの調査では、ボビー・マルカーノの曾祖父がフランクリーノ・トモウラという日本人ふうの名字[10]で、フランクリーノと現地女性との息子クワン・アントニオ・トモウラの写真の外見が日本人らしいこと[11]、曾祖父一家はサーカス団を率いてペルーからベネズエラへ移ってきたということはわかった[12]。クワン・アントニオ・トモウラの息子がボビー・マルカーノの実父ミゲル・マルカーノで、母の姓を名乗ったため、トモウラ姓は名乗らなかった[13]

藤井は、浦本家の男性の山田万造はサーカスをやっていてペルーからベネズエラに移ったらしいという証言[14]、ベネズエラに戦前に移民した日系人から聞いた1928年に出会ったサーカス団のリーダーがフランクリーノ・トモウラらしく日本人それも天草出身だと言った証言[15]、トモウラは浦本の変名ではないか(万造の兄=天草の男性の祖父が浦本家へ婿入りしたので、万造も一時期浦本家で生活をし、浦本の万造と呼ばれていた)[16]という推測から、フランクリーノと万造を同一人物と判断しているが、山田万造がフランクリーノ・トモウラであること、フランクリーノが日系移民であることの直接的な証拠は示されていない[17]

福本豊によると、マルカーノのルーツが日本にあるという記事が最初にスポーツ新聞に載ったのは1978年のシーズン中だった[18]。英語で話しかけた記者に対して自らのルーツを明かしたが、カラカスに住む叔母と電話して詳細を確認するので紙面に出すのはその後にしてほしいという依頼を守らず即座に記事にされたことに立腹し、以後その記者とは話さなかったという[18]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1975 阪急 124 479 460 64 137 22 6 23 240 71 5 7 0 1 14 2 4 50 14 .298 .324 .522 .845
1976 127 517 495 56 134 17 3 25 232 64 4 8 1 3 15 2 3 64 15 .271 .295 .469 .763
1977 104 417 394 52 106 21 0 21 190 67 5 3 0 2 15 2 6 57 8 .269 .305 .482 .787
1978 126 517 488 78 157 28 7 27 280 94 9 6 3 5 14 0 7 38 9 .322 .346 .574 .920
1979 127 531 502 73 150 22 5 32 278 97 9 3 0 5 17 2 7 55 13 .299 .328 .554 .881
1980 116 479 445 63 131 23 2 24 230 85 6 4 1 7 23 0 3 60 13 .294 .328 .517 .845
1981 126 489 447 51 119 19 2 13 181 67 12 8 5 3 31 2 3 30 14 .266 .316 .405 .721
1982 117 475 430 50 115 23 1 15 185 66 4 6 4 8 28 1 5 36 16 .267 .314 .430 .744
1983 ヤクルト 128 518 487 70 132 27 2 25 238 78 2 2 1 3 24 4 3 58 16 .271 .308 .489 .796
1984 123 502 466 57 140 18 2 15 207 77 4 2 1 3 28 4 4 69 13 .300 .343 .444 .788
1985 95 344 324 41 97 16 1 12 151 51 0 2 0 3 15 1 2 31 7 .299 .331 .466 .797
通算:11年 1313 5268 4938 655 1418 236 31 232 2412 817 60 51 16 43 224 20 47 548 138 .287 .322 .488 .810
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
  • 100本塁打:1979年5月12日、対西武ライオンズ前期8回戦(西武ライオンズ球場)、6回表に東尾修から左越2ラン ※史上102人目
  • 150本塁打:1980年8月30日、対近鉄バファローズ後期7回戦(阪急西宮球場)、4回裏に柳田豊からソロ  ※史上58人目
  • 1000本安打:1982年7月2日、対西武ライオンズ後期1回戦(西武ライオンズ球場)、5回表に東尾修から左中間二塁打 ※史上123人目
  • 1000試合出場:1983年5月27日、対中日ドラゴンズ6回戦(ナゴヤ球場)、5番・二塁手として先発出場 ※史上234人目
  • 200本塁打:1983年9月4日、対阪神タイガース20回戦(札幌市円山球場)、4回裏に小林繁から左越先制3ラン  ※史上42人目
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 4(1975年 - 1982年)
  • 3(1983年 - 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ “川上巨人に「最低勝率」の屈辱を味わわせた64年広島カープの4首脳”. 週刊ベースボールONLINE (ベースボール・マガジン社). (2015年4月6日). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=018-20150413-01 2017年7月26日閲覧。 
  2. ^ 「対談 上田利治×佐々木信也 昭和の名将を語る」『草創期から支え続けた147人の監督列伝 日本プロ野球、昭和の名将』、ベースボール・マガジン社、2012年、p58
  3. ^ “【追悼・上田利治さん(上)】 常勝・阪急の土台づくりの秘密とは… 監督自ら渡米し選手獲得”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月9日). オリジナル2017年7月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170725141911/http://www.sankei.com/premium/news/170709/prm1707090002-n1.html 2017年7月26日閲覧。 
  4. ^ 藤井薫『天草男児マルカーノ』、ベースボールマガジン社、1986年
  5. ^ 藤井、p.44
  6. ^ 藤井、p.33
  7. ^ 藤井、p.52
  8. ^ 藤井、p.77
  9. ^ 藤井、p.76
  10. ^ 藤井、p.247-8。ボビーの母デリラへのインタビュー。藤井は続いて「マンゾウ」という名に聞き覚えがないかと尋ねたが記憶にないという答えだった。
  11. ^ 藤井、p.237
  12. ^ 藤井、p.249
  13. ^ 藤井、p.243
  14. ^ 藤井、p.254
  15. ^ 藤井、p.277
  16. ^ 藤井、p.282
  17. ^ 藤井、p.257
  18. ^ a b 福本豊『阪急ブレーブス 光を超えた影法師』ベースボール・マガジン社、2014年、pp.148 - 150

関連項目[編集]