ボブ・エズリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボブ・エズリン
Bob Ezrin
Bob-Ezrin.jpg
2011年
基本情報
出生名 Robert Alan Ezrin
生誕 (1949-03-25) 1949年3月25日(70歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州トロント
ジャンル ロック (音楽)全般
職業 音楽プロデューサー編曲家
活動期間 1970年 - 現在
共同作業者 アリス・クーパー
KISS
ピンク・フロイド ほか多数

ボブ・エズリン(Robert Alan "Bob" Ezrin, 1949年3月25日 - )は、カナダ出身の音楽プロデューサー編曲家

主に、アリス・クーパーの作品プロデュースで知られる。以来、多くのアーティストを手掛け、数々の優れた作品を世に送り出した。

人物[編集]

2019年現在、約50年間に及ぶプロデューサーとしてのキャリアの中で、ルー・リードハノイ・ロックスロバータ・フラックピーター・ガブリエルドクター・ジョン、ニルス・ロフグレン、カンサスロッド・スチュワートベルリンナイン・インチ・ネイルズジュリアン・レノンアンドレア・ボチェッリ」など、数多くのアーティストの作品を手掛けた。特にキッスのアルバム『地獄の軍団』や、アリス・クーパーピンク・フロイドとの仕事は彼の金字塔である[1]

オーケストレーションの導入などドラマティックな作風が目立つが、その反面ワイルドでナスティなロックン・ロールの演出にも冴えを見せる。

2004年、母国の音楽賞「ジュノー賞」において、『カナダ音楽の殿堂』(Canadian Music Hall of Fame)入りし、2011年には同最優秀シングル賞を受賞。 2013年、地元トロントで功績者に贈られる「名声の歩道」に選出された。

主なプロデュース作品[編集]

アリス・クーパー[編集]

  • エイティーン - Love It To Death(1971年)
  • キラー - Killer(1971年)
  • スクールズ・アウト - School's Out(1972年)
  • ビリオン・ダラー・ベイビーズ - Billion Dollar Babies(1973年)
  • マッスル・オブ・ラヴ - Muscle of Love(1974年)
  • 悪夢へようこそ - Welcome To My Nightmare(1975年)
  • 地獄へ行く - Goes to Hell(1976年)
  • レースとウイスキー - Lace & Whiskey(1977年)
  • ライヴ!!アリス・クーパー・ショー - The Alice Cooper Show(1977年)
  • DADA - DaDa(1983年)
  • 悪夢へようこそ 第2章 - Welcome 2 My Nightmare(2011年)
  • パラノーマル〜超常現象の館〜 - Paranormal(2017年)[2]

アーティスト[編集]

(※アーティストの姓、及びバンド名の数字・五十音順に記載)

2CELLOS

  • In2ition(2013年)

アーサメイジャー

  • Ursa Major(1973年)

アーミー・オブ・エニワン

  • Army of Anyone(2006年)

エアロスミス

エスケープ・フロム・アース

  • Three Seconds East(2004年)

エロエス・デル・シレンシオ

  • Avalancha(1995年)

ピーター・ガブリエル

  • ピーター・ガブリエルI - Peter Gabriel I(1977年)

カンサス

  • イン・ザ・スピリット・オブ・シングス - In the Spirit of Things(1988年)

キッス

デヴィッド・ギルモア

ザ・キングス

  • The Kings Are Here(1980年)
  • Amazon Beach(1981年)

クーラ・シェイカー

  • ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ - Peasants, Pigs & Astronauts(1999年)

ザ・ジェイホークス

  • Smile(2000年)

ロッド・スチュワート

クリスティン・チェノウェス

  • Some Lessons Learned(2011年)

ディープ・パープル

ティム・カリー

  • Read My Lips(1978年)

ザ・テノールズ

  • Who Wants to Live Forever" from Under One Sky(2015年)
  • God Rest Ye Merry Gentlemen(2017年)

デフトーンズ

  • サタデイ・ナイト・リスト - Saturday Night Wrist(2006年)

テレフォン

  • Dure Limite(1982年)

ドクター・ジョン

  • Hallowed Be Thy Name(1975年)

VOW WOW(BOWWOW)

  • MOUNTAIN TOP(1990年)

ハノイ・ロックス

  • トゥー・ステップス・フロム・ザ・ムーヴ - Two Steps from the Move(1984年)

ハリウッド・ヴァンパイアーズ

  • Hollywood Vampires(2015年)

バルーナティック

  • My Underworld, Five Cent Beer(2003年)

ハンガイ

  • Homeland(2017年)

スティーヴ・ハンター

  • Swept Away(1978年)

ピンク・フロイド

  • ザ・ウォール - The Wall(1979年)
  • - A Momentary Lapse of Reason(1987年)
  • - The Division Bell(1994年)

フィッシュ (バンド)

  • Fuego(2014年)
  • Big Boat(2016年)

フェフェ・ドブソン

  • Joy(2010年)

フロー&エディ

  • Flo and Eddie(1973年)

ベイビーズ

  • The Babys(1977年)

ベルリン

  • 愛は吐息のように - Count Three and Play(1986年)

ボーナム

  • 無限 - The Disregard of Timekeeping(1989年)

アンドレア・ボチェッリ

  • Si(2018年)[3]

マレー・マクローチラン

  • Storm Warning(1981年)

トレヴァー・ラビン

  • キャント・ルック・アウェイ - Can't Look Away(1989年)

ジョニー・リード

  • A Christmas Gift To You(2013年)
  • What Love Is All About(2015年)

ルー・リード

U2

  • U2 at the BBC(2017年)

ジュリアン・レノン

ニルス・ロフグレン

  • Nils(1979年)

ディック・ワグナー

  • Richard Wagner(1978年)

脚注[編集]