ボブ・スリーヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボブ・スリーヴァ(Bob Sliwa, 1955年4月11日 - )は、自動車デザインブランディングの専門家として[1]、長らく日本で活動している。株式会社コボデザイン(愛知県名古屋市)、アドバンスデザインディレクター。

人物[編集]

アメリカ合衆国マサチューセッツ州生まれ[2]。1983年より日本に居住し、1984年から1988年まで、南山大学などにおいて日本語を学習した[2]。現在は日本国内外の企業にデザインとマーケット分析を提供するとともに、マスメディアへの出演・寄稿も行っている[3]。趣味は料理と自動車であり、タレント事務所に登録する外国人タレントでもある[2]。1994年から日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員[4]

著作[編集]

  • 『レクサスが一番になった理由(わけ)』(2004年、小学館
  • 『ブランドデザインが会社を救う!』(2005年、小学館)

脚注[編集]

  1. ^ ジャパン・タイムズによる人物紹介 2010年3月閲覧
  2. ^ a b c ボブ・スリーヴァ 所属するタレント事務所「イクリプス」による紹介
  3. ^ ボブ・スリーヴァ(プロフィール) レスポンス、2010年3月閲覧
  4. ^ 日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010 選考委員

関連項目[編集]