ボブ・デイズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボブ・デイズリー
Bob Daisley
出生名 Robert Daisley
生誕 (1950-02-13) 1950年2月13日(67歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ベーシスト
作詞家
作曲家
共同作業者 ウィドウメイカー
レインボー
オジー・オズボーン
ゲイリー・ムーア
公式サイト Bob Daisley.Com

ボブ・デイズリーRobert "Bob" Daisley1950年2月13日 - )は、オーストラリア出身のベーシスト。多数のハードロック関連アーティストと共演し、オジー・オズボーンとのコラボレーション以降は作詞家作曲家としてもヒット曲を手がけている。

来歴[編集]

1964年に初めてベース・ギターを手にし、モータウンを初めとするリズム・アンド・ブルースを弾きこなしてゆく。初めての本格的なレコーディングはカーバス・ジュートの『Wide Open』(1970年)。イングランドロンドンへ移住後ブルース・ベースのバンド、チキン・シャックやMungo Jerryといったグループに参加後、ブラック・サバス・スタイルのバンドウィドウメイカーに1975年加わり2枚のアルバムの制作に関与した。

レインボー[編集]

1977年7月、レインボーのマネージメントからバンド加入を打診され、アルバム『バビロンの城門』制作中にグループを離れた前任のマーク・クラークに変わって加入する。デイズリーは一部の曲でしか演奏に参加していないが、イギリスのチャートで7位になるヒットとなる。1977年1978年のバンドのツアーを行いその後バンド刷新に伴い脱退する。リッチー・ブラックモアは、ボブのソングライターとしての能力を高く評価していたという。

オジー・オズボーン[編集]

1979年、ブラック・サバスを解雇されたヴォーカリスト、オジー・オズボーンクワイエット・ライオットギタリストランディ・ローズとドラムのリー・カースレイクでブリザード・オブ・オズを結成する。ドン・アーデンのJETレコードからシングル一枚を制作した後、これ以降の活動はオジー・オズボーンのバンドとしてクレジットされている。デビュー・アルバム『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』(1980年)の制作を開始。演奏のみならず曲作りにも大きく関わっており、「アイ・ドント・ノウ」「グッバイ・トゥ・ロマンス」「クレイジー・トレイン」などのヒット作の制作に貢献する。1981年に2作目のアルバム『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』を制作後、発売前に解雇される。レコーディングには参加しているもののクレジットにはルディー・サーゾとトミー・アルドリッジの名前が記載されている。

同年、リー・カースレイクとともにユーライア・ヒープのレコーディングに参加し、在籍中にアルバム『魔界再来』(1982年)と『ヘッド・ファースト』(1983年)を制作、曲作りにも関与する。この2作は若いグラム・メタルファンに支持された。1983年のユーライア・ヒープのツアーには参加せずに再びオジー・オズボーンとの作業に入る。新しいギタリスト、ジェイク・E・リーとともにオジー・オズボーン 1983年5月29日の US Festivalにて725,000人の大観衆の前で演奏後、アルバム制作を開始し、『月に吠える』そして1985年にも作詞のみ担当した『罪と罰』に関与する。

ゲイリー・ムーアとセッション・ワーク[編集]

またオジー・オズボーンとの契約期間以外にはゲイリー・ムーアとの仕事に入る。アルバム『ヴィクティムズ・オブ・ザ・フューチャー』(1984年)のレコーディングに参加した後、その年の冬に行われたヨーロッパ・ツアーよりムーアのバック・アップ・バンドに加入し[1]、12月のムーアとフィル・ライノットとのドキュメント・フィルム『エメラルド・アイルス』に出演している。その後『ラン・フォー・カヴァー』(1985年)、『ワイルド・フロンティア』(1987年)のレコーディングとこれに伴うツアーに参加する。他にアルバム『アフター・ザ・ウォー』(1989年)に参加、ツアー後半にはゲイリー・ムーアのキャリアの成功作ともなるブルース作品『スティル・ゴット・ザ・ブルーズ』(1990年)への礎を築き、次作『アフター・アワーズ』(1992年)にもアルバム録音に参加する。ゲイリー・ムーアとの信頼関係は続いており、アルバム『パワー・オブ・ザ・ブルーズ』(2004年)にも曲作り、ベーシストとして参加をしている。

80年代末からは様々なレコーディングに参加してブラック・サバスのアルバム『エターナル・アイドル』(1987年)でもベースを演奏している。ギタリストイングヴェイ・マルムスティーンのレコーディングの他、ジェフ・スコット・ソートのタカラに参加、また元ナイト・レンジャーのジェフ・ワトソンのアルバム『ローン・レンジャー』の制作に関わり、これを切っ掛けにワトソン、カーマイン・アピスジョー・リン・ターナーらとのマザーズ・アーミーが結成された。このバンドはアルバム『マザーズ・アーミー』(1993年)を発表後マネージメントのトラブルに巻き込まれ解散している。

オジー・オズボーン(シャロン・オズボーン問題)とオーストラリア移住[編集]

1988年にオジー・オズボーンに依頼され、アルバム『ノー・レスト・フォー・ザ・ウィケッド』では作詞とベースの演奏を担当、1991年にはまたオジー・オズボーンとアルバム『ノー・モア・ティアーズ』(1991年)を制作し、これまでで最高のヒット(アルバム・チャート最高位、アメリカ7位、イギリス10位)とするものの、この時期にオジー・オズボーンのマネージメントと問題が発生しその後クレジット問題で両者の裁判問題へと発展する。

1997年オーストラリア、シドニーに居を構えブルース・バンドザ・フーチー・クーチー・メンを結成してジョン・ロードとともにアルバムを発表するなどして音楽活動を行っている。しかし、2002年にオジー・オズボーンのマネージメント側による過去の作品の再リリースに際しベース・パートおよび作詞作曲クレジットが削除された為、自ら2003年7月にオジー・オズボーン・バンドの同僚リー・カースレイクとともに当時のメンバーでもあったドン・エイリーギタリストスティーヴ・モーズを招いてオジー・オズボーン時代に作った曲を演奏するリヴィング・ラウドを結成。オジーの声質に似たシンガージミー・バーンズを加えて演奏、アルバムにするなどして著作物権利の保護の主張を行っている。シャロン・オズボーンとのこの裁判は現在も係争中ながら、あえてライブ・ツアーを現在も続行中である。

ディスコグラフィ[編集]

ウィドウメイカー[編集]

  • Widowmaker (1975)
  • Too Late To Cry (1977)

レインボー[編集]

オジー・オズボーン[編集]

ユーライア・ヒープ[編集]

  • 魔界再来 Abominog (1982)
  • ヘッド・ファースト Head First (1983)

ゲイリー・ムーア[編集]

その他[編集]

  • カーバス・ジュート - Wide Open (1970)
  • チキン・シャック - Unlucky Boy (1972)
  • マンゴ・ジェリー - Long Legged Woman Dressed In Black (1974)
  • Sean Tyla - Tyla Gang (1979)
  • ブラック・サバス - エターナル・アイドル (1987)
  • イングヴェイ・マルムスティーン - オデッセイ (1988)
  • ビル・ワード - Ward One: Along the Way (1990)
  • ジェフ・ワトソン - ローン・レンジャー (1992)
  • ジェフ・ワトソン - ラウンド・ザ・サン (1993)
  • マザーズ・アーミー - マザーズ・アーミー (1993)
  • カーマイン・アピス - ギター・ゼウス (1995)
  • タカラ - テイスト・オブ・ヘブン (1995)
  • ウォーレン・デ・マルティーニ - コンステレイションズ (1997)
  • マザーズ・アーミー - プラネット・アース (1997)
  • マザーズ・アーミー - ファイヤー・オン・ザ・ムーン (1998)
  • タカラ - ブラインド・イン・パラダイス (1998)
  • Stream - Nothing Is Sacred (1998)
  • ザ・フーチー・クーチー・メン - ザ・フーチー・クーチー・メン (2001)
  • ジョン・ロード・ウィズ・ザ・フーチー・クーチー・メン - ライヴ・アット・ザ・ベースメント (2003)
  • Silver - Intruder (2003)
  • Voodooland - Give Me Air (2004)
  • リヴィング・ラウド - Living Loud (2004)
  • カール・コクラン - Voodooland (2004)
  • リヴィング・ラウド - Live in Sydney 2004 (2005)

脚注[編集]

  1. ^ Biography | Bob Daisley - 2014年3月1日閲覧