ボリス・イェシポフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボリス・ペトローヴィチ・イェシポフロシア語: Борис Петрович Есипов, ラテン文字転写: Boris Petrovich Esipov 1894年 5月14日(ユリウス暦5月2日)- 1967年 2月20日)は、旧ロシアソビエト連邦教育学者。ウドムルティア出身。専門は、教授学。1920年代にグースの教育学部に所属。グース・プログラムの解説者として活躍。1943年教育科学アカデミヤ創設より教育学理論=歴史研究所に転属。一時期所長となる。 [1][2]

論文[編集]

  • 「小学校の教授過程における思考の教育」(1946年)
  • 「教授過程における生徒の自主的な作業」(1958年)(邦訳、海老原遥訳、明治図書出版『ソビエト教育科学』第3号1962年、第13号1964年)
  • 「効果的授業にするためのみち」(1962年)(邦訳、星野喜久三訳、明治図書出版『ソビエト教育科学』第8号1963年)

著書[編集]

  • 『教育学』(ゴンチャロフと共著、再編5版1939年-1950年)
  • 『師範学校用教科書 小学校の授業』(1944年)
  • 『教授学』(ダニロフと共著、1957年)(邦訳、矢川徳光訳、明治図書出版、1959年)
  • 『教授学原論』(編著、1967年)[3]

脚注[編集]

  1. ^ ソビエト教育科学アカデミヤ版『ソビエト教育科学辞典』明治図書出版、1963年、p.630
  2. ^ ダニロフ、イェシポフ共著『教授学』明治図書出版、1959年
  3. ^ 柴田義松著『21世紀を拓く教授学』明治図書出版、2001年