ボリス・スチュルメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボリス・スチュルメル

ボリス・ウラジーミロヴィチ・スチュルメルロシア語: Борис Владимирович Штюрмер, Boris Vladimirovič Štjurmer (Stürmer), 1848年7月27日 - 1917年9月9日)は、帝政ロシア政治家シテュルメルシチュルメルとも。

ニコライ2世時代の首相(在任:1916年2月2日 - 11月23日)。ラスプーチンのシンパの1人であったことから、イワン・ゴレムイキンの後任として、アレクサンドラ皇后とラスプーチンの推挙により、首相の地位に就いた。同年3月に内相、5月に外相を兼摂した。

11月国会(ドゥーマ)から総辞職を求められ同意、退陣した。1917年2月ロシア革命後、臨時政府によって逮捕されてペトロパヴロフスク要塞に収監され、同年9月9日に持病の尿毒症が悪化してクレスティ監獄英語版で獄死した。

先代:
イワン・ゴレムイキン
ロシアの首相
1916年2月2日 - 1916年11月23日
次代:
アレクサンドル・トレポフ
先代:
セルゲイ・サゾーノフ
ロシア外務大臣
1916年
次代:
ニコライ・ポクロフスキー

</noinclude>