ボリス・バルネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Boris Barnet
ボリス・バルネット
本名 ボリス・ヴァシリェヴィッチ・バルニェット
Борис Васильевич Барнет
生年月日 (1902-06-18) 1902年6月18日
没年月日 (1965-01-08) 1965年1月8日(62歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Latvian SSR.svg ラトビア・ソビエト社会主義共和国リガ
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1924年 - 1963年
活動内容 1924年 映画に出演
1927年 監督デビュー
配偶者 アラ・カザンスカヤ
著名な家族 オルガ・バルネット
主な作品
『帽子箱を持った少女』
国境の町
『諜報員』

ボリス・バルネットBoris Vasilyevich Barnet, ロシア語 Борис Васильевич Барнет, 1902年6月18日 - 1965年1月8日)は、ソビエト連邦(現在のロシア)の映画監督脚本家俳優である。

人物・来歴[編集]

ロシア帝国(現在のロシア)のモスクワボリス・ヴァシリェヴィッチ・バルニェットとして生まれる。

モスクワ美術大学の学生となり、16歳となった1918年ころ、赤軍に加盟し、専門的にボクシングを身に着けた。1924年、レフ・クレショフが監督した『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』に出演した。1927年には、フョードル・オツェプの共同監督として、『ミス・メンド』を初めて監督した。同年、『帽子箱を持った少女』を単独で監督した。

1963年に発表された『ちいさな駅』が最後の監督作となった。その後は沈黙し、アルコール中毒となった。

1965年1月8日、ソビエト連邦(現在のラトビア)のリガで自殺した。満62歳没。父ボリスの没後、娘のオルガ・バルネット はモスクワ芸術座の女優となった。

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]