ボリス・ポノマリョフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボリス・ポノマリョフ
Бори́с Никола́евич Пономарёв
Boris Ponomarev.jpg
生年月日 1905年1月17日[1]
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ザライスク[1]
没年月日 (1995-12-21) 1995年12月21日(90歳没)[1]
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
出身校 モスクワ大学[2]
赤色教授学院ロシア語版[2]
所属政党 ソビエト連邦共産党
テンプレートを表示

ボリス・ニコライエヴィチ・ポノマリョフロシア語: Бори́с Никола́евич Пономарёв1905年1月17日 - 1995年12月21日)は、ソビエト連邦政治家[2]歴史家理論家である。国際共産主義運動ソビエト連邦共産党史の分野で大きな役割を果たした[2]

経歴[編集]

ザライスク生まれ[2]1919年ソビエト連邦共産党入党[2]1920年コムソモールで活動[1]1926年モスクワ大学卒業[2]1932年赤色教授学院ロシア語版卒業[2]1934年-1936年モスクワ州党委員会付属歴史研究所所長[1]1937年コミンテルン執行委員会で活動[1]マルクス=レーニン主義研究所所長代理[1]ソビエト連邦閣僚会議付属情報部長[1]1955年ソビエト連邦共産党中央委員会国際部長[2]1956年党中央委員[1]などを歴任し、1961年党書記に就任[2]1962年ソ連科学アカデミー会員[1]1972年5月ソ連共産党政治局員候補となった[1]1986年、引退し年金生活に入った[1][2]

著作[編集]

単著[編集]

  • プログレス出版所訳『レーニンと世界の革命 : 著作集』(プログレス社会政治新書)駿台社、1980年
  • 国際関係研究所訳『世界共産主義運動の今日的諸問題 : 1979-1981年論文集』協同産業出版部、1981年
  • 人見淳訳『今日の共産主義 : 世界の変革運動とソ連の立場』サイマル出版会、1984年

編著[編集]

  • 早川徹訳『ソヴェト連邦共産党史』上・下巻、読売新聞社、1971年-1972年

脚注[編集]

[ヘルプ]