ボルトオンターボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ボルトオンターボとは、自動車メーカーから出荷された状態では自然吸気(NA)仕様である自動車に後からターボチャージャーを追加する事、あるいは追加する為のキットのことを言う。なお、同様にボルトオンスーパーチャージャーも存在する。

概要[編集]

ボルトオンターボのキットは、HKSGReddyTRUST)等から発売されているが、設定されている車種は限られている。これらのような全国区のパーツメーカー以外からも、個人経営レベルのチューンショップ等(特定の車種に特化した所が多い)が用意している事もある。

例外的なところでは、トヨタ自動車が、ヴィッツ(初代)・RS用のボルトオンターボキットをTECS(トヨタ特装車メーカー。本来はダイナハイエースの特装車を扱っている)から発売、装着済みの車両も販売していたことがあった。これは、販売するのは実車の新車ディーラーだが、あくまで改造扱いの為ボルトオンターボの一種である。

キットの設定されていない車種の場合でも、エンジンルームに余裕のある車種なら、比較的容易に装着できるが、各シリンダーの排気ポートから集合管までの長さをそろえた「等長マニホールド」を一品で製造することになる為、キットに比べて高額であることが多い。

また、ターボを標準で装着しているスポーツカーのような高圧過給を行うには圧縮比を調整(低減)しなければならない為、大抵は小型タービンを使った、吸気改善といった程度のものである。タービンもウェイストゲートを内蔵したアクチュエーター式が一般的である。しかしながら、それでも標準の状態から1.5~2.5倍程度の出力向上となる。

関連項目[編集]