ボルトン・ワンダラーズFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ボルトン・ワンダラーズFC
原語表記 Bolton Wanderers Football Club
愛称 The Trotters, The Wanderers, The Whites, The White men, White Army, Superwhites, Superwhite Army
クラブカラー 白と青
創設年 1874年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン EFLリーグ2
ホームタウン ボルトン
ホームスタジアム ユニバーシティ・オブ・ボルトン・スタジアム
収容人数 28,723[1]
代表者 Football Ventures (Whites) Ltd[2][3]
監督 イングランドの旗 キース・ヒル[4]
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

ボルトン・ワンダラーズ・フットボール・クラブBolton Wanderers Football Club ([ˈbltən] ( 音声ファイル)))は、イングランドグレーター・マンチェスター州ボルトンを本拠地とするサッカークラブチームである。2020-21シーズンはEFLリーグ2(4部相当)に所属。

2015年以降、クラブは深刻な財政難に陥り、EFLからの追放の危機を迎えたが、2019年8月28日にFootball Ventures (Whites) Limitedがクラブを買収し、問題を回避した[2][3]

歴史[編集]

リーボック・スタジアム

1874年教会のクラブ、クライストチャーチFC(Christ Church FC)という名称として設立。ホームグラウンドが無く3つの場所を転々としていたため、1877年に改名する際ボルトン・ワンダラーズ(ボルトンのさまよう人々)とした[5]1888年に始まった、世界最古のサッカーリーグ、フットボールリーグに最初から参加した12クラブのうちの一つである[5]1923年ウェンブリー・スタジアムに移って初めてのFAカップを制覇した[5]

1987年には4部リーグまで陥落したが、リーボックのスポンサーを受けて昇格。1990年代にプレミアリーグに昇格し、2部に落ちた時期もあるが2001年から2012年までプレミアにとどまった[5]

2005年来日。ヴィッセル神戸川崎フロンターレと親善試合を行ったが、中田英寿獲得前で、日本人選手やビッグネームがいなかった事も響いてか、観客数は他の欧州クラブの試合と比較すると低調に終わった(神戸戦はサッカー中継のほとんどしないサンテレビが中継している)。来日前、稲本潤一三都主アレサンドロ獲得に向けて動いたと一部報道もあったが、結局獲得には至らなかった。

2011-12シーズンは開幕戦こそ勝利したもののその後5連敗を喫し、僅か1ヶ月で首位から降格圏に転落。2012年5月13日、アウェーでの最終節でストーク・シティと2-2で引き分け、同じく降格を争っていたクイーンズ・パーク・レンジャーズに勝ち点1及ばず、18位でチャンピオンシップ(2部相当)への降格が決まった[6]

2012-13シーズンはリーグカップでは、初戦の2回戦でクローリー・タウンに1-2で敗れ、リーグ戦でも開幕10試合で3勝しかできず、16位に低迷し、2012年10月9日、オーウェン・コイル監督を解任[7]クリスタル・パレスの監督だったダギー・フリードマンが就任した。最終的にレスター・シティに得失点差で及ばず、7位でプレーオフ進出を逃した。

2014-15シーズンは開幕10試合で1勝しかできず、2014年10月3日、双方の合意により、フリードマンはクラブを退団した[8]

2015-16シーズンは財政難のため満足な補強もできず[9]、2016年2月にクラブOBであるディーン・ホールズワース率いるスポーツ・シールド・コンソーシアムに買収されることが発表された[10]。しかしその後も成績は好転せず、結局フットボールリーグ・チャンピオンシップで最下位となり、1993年以来初めてフットボールリーグ1(3部相当)への降格が決まった[11]

2019年5月、破産を申請。これにより2019-20シーズンは勝ち点-12のペナルティが科せられた[12]EFLからは8月27日17時までにクラブの売却が完了、あるいは期限を延長する正当な理由が提示されない場合、リーグから追放すると通達された。結局期限までに売却交渉はまとまらなかったが、現在交渉中であるとして14日間の猶予が与えられた[13]。8月29日、Football Ventures(Whites)Limitedへの売却が完了した[2][3]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • FAカップ : 4回FA Cup.pngFA Cup.pngFA Cup.pngFA Cup.png
    1922-1923, 1925-1926, 1928-1929, 1957–58

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン FAカップ リーグカップ 欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
1974-75 ディビジョン2 42 15 12 15 45 41 42 10位 3回戦敗退 2回戦敗退 ヒュー・クラン 11
1975-76 ディビジョン2 42 20 12 10 64 38 52 4位 5回戦敗退 2回戦敗退 ギャリー・ジョーンズ
ニール・ワットモア
13
1976-77 ディビジョン2 42 20 11 11 75 54 51 4位 3回戦敗退 準決勝敗退 ニール・ワットモア 31
1977-78 ディビジョン2 42 24 10 8 63 33 58 1位 3回戦敗退 3回戦敗退 ニール・ワットモア 21
1978-79 ディビジョン1 42 12 11 19 54 75 35 17位 3回戦敗退 3回戦敗退 フランク・ワーシントン 26
1979-80 ディビジョン1 42 5 15 22 38 73 25 22位 5回戦敗退 2回戦敗退 ニール・ワットモア 31
1980-81 ディビジョン2 42 14 10 18 61 66 38 18位 3回戦敗退 2回戦敗退 ニール・ワットモア 21
1981-82 ディビジョン2 42 13 7 22 39 61 46 19位 4回戦敗退 1回戦敗退 クリス・トンプソン 14
1982-83 ディビジョン2 42 11 11 20 42 61 44 22位 3回戦敗退 2回戦敗退 トニー・ヘンリー 11
1983-84 ディビジョン3 46 18 10 18 56 60 64 10位 3回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション1回戦敗退 トニー・コールドウェル 23
1984-85 ディビジョン3 46 16 6 24 69 75 54 17位 1回戦敗退 3回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション準決勝敗退 トニー・コールドウェル 22
1985-86 ディビジョン3 46 15 8 23 54 68 53 18位 1回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー 準優勝 トニー・コールドウェル 16
1986-87 ディビジョン3 46 10 15 21 46 58 45 21位 3回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション準々決勝敗退 トニー・コールドウェル 17
1987-88 ディビジョン4 46 22 12 12 66 42 78 3位 3回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション1回戦敗退 ジョン・トーマス 28
1988-89 ディビジョン3 46 16 16 14 58 54 64 10位 2回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 優勝 トレヴァー・モーガン
スティーヴ・トンプソン
11
1989-90 ディビジョン3 46 18 15 13 59 48 69 6位 1回戦敗退 3回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション準決勝敗退 トニー・フィリスカーク 25
1990-91 ディビジョン3 46 24 11 11 64 50 83 4位 4回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー 北セクショングループステージ敗退 トニー・フィリスカーク 28
1991-92 ディビジョン3 46 14 17 15 57 56 59 13位 5回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション1回戦敗退 トニー・フィリスカーク 19
1992-93 ディビジョン2 46 27 9 10 80 41 90 2位 5回戦敗退 2回戦敗退 EFLトロフィー 北セクション準々決勝敗退 アンディ・ウォーカー 33
1993-94 ディビジョン1 46 15 14 17 63 64 59 14位 準々決勝敗退 2回戦敗退 ジョン・マッギンレー 33
1994-95 ディビジョン1 46 21 14 11 67 45 77 3位 3回戦敗退 準優勝 ジョン・マッギンレー 22
1995-96 プレミア 38 8 5 25 39 71 29 20位 4回戦敗退 4回戦敗退 ジョン・マッギンレー 9
1996-97 ディビジョン1 46 28 14 4 100 53 98 1位 4回戦敗退 準々決勝敗退 ジョン・マッギンレー 30
1997-98 プレミア 38 9 13 16 41 61 40 18位 3回戦敗退 4回戦敗退 ネイサン・ブレイク 14
1998-99 ディビジョン1 46 20 16 10 78 59 76 6位 3回戦敗退 4回戦敗退 ボブ・テイラー 18
1999-00 ディビジョン1 46 21 13 12 69 50 76 6位 準決勝敗退 準決勝敗退 エイドゥル・グジョンセン 22
2000-01 ディビジョン1 46 24 15 7 76 45 87 3位 5回戦敗退 1回戦敗退 マイケル・リケッツ 24
2001-02 プレミア 38 9 13 16 44 62 40 16位 4回戦敗退 準々決勝敗退 マイケル・リケッツ 15
2002-03 プレミア 38 10 14 14 41 51 44 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 ユーリ・ジョルカエフ
オーガスティン・オコチャ
ヘンリク・ペデルセン
マイケル・リケッツ
7
2003-04 プレミア 38 14 11 13 48 56 53 8位 3回戦敗退 準優勝 ケヴィン・ノーラン 12
2004-05 プレミア 38 16 10 12 49 44 58 6位 準々決勝敗退 3回戦敗退 ケヴィン・デイヴィス
エル=ハッジ・ディウフ
9
2005-06 プレミア 38 15 11 12 49 41 56 8位 5回戦敗退 準々決勝敗退 UEFAカップ ベスト32 ステリオス・ギアンナコプーロス 12
2006-07 プレミア 38 16 8 14 47 52 56 7位 4回戦敗退 3回戦敗退 ニコラ・アネルカ 12
2007-08 プレミア 38 9 10 19 36 54 37 16位 3回戦敗退 4回戦敗退 UEFAカップ ベスト16 ニコラ・アネルカ 11
2008-09 プレミア 38 11 8 19 41 53 41 13位 3回戦敗退 2回戦敗退 ケヴィン・デイヴィス 12
2009-10 プレミア 38 10 9 19 40 66 36 14位 5回戦敗退 4回戦敗退 ケヴィン・デイヴィス 9
2010-11 プレミア 38 12 10 16 52 56 46 14位 準決勝敗退 3回戦敗退 ヨハン・エルマンデル 12
2011-12 プレミア 38 10 6 22 46 77 36 18位 準々決勝敗退 4回戦敗退 イヴァン・クラスニッチ 9
2012-13 チャンピオンシップ 46 18 14 14 69 61 68 7位 3回戦敗退 1回戦敗退 クリス・イーグルス 12
2013-14 チャンピオンシップ 46 14 17 15 59 60 59 14位 4回戦敗退 2回戦敗退 ジャーメイン・ベックフォード
アンドレ・モリツ
ルーカス・ユトキエヴィッツ
7
2014-15 チャンピオンシップ 46 13 12 21 54 67 51 18位 4回戦敗退 3回戦敗退 アダム・ル・フォンドル 8
2015-16 チャンピオンシップ 46 5 15 26 41 81 30 24位 4回戦敗退 1回戦敗退 ザック・クラフ 7
2016-17 リーグ1 46 25 11 10 68 36 86 2位 3回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー GS敗退 ジョシュ・ヴェラ 10
2017-18 チャンピオンシップ 46 10 13 23 39 74 43 21位 3回戦敗退 3回戦敗退 ゲイリー・マディーン 10
2018-19 チャンピオンシップ 46 8 8 30 29 78 32 23位 4回戦敗退 1回戦敗退 ジョシュ・マゲニス 7
2019-20 リーグ1 34 5 11 18 27 66 14[14] 23位 1回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 2回戦敗退 ダリル・マーフィー 8

現所属メンバー[編集]

2019年10月11日現在[15]
No. Pos. 選手名
1 イングランドの旗 GK ベン・アニック
2 イングランドの旗 DF ジョシュア・エマニュエル
3 イングランドの旗 DF ジョー・バニー
4 イングランドの旗 MF ジェイソン・ロウ
5 イングランドの旗 DF ジャック・ホッブス
6 イングランドの旗 DF ジェイク・ライト
7 イングランドの旗 MF ウィル・バックリー
8 イングランドの旗 MF ルーク・マーフィー
9 アイルランドの旗 FW ダリル・マーフィー
10 イングランドの旗 FW クリス・オグレイディ
11 スコットランドの旗 MF アリスター・クロフォード
12 ジンバブエの旗 DF アダム・チックセン
14 イングランドの旗 MF ジェームス・ウィアー
17 ベルギーの旗 MF ティボー・フェルリンデン
20 イングランドの旗 GK レミ・マシューズ
21 イングランドの旗 DF ハリー・ブロックバンク
22 ルーマニアの旗 MF デニス・ポリティック
23 ガーナの旗 FW ジョー・ドードー
24 イングランドの旗 FW コナー・ホール
26 イングランドの旗 DF リアム・エドワーズ
No. Pos. 選手名
27 イングランドの旗 FW ロナン・ダーシー
28 スコットランドの旗 MF リアム・ブリッドカット (Captain sports.svg)
30 フランスの旗 DF ヨアン・ズマ
31 イングランドの旗 DF ジョーダン・ブーン
32 イングランドの旗 DF ジョシュア・アール
33 イングランドの旗 FW エディ・ブラウン
34 イングランドの旗 DF アダム・シニア
35 イングランドの旗 MF ソニー・グラハム
36 ウェールズの旗 MF カラム・キング=ハームズ
37 イングランドの旗 MF フィンレイ・ハーフォード=ロケット
38 イングランドの旗 DF ジョー・ホワイト
39 イングランドの旗 MF デマリオ・ブラウン=スターリング
40 イングランドの旗 DF マイルズ・エドモンドソン
41 イングランドの旗 DF デニール・リチャーズ
42 イングランドの旗 MF クワメ・オシグウェ
44 イングランドの旗 MF リーガン・ライリー
45 イングランドの旗 DF ネイサン・ウォーリー
46 イングランドの旗 GK ルーク・ハッチンソン
47 イングランドの旗 MF ジェイ・フィッツマーティン
監督
  • イングランドの旗 キース・ヒル

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
6 イングランドの旗 DF ジェイク・ライト (シェフィールド・ユナイテッド)
17 ベルギーの旗 MF ティボー・フェルリンデン (ストーク・シティ)
No. Pos. 選手名
28 スコットランドの旗 MF リアム・ブリッドカット (ノッティンガム・フォレスト)
32 イングランドの旗 DF ジョシュア・アール (プレストン・ノースエンド)
out
No. Pos. 選手名
No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]

  • イングランドの旗 サム・アラダイス 1999-2007.5
  • イングランドの旗 サミー・リー 2007.5-2007.10
  • イングランドの旗 ギャリー・メグソン 2007.10-2010.1
  • スコットランドの旗 オーウェン・コイル 2010.1-2012.10
  • イングランドの旗 ジミー・フィリップス(暫定)2012.10
  • スコットランドの旗 ダギー・フリードマン 2012.10-2014.10
  • 北アイルランドの旗 ニール・レノン 2014.10-2016.3
  • イングランドの旗 フィル・パーキンソン 2016.6-2019.8
  • イングランドの旗 キース・ヒル 2019.9-

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

エンブレム[編集]

ユニフォームの1888年以来。エンブレム1923年から使い始め、最初はボルトンの市章を簡略にしたランカシャーバラのモチーフだった。1951年から紺色の文字のBWが加わった。その後一時エンブレムを用いない期間もあったが、1975年からいBWFCの4字を丸くあしらう現在に近いエンブレムを使い始めた。2001年のプレミアリーグ再昇格を期に、4文字が紺色になり、その下に赤と紺のリボンを配するデザインとなった。リボンは2000年FAカップ準決勝に向かうサポーターの歓喜を表すと公式に説明されたが、スポンサーのリーボックに配慮したとの説もある[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Complete Handbook HI RES.pdf (PDF)”. 2010年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c David Rubin & Partners, Administrators For Bolton Wanderers”. Bolton Wanderers FC. BWFC. 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ a b c “Bolton Wanderers: Football Ventures completes takeover to save League One club”. BBC Sport (BBC). (2019年8月28日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/48906359 2019年8月28日閲覧。 
  4. ^ Hill appointed as Wanderers manager”. ボルトン・ワンダラーズFC (2019年8月31日). 2019年9月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e エンブレムの世界 ボルトン『サッカーマガジン』2012年2月28日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23884-2/28, 055頁。
  6. ^ Wilson, Paul (2012年5月13日). “Bolton are relegated after Jon Walters secures draw for Stoke”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2012/may/13/stoke-city-bolton-wanderers-premier-league 2019年3月11日閲覧。 
  7. ^ Owen Coyle is sacked by Bolton Wanderers”. BBC Sport. 2012年10月9日閲覧。
  8. ^ Dougie Freedman: Bolton Wanderers manager leaves club, BBC Sport
  9. ^ 中田英寿の古巣ボルトンが絶体絶命の大ピンチ! - 2015年12月11日 日刊スポーツ
  10. ^ 中田氏ら古巣のボルトン、経営危機から買収に合意 - 2016年2月23日サンケイスポーツ
  11. ^ 中田英や宮市が所属したボルトン、3部降格が決定 - 2016年4月10日 Qoly
  12. ^ 中田英寿も在籍したボルトンが破産申請…来季は「勝ち点-12」からのスタートに”. サッカーキング (2019年5月14日). 2019年8月30日閲覧。
  13. ^ 存続危機のボルトンに14日間の猶予…ベリーは125年在籍のEFLから追放”. サッカーキング (2019年8月28日). 2019年8月30日閲覧。
  14. ^ 破産申請により勝ち点12が剥奪
  15. ^ First Team”. ボルトン・ワンダラーズFC. 2019年10月11日閲覧。
公式
ニュース
その他