ボレイ級原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Project955 Borey Dmitry Medvedev near Yury Dolgorukiy submarine.jpg
経歴 Russian naval ensign
形式 原子力弾道ミサイル潜水艦
計画番号 Project955
ロシア名 Borey
NATO名 Borey
米国名 Borey
諸元
全長 170m
全幅 21m
全高
吃水 9.4m
推進機関 OK-650B加圧水型原子炉(PWR)200MW×2基
蒸気タービン×1基
ディーゼル発電機×2基2.5MW
モーター4.1MW
乗員 107-140 (うち士官55名)
速力 水上:15kt(ノット)
水中:26-29kt(ノット)
最大潜航深度 380-450m
作戦可能日数 100日
武装: 3M14ブラヴァー(トーポリM改造型)SLBM発射筒×16基
SS-N-16 ヴォドパート対潜ミサイル
533mm魚雷発射管×6門
Project955 ボレイ型原子力潜水艦

ボレイ級原子力潜水艦( - きゅうげんしりょくせんすいかん)はロシア海軍の第955号計画(プロジェクト955)弾道ミサイル原子力潜水艦。「ボレイ(Borey)」は、この第955号計画に付けられたニックネームであるが、一般に西側でも本型を指す名称として用いられている。1番艦の名を採って「ユーリー・ドルゴルキィ級」と呼ばれるケースは極めて少ない。この辺は、同じ第4世代原潜である第885号「ヤーセン」計画艦・通称「セヴェロドヴィンスク級」とは逆のパターンとなっているので、注意を要する。

概要

ボレイ級はロシアの第4世代の新型戦略原潜で、従来の戦略原潜の2~3倍の能力を持つと言われている。設計はタイフーン級ではなくデルタIV級のものを受け継いでいるが、搭載弾道ミサイルは、667BDRM(デルタIV)の16基から、12基に減少している(ただし、2番艦以降は16基の弾道ミサイルを搭載する)。

当初はSS-N-20の後継の固体燃料ロケットエンジン使用のSS-NX-28 (ロシア名 RSM-52V/R-39M バルク(Bark)/グロム(Grom)潜水艦発射弾道ミサイルを搭載する予定だったが、そのバルクが3回連続で試射に失敗し開発が中止。急遽SS-27 トーポリMの艦載型3M14ブラヴァー(SS-NX-30)を開発して搭載する事となった。そのためバルクの搭載を前提に設計され、既に建造に着手されていたボレイ級は再設計された。

新たに搭載されるブラヴァーは、941(タイフーン)型戦略原潜ドミトリー・ドンスコイを改造してテストが行われ、2005年9月末、ようやく発射実験に成功、バレンツ海から発射されたミサイルは、カムチャツカ半島沖に着弾した。これによって、ブラワの実用化にも目処が付き、本型の最大の懸案事項であった搭載ミサイルの実用化の問題は解決され、一時は西側観測筋から建造中止の可能性が囁かれていた本型の就役も現実味を帯びてきた(ただし、その後の2006年に行われた発射テストは失敗に終わっている)。

ボレイ級とセヴェロドヴィンスク級は部品を共有しているとの話もある。しかし、詳細な仕様は不明な点が多い。

2007年4月15日、ロシア北部にあるセヴマシュ(セヴェロドヴィンスク造船所)で、1番艦ユーリイ・ドルゴルーキイが進水した。進水の予定は3月18日、インテルファクス通信にセヴマシュ関係者から伝えられており、進水記念式典の模様はメディアで報道された。同艦は、各種テストを行った後、2009年末にロシア海軍に引き渡される予定となっている。

ロシア国防省の発表によると、海軍は同型艦を2017年までに8隻調達する事を計画しているという。

進水記念式典でユーリイ・ドルゴルーキイが初公開されたが、その姿は、それまでの予想図、予想模型とは全く違う形であった。同艦の艦尾は白い布で覆われていたが、その形状から、シュラウドリング付きポンプジェット推進方式を採用していると見られる。

進水後のユーリイ・ドルゴルーキイは、アーチ状屋根付きの浮きドックで最終艤装が行われており、衛星でも詳しく見る事が出来ないようになっている。

なお2007年8月、『世界の艦船』などから、ボレイ級1番艦ユーリイ・ドルゴルーキイが就役後、太平洋艦隊に配備されるという情報が流布されたが、同艦初代艦長コンスタンチン・ミトキンは、ロシア新聞『ロシースカヤ・ガゼータ』とのインタビューの中で、こう発言している。

  • ロシースカヤ・ガゼータ:モスクワ市が、あなたの艦を後援するそうですね。どのような援助を期待されますか?
  • ミトキン:近い将来、ユーリー・ドルゴルキィが到着するガジェーヴォの乗組員家族用アパートの修理及び改善を実施する為の援助をして頂ける事が最も重要です。

このように、艦長自身が、ユーリー・ドルゴルキィの北方艦隊原潜基地ガジェーヴォへの配備を明言している事からも、同艦が太平洋艦隊に配備される可能性は無い。

同型艦

955型2隻(起工順)
艦番号 名称 造船所 起工年 進水年 就役年
- ユーリイ・ドルゴルーキイ 402 セヴマシ 1996/10/25 2007/4/15 2009年予定
- アレクサンドル・ネフスキー 402 セヴマシ 2004/3/19 - 2009年予定
- ウラジーミル・モノマーフ 402 セヴマシ 2006/3/19 - 2011年予定
- ニコライ・チュドトヴォーレッツ 402 セヴマシ 2010(予定) - 未定
セヴマシ(ПО "Севмаш")
セヴマシとはロシア連邦国営単一企業「製造会社セヴマシ」の事である。セヴェロドヴィンスク第402造船所ともいう。アルハンゲリスク北方に位置する。6万トン級の戦艦も建造できる大型ドックを有しており、1933年に操業開始した。1950年代中期以降は、もっぱら原子力潜水艦を専門に建造しており、タイフーン級を初めとするSSBN(弾道ミサイル搭載原子力潜水艦)やオスカーII級など多数の原子力潜水艦を建造した。
近年では、インドに引き渡された空母「ヴィクラマーディティヤ」(改キエフ級VTOL空母アドミラル・ゴルシコフ』)の改造工事も請け負っている。民間の船舶も多数建造し、油井やガス井探査用のプラットフォーム、大型汽船、商業用船舶、小型船、精糖設備、高級家具、純水装置なども製造している。

今日は何の日(9月15日

もっと見る