ボレルの不動点定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

数学において、ボレルの不動点定理(ボレルのふどうてんていり、: Borel fixed-point theorem)とは、リー=コルチンの定理英語版の一般化である代数幾何学における不動点定理である。Armand Borel (1956) によって証明された。

定理の内容[編集]

G代数的閉体 k 上の空でない完備英語版代数多様体 V について正則に作用する連結可解代数群であるなら、VG 不動点が存在する。

参考文献[編集]