ボロト・ブカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ボロト・ブカモンゴル語: Bolot Buqa,中国語: 孛羅不花, ? - ?)は、モンゴル帝国の皇族で、鎮南王トガンの孫。『元史』などの漢文史料では孛羅不花(bóluōbùhuā)と記される。

概要[編集]

テムル・ブカの父トガンに与えられた「鎮南王」位は初め長男のラオジャンが承襲し、その死後次男のトク・ブカが承襲していた。しかしそのトク・ブカもまた早世し、その息子ボロト・ブカはまだ幼かったため、1326年(泰定3年)にテムル・ブカが鎮南王位を承襲することとなった[1]1329年(天暦2年)、天暦の内乱を経て即位したジャヤート・カーンに対し、テムル・ブカは既に甥のボロト・ブカが成長したため、自身の鎮南王位を譲りたいと申し出た[2][3]。ジャヤート・カーンはテムル・ブカの申し出を受け容れてボロト・ブカを新たに鎮南王に封じ[4]、ボロト・ブカはテムル・ブカに代わって揚州を鎮守することになった[5]

ジャヤート・カーンの死後、リンチェンパルの短い即位を経てウカート・カーン(順帝トゴン・テムル)が即位すると、1334年(元統2年)にボロト・ブカは朝廷を訪れた[6]。この頃、大元ウルスでは紅巾の乱が広まりつつあり、ボロト・ブカは叔父のテムル・ブカやコンチェク・ブカらとともに叛乱鎮圧にかり出されることになった。1347年(至正7年)には集慶路の盗賊の討伐を行い[7]、その2カ月後には叔父のコンチェク・ブカとともに湖広行省江西行省の叛乱軍を鎮圧した[8]1352年(至正12年)には、これら叛乱鎮圧の功績により鈔1万錠を与えられた[9]

1355年(至正15年)、上都に駐蹕するウカート・カーンの下から宣命・印信・牌面がもたらされた[10]。翌1356年(至正16年)、それまでの叛乱軍との戦いの功績を評価されて鈔1万錠を与えられた[11]。これ以後ボロト・ブカが史料上に現れることはなく、その晩年については不明である。

ダイシンヌ(息子)[編集]

ボロト・ブカにはダイシンヌという息子がおり、信州に駐屯して大元ウルスに対して叛乱を起こした陳友諒と戦いを繰り広げていた。1358年(至正18年)2月、王奉国率いる大軍を派遣して信州を攻撃し、ダイシンヌらは危機に陥った。翌1359年(至正19年)正月、ウイグル人将軍バヤン・ブカ・テギンが王奉国らの軍勢を破って敗走させ、ダイシンヌらは急ぎ門を開いてバヤン・ブカ・テギンを出迎えた。

しかし、僅か数カ月後に陳友諒は再び大軍を繰り出し、ダイシンヌとバヤン・ブカ・テギンらは抗戦したものの、士卒は籠城戦に疲れ切ってしまった。その後、万人隊長(万戸)の顧馬児が叛乱を起こしたことを切っ掛けに城は陥落し、ダイシンヌは戦死した[12]

鎮南王家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻30泰定帝本紀2,「[泰定三年十一月]戊午……封諸王鉄木児不花為鎮南王、鎮揚州」
  2. ^ 『元史』巻33文宗本紀2,「[天暦二年冬十二月]乙未、改封前鎮南王帖木児不花為宣譲王。初、鎮南王脱不花薨、子孛羅不花幼、命帖木児不花襲其爵。孛羅不花既長、帖木児不花請以王爵帰之、乃特封宣譲王、以示褒寵」
  3. ^ 『元史』巻117列伝4帖木児不花伝,「脱歓薨、子老章襲封鎮南王。老章薨、弟脱不花襲封鎮南王。脱不花薨、子孛羅不花幼、帖木児不花乃嗣為鎮南王。……[天暦]二年、孛羅不花已長、帖木児不花請以其位復還孛羅不花」
  4. ^ 『元史』巻33文宗本紀2,「[天暦二年夏四月]丙午、封孛羅不花為鎮南王」
  5. ^ 『元史』巻33文宗本紀2,「[天暦二年冬十月]丙戌……遣鎮南王孛羅不花還鎮揚州」
  6. ^ 『元史』巻38順帝本紀1,「[元統二年十一月]是月、鎮南王孛羅不花来朝」
  7. ^ 『元史』巻41順帝本紀4,「[至正七年九月]甲子、集慶路盗起、鎮南王孛羅不花討平之」
  8. ^ 『元史』巻41順帝本紀4,「[至正七年十一月]甲寅、徭賊呉天保陥靖州、命威順王寛徹不花、鎮南王孛羅不花及湖広、江西二省以兵討之」
  9. ^ 『元史』巻42順帝本紀5,「[至正十二年二月]癸未、命諸王禿堅領従官百人、馳駅守揚州、賜金一錠、鈔一千錠。命西寧王牙安沙鎮四川。賜鎮南王孛羅不花鈔一万錠」
  10. ^ 『元史』巻44順帝本紀7,「[至正十五年夏四月]是月、車駕時巡上都。詔翰林待制烏馬児・集賢待制孫総招安高郵張士誠、仍齎宣命・印信・牌面、与鎮南王孛羅不花及淮南行省、廉訪司等官商議給付之」
  11. ^ 『元史』巻44順帝本紀7,「[至正十六年二月]丙辰、以鎮南王孛羅不花自兵興以来率怯薛丹討賊、累立戦功、賜鈔一万錠」
  12. ^ 『元史』巻195列伝82伯顔不花的斤伝,「伯顔不花的斤……[至正]十八年二月、江西陳友諒遣賊党王奉国等、号二十万、寇信州。明年正月、伯顔不花的斤自衢引兵援焉。及至、遇奉国城東、力戦、破走之。時鎮南王子大聖奴・枢密院判官席閏等屯兵城中、聞伯顔不花的斤至、争開門出迎、羅拜馬前。……六月、……已而士卒力疲、不能、戦万戸顧馬児以城叛、城遂陥。席閏出降、大聖奴・海魯丁皆死之、伯顔不花的斤力戦不勝、遂自刎」

参考文献[編集]

  • 野口周一「元代後半期の王号授与について」『史学』56号、1986年
  • 元史』巻117列伝4
  • 新元史』巻114列伝11
  • 蒙兀児史記』巻105列伝87