ボンバーマンポータブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボンバーマンポータブル
Bomberman
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PlayStation Portable
発売元 ハドソン
シリーズ ボンバーマンシリーズ
人数 1人(ノーマル・クラシック)
1-4人(バトル)
メディア UMD
発売日 2006年7月20日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

ボンバーマンポータブル』は、2006年7月20日ハドソンから発売されたPlayStation Portableアクションゲーム

概要[編集]

本作ではDSのボンバーマン同様のアイテムストックのシステムを採用した「ノーマルゲーム」に、ファミコンのボンバーマンのシステムを採用した「クラシックゲーム」、最大4人で対戦できる「バトルゲーム」といった3つの遊び方が存在する。

当時の公式サイトでは「『ボンバーマン』[注 1]と『ボンバーマン'93』に、PSPならではの機能を搭載して、生まれ変わった」作品と紹介されていた[1]が、実際のところ中身はまったくの別物であり、あくまでシリーズ完全新作となっている。

ノーマルゲーム[編集]

ストーリー[編集]

ボンバーマンたちの住む惑星群にプロフェッサー・バグラーの魔の手が忍び寄る。洗脳された生物が凶暴化し、バグラー率いるメカ軍団が星々を襲撃しはじめた。平和と秩序を守るため各惑星をめぐるボンバーマンの冒険が始まる。

概要[編集]

1人用の全10ワールド100ステージをクリアしていくゲーム。過去作品から登場したボスキャラ、ザコキャラが多く登場する。各ステージにあるアイテムを取ると貯めることができる「アイテムストック」のシステムを採用しているため、たとえミスしたとしても貯めていたアイテムを使い戦いを有利に進めることができる。また本作では一部「ボンバーマンワールド」のBGMが使用されており、イエローデザート星ではヒューヒュースター、ライトエレクトロ星ではストーリーデモ、惑星選択画面ではチャレンジゲームの選択画面、ステージ開始前ではパスワード、一部ボス戦(メカボンバー、スパイダル、ソーサリー、ビガロン、スプリガン、レンジー)ではゴッドボンバー戦のBGMとなっている。

アイテムストック[編集]

ノーマルゲーム中で入手したアイテムは、取ることで貯めることができ、貯めてあるアイテムを装備することで効果を発揮する。ステージ開始前のセットアップ画面だけでなく、ステージ中にもアイテムの装備は可能。但しボスステージ中は装備ができないため、ステージ開始前にアイテム装備を整えておく必要がある。

ルール[編集]

ステージ内の敵キャラクターを全て倒して出口に入るとステージクリアとなる。出口に爆風が当たったり、制限時間が0になったりすると敵キャラクターが出現するので注意する必要がある。敵キャラクターや爆風に接触するとミスとなり、ライフ(残り人数)が1つ減り、アイテムの装備が初期化される(貯めたアイテムは無くならない)。ライフが0になるとゲームオーバー。

ステージ[編集]

(一部ボスキャラクター名出典:[1]

  • ボンバー星
    • ボス:メカボンバー - HP4×3。ボンバーマンが住んでいるボンバー星を支配している。『スーパーボンバーマン』に登場したものと異なる。3体でボンバーマンに襲い掛かってくる。メカボンバーに触れてもダメージにはならない。1面のボスにしては強敵で、スピードもそこそこある。途中、立ち止まって休憩する。彼等はボムキックと火力2の爆弾を装備している。移動速度は普通。
  • グリーンウッド星
    • ボス:スパイダル - HP8。森のようなステージ・グリーンウッド星を支配している。蜘蛛を模した巨大ロボット。動きは速く、『スーパーボンバーマン』よりもスピードが上がっている。背中から大量の爆弾をばら撒いてくる。目に爆風を当てなければ倒せない。
  • イエローデザート星
    • ボス:ソーサリー - HP6。砂漠のステージ・イエローデザート星を支配している。ドラゴンのような姿のロボット。ボンバーマンを狙って体当たりし地面の中に潜り、電球を放ってきたり、『スーパーボンバーマン4』のセンチビートのように体を回転させて襲ってくる。スピードは速く、爆弾も当てづらい。『ボンバーマンMAX』に登場したことがあるが『MAX』の方は体が緑で『ポータブル』では茶色。
  • ブラックホラー星
    • ボス:バグラー - HP5。動きは速い。幽霊系の敵が多いことが特徴のブラックホラー星を支配している。敵召喚とバリアを張って上下方向に爆弾を飛ばしてくる。爆弾の火力はHPが少なくなってくると大きくなる。左右にコウモリを従え、バリアを張り、一直線上に爆弾をばら撒いてくる。『スーパーボンバーマン3』に比べ、スピードは速く、爆弾も当てづらい。
  • ホワイトアイス星
    • ボス:ビガロン - HP10。動きは遅い。雪と氷のステージで全般的に足場が悪い。右手の巨大なハンマーをボンバーマンを狙ってブーメランのように投げつけてくる。『スーパーボンバーマン』ではハンマーを叩きつけるだけだったが、今回は攻撃パターンが増え、強くなっている。
  • レッドラバー星
    • ボス:スプリガン - HP6。動きは遅い。火山のステージ、レッドラバー星を支配している。スプリガンは『爆ボンバーマン』に登場したマスカー三人衆の「ハウト」制作のレッドマウンテンのボス。ボンバーマンと一直線に並ぶとにパンチしてきたり、回りながら攻撃してくる。ダメージを与えるとステージの足場を減らしてくる。『爆ボンバーマン』時代より、弱体化している。
  • ライトエレクトロ星
    • ボス:レンジー - HP8。ライトエレクトロ星を支配している。電子レンジ型のロボットで頭にクッキーのような飾りがある。頭部の飾りや雷を上下左右4方向に飛ばしてくる。ふたが開いているときに爆風を当てるとダメージを与えられる。ふたが閉まっているときに爆風当てても効果は無い。『ボンバーマンMAX2』にも登場する。
  • グレーメカニカ星
    • ボス:ビガロン(2戦目) - HP10。機械が多い事が特徴のグレーメカニカ星を支配している。ビガロンが更に強化され、ボディが赤色に染まった姿。今回は、バグラーが搭乗している。ハンマーを両手に持ち、投げつけてくる。
  • ブルーンチューン星
    • ボス:スケルガード - HP10。都市惑星ブルーンチューン星を支配している。今回は、バグラーが搭乗している。ボンバーマンを狙って急降下をし、炎を吐き、ラインボム攻撃、ボンバーマンを狙って一直線上に両腕を飛ばしてくる。HPはスパボン2時代よりも低くなり、全体的に弱体化している。
  • バグラー戦艦
    • ボス:ボンバーロボ(バグラー搭乗) - HP5。 各ステージに隠されているあるアイテムを手に入れた後、最後にバグラー戦艦に行けるようになり、最終面で戦う形となる。PSのボンバーマンのバトルゲームに登場した乗り物で、特徴はボンバーマンの顔に足が四本。爆弾を置いてくるが、ダメージを与えた後、火力を上げてくる。ダメージを与えるごとにスピードもアップする。頭部が弱点となるが、単に爆風を当てるだけでは倒せない。時々、放ってくるミサイルと顔に爆風を与えることでダメージを与えられる。

バトルゲーム[編集]

シリーズお馴染みの対戦ゲームモード。ワイヤレスLANを使用し、アドホックモードでの最大4人対戦が楽しめる。

ルール設定[編集]

しょうぶすう
優勝するまでの勝利数。1~5まで設定できる。
タイム
一試合の制限時間を1:00/2:00/3:00/4:00/5:00/∞から選ぶことができる。
サドンデス
制限時間が少なくなってくると降ってくる、プレッシャーブロックのオンオフを設定する。
シャッフル
オフ/オンの設定ができ、オンにするとゲーム開始時のプレイヤーの位置が変わる。
ドクロ
もえない/もえるを設定することができ、もえないにした場合爆風が当たったドクロはステージ上を跳ね回る。
みそボン
やられたボンバーマンがみそボンになるかどうかの設定。オフ/オン/スーパーを選ぶことができ、スーパーの場合は外から他のプレイヤーを倒すと、ステージに戻ることができる。

アイテム[編集]

ノーマルゲームではミスをすると、全てのアイテムが無効になるが、クラシックゲームでは「ボムアップ」「ファイアーアップ」「スピードアップ」はミスしても持ち越すことができる。

ノーマル・クラシック・バトル共通アイテム[編集]

ファイアーアップ
ボムの火力が1段階アップする。
ボムアップ
置けるボムの数が1個増える。
スピードアップ
移動速度が1段階速くなる。

ノーマル・クラシック共通アイテム[編集]

リモコン
設置したボムを×ボタンで起爆できる。1ステージのみ有効。
ボム通過
一定時間、ボムをすり抜けて通れる。
壁通過
一定時間、ソフトブロックをすり抜けて通れる。
無敵スーツ
一定時間、あらゆるダメージを受けなくなる。
ファイアーマン
一定時間、ボムの炎に対してダメージを受けなくなる。
1UP
ボンバーマンの残りライフ(残り人数)が1人増える。

ノーマル・バトル共通アイテム[編集]

フルファイアー
ボムの火力が最大になる。ミスするまで効果は継続される。
パワーボム
1個目に置いたボムが火力最大のパワーボムになる。1ステージのみ有効。
地雷ボム
最初に置いたボムが地面に隠れ地雷になる。1ステージのみ有効。
デンジャラスボム
最初に置いた爆弾が、爆風5×5で広がるデンジャラスボムになる。1ステージのみ有効。
貫通ボム
ボムの爆風がソフトブロックを貫通する。1ステージのみ有効。
ラインボム
○ボタンをその場で2回押すと、持っているボムを一度に並べて設置する。1ステージのみ有効。
ボムキック
ボムに体当たりでキックして動かせる。△ボタンでキックしたボムを止める。1ステージのみ有効。

ノーマルゲームのみに登場するアイテム[編集]

時計
制限時間を1分延長できる。
ハート
1回だけダメージを受けてもミスにならない。1ステージのみ有効。
メガネ
ソフトブロック内のアイテムの場所と種類がわかる。1ステージのみ有効。
キーアイテム
ワールド1~9に隠されている。全て見つけ出してワールド9をクリアすることでワールド10を遊ぶことができるようになる。

バトルゲームのみに登場するアイテム[編集]

ボヨヨンボム
蹴ったり投げたりした爆弾が、ゴムマリのように弾む。
ファイアーダウン
ボムの火力が1段階ダウンする。
ボムダウン
置けるボムの数が1個減る。
ゲタ
移動速度1段階遅くなる。
ハテナ
取るとランダムでどれかのアイテムの効果が出る。
ドクロ
取るとボンバーマンが病気になる。他のプレイヤーに接触するか一定時間経過で治る。
  • 俊足病
移動速度が極端に速くなる。
  • 鈍足病
移動速度が極端に遅くなる。
  • ゲリ
勝手にボムを設置してしまう。
  • 不能病
ボムが置けなくなる。
  • 最低病
火力1のボムが1個しか置けなくなる。
  • 止まれん病
障害物にぶつかるまで止まれなくなる。
  • リバース症候群
方向キーの入力と反対に移動してしまう。
  • せっかち症候群
爆弾の爆発するまでの時間が通常より早くなる。
  • のんびり症候群
爆弾の爆発するまでの時間が通常より遅くなる。
  • チェンジ
他のキャラクターと居場所が入れ替わる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ どの作品のことを指しているかのは不明だが、クラシックゲームの存在からファミリーコンピュータの『ボンバーマン』と考えられる。

出典[編集]