ボンバーマン ぱにっくボンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボンバーマン ぱにっくボンバー
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 アーケード[AC]
PCエンジン[PCE]
ネオジオ[NG]
PlayStation Portable[PSP]
携帯電話[EZweb][iモード][Yahoo!ケータイ]
開発元 [PCE][NG][PSP][携帯電話]ハドソン
[AC]エイティング
発売元 ハドソン
プロデューサー 豊嶋 真人
ディレクター 日比 進
デザイナー 竹内 久徳
横山 祥
プログラマー 竹内 久徳
音楽 須合 真樹
竹間 淳
美術 横山 祥
田口
藤波 勝
シリーズ ボンバーマンシリーズ
人数 1人
2人(対戦)
メディア [AC]
[PCE]SUPER CD-ROM²
[NG]Multi Video System
[PSP]UMD
発売日 [AC]:1994年
[PCE]:1994年12月22日
[NG]:1995年1月18日
[EZweb]:2004年3月4日
[iモード]:2004年6月14日
[Yahoo!ケータイ]:2004年11月30日
[PSP]:2005年6月23日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
システム基板 Multi Video System
テンプレートを表示

ボンバーマン ぱにっくボンバー』は、ボンバーマンシリーズにおける落ち物パズル及びそのシリーズ名。通称『ぱにボン』。アーケードゲームを始め、多くの機種で移植やシリーズ作品が販売されている。

基本ルール[編集]

  • L字型に落ちてくるボンバーマン(コマ)をレバー・十字キーで操作し、ボタンで回転する。
  • 同色のボンバーマンを縦、横、斜めいずれかに3つ以上並べることで消すことができる。
  • 連鎖を組むことも可能で、連鎖数に応じて火のついていない爆弾が下からせり上がってくる。
  • 火のついていない爆弾は火のついた爆弾を近くに置き誘爆させることができる。同時に相手にコゲボン(爆風で黒こげになったボンバーマンのこと。爆風で消せる)を相手側に送ることができる。
  • ボンバーマンを消していくと、爆弾の火力がアップされていく。
  • また、「でかバクメーター」が溜まり、満タンになると「でかバク」(大きい爆弾)がおちてくる。でかバクは爆弾のみならずボンバーマンも消すことができ、相手に大量にコゲボンを送ることができる。
  • 相手側のボンバーマンが最上段まで積み上がれば勝ち。全9面。
  • 対戦が長引くと、揃えても爆風でも消せない永久パターン防止キャラの「石」が出現する。(ただし、でかバクで破壊可能)
  • 5連鎖からは、下からせり上がってくる爆弾に最初から火が点いていて、いきなり爆発する。
  • 6連鎖からは、成功時に各種演出が再生される。(6連鎖:ロケット、7連鎖:核爆発、8連鎖:コンボ、9連鎖:おなら)
  • ゲームオーバー若しくは、全9面クリア時に上位5位に入賞していると名前を入力することが出来る。
  • 基本的に一人プレイだが、途中参加で相手プレイヤーと対戦可能となる。

ステージ構成[編集]

STAGE1
ばろむ(声:大塚瑞恵
特徴:弱い
STAGE2
くりん(声:TARAKO
特徴:少し弱い
STAGE3
ぶ~ろる(声:龍田直樹
特徴:端に積む
STAGE4
ぱ~す(声:萩森侚子
特徴:やや速い
STAGE5
ふにゃ~(声:野田順子
特徴:粘り強い
STAGE6
ばけばけ(声:TARAKO
特徴:速い
STAGE7
ぺぎ~(声:萩森侚子)
特徴:強い
STAGE8
くろぼん(声:龍田直樹
特徴:黒い
STAGE9
ばぐら~(声:石丸博也
特徴:???

移植・シリーズ[編集]

5人までの同時対戦が可能。2007年3月18日よりWiiバーチャルコンソールで、2015年9月16日よりWii Uのバーチャルコンソールでそれぞれ配信開始(発売元は前者がハドソン、後者がKONAMI)。
オリジナル要素が追加され、『スーパーボンバーマン ぱにっくボンバーW』として発売。
とびだせ!ぱにボン』として発売。同機種の特性上1人プレイのみ。
ボンバーマン64』に収録。ルールが若干異なる。
ボンバーマンランド2 ゲーム史上最大のテーマパーク』に収録。ボンバーマン64のものとルールは同じ。
ボンバーマンジェッターズゲームコレクション』に『アインのパニボン』として収録。こちらもボンバーマン64のものとルールは同様。決められた数だけコゲボンを作ってステージクリアをしていくゲームAと、ひたすらコゲボンを作って点数を稼ぐゲームBがあり、対戦モードは存在しない。また、コマもボンバーマンではなく、ただ色のついたブロックとなっている。
ゲームシェアリングで4人までの同時対戦が可能。コレクトアイテム(外観の変更が可能)を追加。
『ぱにっくボンバーoriginal』としてゲーム総合サイト「着信☆あぷり♪」のPCエンジンコーナーにて発売したが現在は配信終了。
ゲーム総合サイト「着信☆あぷり♪」にて移植ではないミニゲームとして発売。
ゲーム総合サイト「ハドソン★プレミアム」に移行後は移植作品がリリースされており購入できる。