ボーイングY1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボーイングY1アメリカ合衆国の航空機メーカーボーイング737の後継として計画している、100〜200人乗り旅客機の計画名称で、737RSReplacement Study)とも呼ばれる[1]

この開発計画はイエローストーン・プロジェクトのひとつであり、787として実現したY2に続くものである。

エアバスでも同クラスのA320シリーズ後継機としてエアバスNSR計画を進めている。

概要[編集]

ボーイング7371968年の就航以来、モデルチェンジと改良を繰り返しながら総生産機数約7,900機に達する大ヒットとなり、2013年現在もなお、生産と販売が続けられている。737は総生産機数約5,600機である同クラスのライバル機エアバスA320シリーズとともに、このクラスのナローボディ旅客機が今後も数の上では航空会社にとって必要不可欠なワークホースであり続けるだろうことは想像に難くない。

737-600/-700/-800/-900までのいわゆる737NGシリーズが1997年の登場から10年を数えており、これら737NGシリーズ・717757-200の後継となり、最大のライバルであるエアバスA320シリーズおよび後継のエアバスNSRと競争する新型旅客機を目指したプロジェクトがボーイングY1である。

おそらく787の開発で得られた新しい技術、例えば

などが盛り込まれた新設計の旅客機を目指していると思われる。

787の開発の遅延による影響や、新世代のエンジンを開発するメーカーの都合もあり、開発は未だ本格化しておらず、ボーイングは2008年5月に、Y1の環境負荷低減の技術が未熟であるため、当分の間は基礎技術研究に注力し、737 MAXシリーズの開発および737NGシリーズの生産を継続する方針を発表している。

エンジン[編集]

CFMインターナショナルではCFM56の後継となるLEAPを開発中である[2]

インターナショナル・エアロ・エンジンズ(IAE)では新型エンジンの開発の動きは見られないが、構成会社であるロールス・ロイス・ホールディングス(RR)、プラット・アンド・ホイットニー(P&W)では新型のエンジンを独自に開発中である。P&WではギヤードターボファンエンジンをY1とNSRに売り込み中で、RRでは3軸式のターボファンを売込み中である。[3] どちらの製造社も単独で開発を進めるかIAEとして合弁で事業を進めるか状況によって決断すると発表した。

関連項目[編集]

脚注[編集]