ボーイング ビジネスジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボーイング ビジネスジェット

  • 用途ビジネスジェット
  • 製造者ボーイング
  • 初飛行:1998年9月4日
  • 生産数:シリーズ累計 237機 (2018年末時点)[注釈 1][1]
  • 運用開始:1999年
  • ユニットコスト:(2018)[2]
    MAX7:8,870万ドル
    MAX8:9,630万ドル
    MAX9:1億530万ドル

ボーイング ビジネスジェット(BBJ:Boeing Business Jet)は、ボーイングの旅客機から派生したビジネスジェットである。

BBJという名称は、737シリーズの旅客機をベースにしたビジネスジェットに使われている。BBJは豪華な内装を備えており、通常は25~50人ほどを収容する。仕様によっては、寝室やシャワールーム、リビング、ダイニング、会議室などを備えることもある。BBJには737MAXや777X、787、747-8をベースにしたモデルもあり、それらはそれぞれBBJ MAXBBJ 777XBBJ 787BBJ 747-8と名付けられている。

ボーイングのBBJ部門は旅客機ベースのビジネスジェットを11種類提供している[3]

モデル[編集]

ナローボディ機[編集]

BBJのキャビン

最初のBBJは737-700をベースに、737-800の強化された翼やランディングギアを備えたものだった。胴体腹部に補助燃料タンクを増やすことで航続距離を延ばすことができ、タンク9基の仕様ならば航続距離は11,000kmを超えるが、運用者の多くはタンク5基の仕様にしており、その場合の航続距離は10,000kmだった。2002年、737-800をベースにしたBBJ2が発表され、このモデルはBBJよりもキャビンが25%広く、補助燃料タンク5基で同程度の航続距離を持っていた。さらに2009年、737-900をベースにしたBBJ3が提供された。アビエーション・パートナーズ英語版ウィングレットによって、BBJの航続距離は5%延びた。格納式の前方エアステアが標準装備になっており、飛行先の空港で搭乗橋などを使わずに乗降できる。導入当初は内装の軽量化が難しく、内装の許容重量(5.9t)を超過してしまい、スペック上の航続距離を確保できないこともあった。しかし技術革新で最近の内装は25%ほど軽くなったため、基本運航重量を守れるようになった[4]

マッハ0.785で飛行すると1時間あたりの燃料消費は2,190kg、マッハ0.82ならば2,600kgになる。これはより速く飛べるグローバル6000の2倍の消費量である。運航に関する変動費は1時間あたり14,000ドルかかる。検査はC整備が36ヶ月ごと、運航を4~8週間止めて行うD整備は12年ごとに行う。高度12,300mでの客室高度を2,400mから1,950mに下げることができるが、それをすると機体寿命は5万回から2万6000回へ低下する。ただし、それでも機体寿命はビジネスジェット専用機よりも多い。多くの運用者は6~8人の乗客を乗せて年に200~250時間飛行するが、企業の自家用であれば年に500~800時間飛ばすこともあるし、逆に個人所有であれば年に150~200時間になることもある。CFM56のメンテナンスサービスはエンジン1基ごとに飛行1時間あたり240~260ドルかかるが、これはロールス・ロイス BR700のコストよりは安い。エンジンの寿命は少なくとも12,000~13,000時間あり、最大で25,000~30,000時間である[4]フォッカーは2016年、BBJ用に幅1.5mの窓を開発した[5][6]

1999年の市場投入から20年が経ち、150機のBBJが就航しているが、これは当初想定された50機の3倍であった。超大型機は2008年の景気後退によって批判の目にさらされ、処分した企業もあった。また、政府の要人輸送に用いられているBBJもある[4]

BBJに続いて、エアバスも旅客機のA319、少し大きいA320、少し小さいA318をベースにしたエアバス コーポレートジェットを投入した。より小型の競合機としては、エンブラエル リネージュ 1000英語版ボンバルディア グローバル・エクスプレスガルフストリーム G550G650がある。G650ERの運航コストが1海里あたり5.87~6.33ドルなのに対して、BBJの運航コストは1海里あたり9.57~10.13ドルである[7]

  • BBJ(まれにBBJ1とも呼ばれる):737-700を基に作られたモデルで、後の737-700ERのベースになった。BBJは最初の派生機であった。アメリカ海軍ではC-40B クリッパーと呼ばれている。
  • BBJ2:737-800をベースにしたモデル。
  • BBJ3:737-900ERをベースにしたモデル。
  • BBJ C:737-700Cの「素早い換装(quick change)」能力を特色とする派生機である。これはあるフライトで要人輸送に用いた後、次のフライトが貨物輸送であれば素早く内装を換装できるものである。
  • BBJ MAX8MAX9:新しいCFM LEAP-1Bエンジンと、燃費を13%改善する最新のウィングレットを備えたボーイング737MAX8・9の派生機である。BBJ MAX8の航続距離は11,710kmで、BBJ MAX9は11,580kmである[8]BBJ MAX7は2016年10月にお披露目され、航続距離が12,960kmになる予定である。初期のBBJと比べて、キャビンと床下の貨物スペースが広くなっているが、運航コストは10%安くなる[9]。BBJ MAX8は2018年4月16日に初飛行し、補助燃料タンク1機で12,300km飛行した[10]。BBJ MAX8は10月中旬に初号機が引き渡された[11]

スペック[編集]

ボーイング ビジネスジェット[12]
モデル BBJ MAX 7 BBJ MAX 8 BBJ MAX 9
キャビン面積 82.1 m2 95.2 m2 104.1 m2
貨物室容積 7.8 m3 18.5 m3 23.2 m3
全長 35.56 m 39.52 m 42.16 m
全幅 35.92 m
全高 12.3 m
最大離陸重量 80,286 kg 82,191 kg 88,314 kg
最大積載量 14,683 kg 16,107 kg 17,509 kg
基本運航重量 48,230 kg 49,845 kg 53,479 kg
許容内装重量 7,257 kg 8,165 kg 9,525 kg
空虚重量 40,973 kg 41,681 kg 43,953 kg
最大燃料[注釈 2] 39,611 L 39,633 L 41,658 L
航続距離 (乗客8人) 12,964 km 12,297 km 12,066 km

ワイドボディ機[編集]

カタール・アミリフライト英語版の747-8 VIP
ミッドイースト・ジェット英語版の777-200 VIP
ジェット・アビエーション英語版の787-8 VIP
  • BBJ 747-8:747-8をベースにしたモデルで、乗客100人を乗せて16,436kmの航続距離がある。2018年末までに11機を受注しており、その全てが引き渡され、内6機が就航している[12]。747はボーイングからグリーン(green)状態で引き渡される。これは顧客が内装を自由にデザインできるように、一切内装を備えていない状態を言う。
  • BBJ 777:B777をベースにしたモデル。75人の乗客を乗せて18,580kmの航続距離を持つ200LRベースのモデルと、17,220kmの航続距離を持つ300ERベースのモデルがあった。2018年末までに13機の受注があり、その全てが引き渡され、内9機が就航している。2018年12月にBBJ777はBBJ777Xにモデルチェンジした[12]
  • BBJ 777X:B777Xをベースにしたモデル。75人の乗客を乗せて21,583kmの航続距離を持つ-8と、20,372kmの航続距離を持つ-9がある。2018年12月10日、MEBAA(中東ビジネス航空協会英語版)の展示会で、BBJ版の777Xを発表した。キャビン面積は-8で302.5m2、-9で342.7m2である[13][12]
  • BBJ 787:B787をベースにしたモデル。25人の乗客を乗せて18,418kmの航続距離を持つ-8と、17,566kmの航続距離を持つ-9がある。2018年9月までに15機を受注し、12機が引き渡され、内4機が就航している[12]。747と同様に787もグリーン状態で引き渡される。

スペック[編集]

ボーイング ビジネスジェット[12]
モデル BBJ 787-8 BBJ 787-9 BBJ 777-8 BBJ 777-9 BBJ 747-8
キャビン面積 224.4 m2 257.8 m2 302.5 m2 342.7 m2 444.6 m2 / 481.1 m2[注釈 3]
貨物室容積 138.2 m3 174.5 m3 170.2 m3 218.2 m3 196.5 m3
全長 56.72 m 62.81 m 69.8 m 76.7 m 76.3 m
全幅 60.12 m 71.80 m 68.4 m
全高 16.92 m 17.02 m 19.5 m 19.4 m
最大離陸重量 227,930 kg 254,011 kg 351,550 kg 447,700 kg
最大積載量 35,289 kg 47,627 kg 52,118 kg
基本運航重量 125,736 kg 133,810 kg 243,171 kg
許容内装重量 18,144 kg 20,412 kg 24,948 kg 29,484 kg 45,359 kg
空虚重量 107,592 kg 113,398 kg 197,812 kg
最大燃料 126,206 L 126, 357 L 197,977 L 238,610 L
航続距離 18,418 km
(乗客25人)
17,566 km
(乗客25人)
21,583 km
(乗客75人)
20,372 km
(乗客75人)
16,436 km
(乗客100人)

運用者[編集]

ワガワガ空港英語版でのオーストラリア空軍737-700 BBJ
クウェート 737-900/BBJ3
アブダビロイヤルジェット英語版の737-700/BBJ

民間[編集]

BBJは当初はサウジアラムコトラシンダ英語版ネットジェッツラスベガス・サンズなどのFortune100企業が用いていたが、2008年の景気後退で費用対効果の調査対象となり、エル・ブランズ英語版ゼネラル・エレクトリックオクシデンタル・ペトロリウムなど多くの企業で売却された。また、中国企業は富を見せびらかすのを避けるようになり、売却するところも出てきた。

現在、BBJは以下の企業や個人が運用しているが、所有者を伏せて登録されている機体も多い。フレズノのAssemi、マイアミクレセント・ハイツ英語版ウィチタストラック&ヴァンティル英語版、Funair Corp、タイ (企業)英語版チューター・サリバ英語版ジェフリー・カッツェンバーグスティーヴン・スピルバーグなど[4]

政府[編集]

多くのBBJは要人輸送のために政府が運航しており、その例として、アメリカ、オーストラリア、コロンビア、トルコ、インド、UAE、ヨルダン、マレーシア、南アフリカ、チュニジアがある。また、アブダビやドバイ、サウジアラビアの有力な王族が所有していることもある[4]

オーストラリアの旗 オーストラリア
オーストラリア空軍 (2) BBJ737 (リース機)
  • オーストラリア空軍 第34飛行隊
ベラルーシの旗 ベラルーシ
ベラルーシ空軍 (1) BBJ2 政府要人用[15]
コロンビアの旗 コロンビア
コロンビア空軍 (1)
インドの旗 インド
インド空軍 (3) 政府要人用
インドネシアの旗 インドネシア
インドネシア大統領専用機英語版 (1) BBJ2 政府要人用[16]
カザフスタンの旗 カザフスタン
カザフスタン政府 (1)
クウェートの旗 クウェート
クウェート政府 (2)
マダガスカルの旗 マダガスカル
大統領 (1)
マレーシアの旗 マレーシア
マレーシア空軍 (1)
メキシコの旗 メキシコ
メキシコ空軍 (1) 787 政府要人用
モロッコの旗 モロッコ
モロッコ空軍 (2)
オランダの旗 オランダ
オランダ政府、2019年予定 (1)[17]
ニジェールの旗 ニジェール
ニジェール空軍 (1) 政府要人用
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
ナイジェリア空軍 (1)
ポーランドの旗 ポーランド
ポーランド空軍 (2) BBJ2 政府要人用 2020年予定 [18]
カタールの旗 カタール
カタール・アミリフライト英語版 (1)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ
南アフリカ空軍 (1)
チュニジアの旗 チュニジア
チュニジア政府 (1)
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
プレジデンシャル・フライト (UAE)英語版 (9)
ロイヤルジェット英語版 (6) BBJ1 政府要人用[15]

受注状況[編集]

2018年12月まで[12]
モデル 737 BBJ MAX 757 767 777 787 744 748 合計
受注 16 169 21 5 8 13 15 3 11 261
納入 16 167 2 5 8 13 12 3 11 237
就航中 16 159 0 5 8 9 4 3 6 210

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ BBJ1, BBJ2, BBJ3, 747BBJ, 757BBJ, 767BBJ, 777BBJ, 787BBJの合計
  2. ^ 補助タンク数: MAX7/8は7基、MAX9は9基
  3. ^ 旅客機の747は胴体前方だけが2階建てで後方は1階のみである。しかし後方も内装を外せば高さは4mあるので、BBJ747-8にはこの部分を2階建てに改造するオプションがある。このオプションを選ばなければ444.6 m2で、選べば481.1 m2となる[14]

出典[編集]

  1. ^ Boeing: Boeing Business Jets”. boeing.com. 2019年2月23日閲覧。
  2. ^ “Purchase Planning Handbook”. Business & Commercial Aviation (Aviation Week Network). (May 2018). http://aviationweek.com/site-files/aviationweek.com/files/datasheets/gated/BCA_201805.pdf. 
  3. ^ Lynch, Kerry (2015年5月16日). “Boeing Business Jets confident as it studies Combi”. Aviation International News. http://www.ainonline.com/aviation-news/business-aviation/2015-05-16/boeing-business-jets-confident-it-studies-combi 
  4. ^ a b c d e Fred George (2019年1月7日). “Boeing Business Jet: Why Go Big? Because You Can”. Business & Commercial Aviation. http://aviationweek.com/business-aviation/boeing-business-jet-why-go-big-because-you-can 
  5. ^ David Donald (2015年5月20日). “First SkyView for BBJ”. AIN online. 2018年4月12日閲覧。
  6. ^ “Fokker proposes giant window to Boeing Business Jets”. Flightglobal. (2015年4月13日). http://www.flightglobal.com/news/articles/ebace-fokker-proposes-giant-window-to-boeing-business-399588/ 
  7. ^ Mission Costs for Ultra-Long-Range Jets Table”. Aviation Week (2015年5月). 2015年9月4日閲覧。
  8. ^ “Boeing Business Jets to Offer the BBJ MAX” (プレスリリース), Boeing, (2012年10月29日), http://boeing.mediaroom.com/2012-10-29-Boeing-Business-Jets-to-Offer-the-BBJ-MAX 2012年10月30日閲覧。 
  9. ^ “Boeing Business Jets Unveils BBJ MAX 7” (プレスリリース), Boeing, (2016年10月31日), http://boeing.mediaroom.com/news-releases-statements?item=129797 2016年11月1日閲覧。 
  10. ^ “Milestone paves the way for delivery of the newest version of the best-selling business jetliner” (プレスリリース), Boeing, (2018年4月16日), http://boeing.mediaroom.com/2018-04-16-Boeing-Business-Jets-Celebrates-Flyaway-of-First-BBJ-MAX-Airplane 
  11. ^ “Boeing Business Jets Delivers First BBJ MAX Airplane” (プレスリリース), Boeing, (2018年10月15日), https://boeing.mediaroom.com/2018-10-15-Boeing-Business-Jets-Delivers-First-BBJ-MAX-Airplane 
  12. ^ a b c d e f g Boeing Business Jets”. Boeing (2018年12月). 2018年12月12日閲覧。
  13. ^ “Boeing Launches Longest-Range Business Jet Ever with BBJ 777X” (プレスリリース), Boeing, (2018年12月10日), https://boeing.mediaroom.com/2018-12-10-Boeing-Launches-Longest-Range-Business-Jet-Ever-with-BBJ-777X 
  14. ^ R. Randall Padfield. (May 11, 2009), "Boeing thinks BIG with 747-8 cabin mod", AIN online. (2019年4月1日閲覧).
  15. ^ a b http://www.aerospace-technology.com/projects/bbj/
  16. ^ tjs (2014年4月14日). “RI ‘Air Force One’ will not be armed”. The Jakarta Post. http://www.thejakartapost.com/news/2014/04/14/ri-air-force-one-will-not-be-armed.html 2015年1月17日閲覧。 
  17. ^ Dutch to replace Royal transport with 737 BBJ”. flightglobal.com (2017年4月11日). 2018年4月12日閲覧。
  18. ^ Polish gov't orders three VIP-configured B737NextGens”. ch-aviation.com. 2018年4月12日閲覧。