ボーカルシンセサイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボーカルシンセサイザー (Vocal Synthesizer, Singing Synthesizer) とはボーカルを歌唱合成することができるシンセサイザーの総称。

概要[編集]

ボーカルシンセサイザーは音声合成技術をボーカル用途に応用したもので、メロディ歌詞を入力することで歌声の合成ができるシンセサイザーの一種である。

特に有名なボーカルシンセサイザーはヤマハVOCALOIDで、動画共有サイト利用者の間で爆発的に普及した。

歴史[編集]

196019701980199020002010
物理モデルBell Labs.
"Daisy Daisy"
(1961)
P.Cock
"SPASM"
(1990)
Acoustic Tube
Model
より精緻な
Physical Model
準物理モデルSource
Filter
Model
DECtalk
による歌唱
(1980s)
KAE Labs
"VocalWriter"
(1999)
VirSyn
"CANTOR"
(2004)
Formant
Filter
Model
KTH
"MUSSE DIG"
(1977/1984)
Diphone
synthesis
,
EpR & SPP
Yamaha
"VOCALOID" 
(2003)
Yamaha
"VOCALOID2"
(2007)
Yamaha
"VOCALOID3"
(2011-)
スペクトル
モデル
Composite
Sinusoidal
Model
Yamaha
"CX5M"
(1984)
Corpus-based,
Sinusoidal
Modeling
(SMS) & OLA
MW.Macon
"Liricos"
(1997)
NTT
"Wonder Horn"
(2004)
Time-domain
Formant合成
IRCAM
"CHANT"
(1984)
Yamaha
"PLG100-SG"
(1997)
音声合成や
信号処理の
出来事
LPC発明
(1970)
"Speak &
Spell
"
(1978)
PSOLA
(1986/1989)
ATR
"CHATR"
(1994)
大規模コーパス
利用の時代へ
Voder &
ボコーダ
(1938/1939)
フェーズ
ボコーダ

(1966/1978)
トラッキング
フェーズ
ボコーダ
フェーズ
ロックド
ボコーダ
Antares
"Auto-Tune"
(1997)
トランジェント
フェーズ
ボコーダ

年表[編集]

主なボーカルシンセサイザー[編集]

Microsoft Windows
macOS
Microsoft Windows & macOS用
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1961年ベル研究所で「デイジー・ベル」を歌ったホストコンピュータの機種は、2010年のアメリカ議会図書館プレスリリース[1]によればIBM 704とされているが、他の文献では1959年登場の後継機IBM 7094としている例がある。

出典[編集]

  1. ^ The Voder - Homer Dudley (Bell Labs) 1939”. YouTube. 2011年7月9日閲覧。 (歌唱デモは3分3秒から20秒間)
  2. ^ M. D. Fagen, S. Millman, Amos E. Joel, G. E. Schindler. A History of Engineering and Science in the Bell System: Communications sciences (1925-1980). 5. Bell Telephone Laboratories, Inc. p. 101. 
  3. ^ 14. "Daisy Bell (Bicycle Built for Two)," Max Mathews (1961), “National Recording Registry Adds 25”, The Library Today (Library of Congress), (2010-06-23), http://www.loc.gov/today/pr/2010/10-116.html 
  4. ^ a b 剣持 2010
  5. ^ CX11+FMミュージックマクロ, “Xシリーズの革新”, YAMAHA DX7/V50/SY99 FM音源講座, オリジナルの2013-01-27時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130127013654/http://fmdx7.music.coocan.jp/column/column3.html 
  6. ^ “PLG100-SG”, 音楽制作機器, ヤマハ株式会社, http://jp.yamaha.com/product_archive/music-production/plg100-sg/ 
  7. ^ 岡田, 有花 (2010年3月11日), “「VOCALOIDは人間の代用以上を目指す」 開発者語る”, ITmediaニュース, http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/11/news053.html 
  8. ^ 剣持, 秀紀; 大下, 隼人 (2008), “歌声合成システム VOCALOID—現状と課題”, 情報処理学会研究報告. [音楽情報科学] (2008(12)): 51–56, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006664849  (PDF)
  9. ^ Loscos 2007, Daisy (p. 5)
  10. ^ “歌声合成のAquesToneを初公開”, N.Yamazaki's blog(アクエスト), (2008年8月3日), http://blog-yama.a-quest.com/?eid=766658 

参考文献[編集]

  • 剣持, 秀紀 (2010年3月10日), “歌声合成の歴史”, 歌声合成の過去・現在・未来, p. 3, http://staff.aist.go.jp/m.goto/IPSJ/CGMGENZAIMIRAI201003kenmochi.pdf 
    — VOCALOID開発者の剣持秀紀による資料 (PDF)
  • Cook, Perry R. (1998), “Toward the perfect audio morph? Singing voice synthesis and processing”, Proceedings of the Digital Audio Effects Workshop DAFx, CiteSeerx10.1.1.42.3295  (PDF)
  • Loscos, A. (2007), Spectral processing of the singing voice, Ph.D. Thesis, Pompeu Fabra University, http://hdl.handle.net/10803/7542  (PDF)

関連項目[編集]