ボーノ相模大野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボーノ相模大野
bono SAGAMIONO
Bono-sagamiono.jpg
地図
店舗概要
所在地 252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野三丁目2番(北棟)
神奈川県相模原市南区相模大野三丁目3番(南棟)
座標 北緯35度31分52秒 東経139度26分6秒 / 北緯35.53111度 東経139.43500度 / 35.53111; 139.43500座標: 北緯35度31分52秒 東経139度26分6秒 / 北緯35.53111度 東経139.43500度 / 35.53111; 139.43500
開業日 2013年平成25年)3月15日
施設所有者 bono相模大野北棟管理組合
bono相模大野南棟管理組合
施設管理者 野村不動産株式会社(ショッピングセンター)
相模大野駅西側地区市街地再開発組合(ノースモール、サウスモール)
設計者 株式会社アール・アイ・エー
施工者 大成安藤藤木共同企業体
商業施設面積 総面積:約32,900 m2
ショッピングセンター:約20,900 m2
ノースモール:約3,000 m2
サウスモール:約9,000 m²
中核店舗 ライフ相模大野駅前店
メガロス相模大野店
店舗数 総店舗数:約180店舗
ショッピングセンター:約90店舗
ノースモール、サウスモール:合計約90店舗
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 722台
最寄駅 小田急電鉄 相模大野駅
最寄IC 東名高速道路 横浜町田IC
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ボーノ相模大野(ボーノさがみおおの)は、神奈川県相模原市南区相模大野にある大型複合施設[1]

概要[編集]

小田急線相模大野駅北口の西側に立地し、相模大野駅西側地区第一種市街地再開発事業によって建設された。建物は北棟と南棟の2棟で構成され、北棟には大型商業施設と駐車場棟が、南棟には2棟のタワーマンションと商業施設が配置されている。商業施設部分は2013年3月15日にグランドオープン[2]し、同施設のショッピングセンターを運営する野村不動産としては初となる自社開発の大型商業施設である[3]

相模大野駅と施設間はペデストリアンデッキ「サンデッキ」で結ばれており、北棟と南棟の間を通る連絡通路には「ボーノウォーク」の愛称が付けられている。2013年度冬には施設来店者の歩行環境改善を目的に、施設のビル風で歩行に影響を与えていたボーノウォークにガラス防風壁の設置が行われた[4]ほか、雨対策としてサンデッキに屋根が設置された。

毎年クリスマスシーズンには、施設周辺にクリスマスイルミネーションが施されるほか、2016年までは1階のボーノ広場に高さ約7mのシンボルツリーが設置されていた。

沿革[編集]

  • 2012年平成24年)
  • 2013年(平成25年)3月15日 - 商業施設部分がグランドオープン[2]
  • 2016年(平成28年)3月26日 - ショッピングセンター2階を食の専門店フロア「ボーノ食専館」としてリニューアル[7]

構成[編集]

商業施設[編集]

ショッピングセンターとノースモールは北棟に、サウスモールは南棟に入居しており、合計3つの商業エリアで構成されている。

※詳しい店舗の詳細は公式サイト 「フロアガイド」を参照のこと。

北棟
ショッピングセンター
ノースモール
  • 地上1〜4階。レストラン・カフェ等が入る。4階には、相模原市民のみが利用出来る「相模大野パスポートセンター」がある。
南棟
サウスモール
  • 地上1〜5階。コンビニエンスストア金融機関等のサービス医療関連等が入る。2階は飲食店街「ボーノ横丁」、3階はユニコムプラザさがみはら(市民・大学交流センター)がある。なお、再開発前に事業区域内で営業していた地権者の一部も、テナントとして入居している。

その他施設[編集]

北棟
  • 駐車場棟
    • 相模原市営相模大野駅西側自動車駐車場
    • 相模原市営相模大野駅西側自転車駐車場
南棟
  • プラウドタワー相模大野(分譲タワーマンション、26階建て)
  • スカイフラッツ(賃貸タワーマンション、20階建て)

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

自家用車[編集]

最寄りの高速道路インターチェンジは、東名高速道路横浜町田インターチェンジより約5km。当施設には駐車場棟があり、722台の自動車が収容可能である。

周辺の商業施設[編集]

関連項目[編集]

  • 高島屋 - 当初、再開発事業の核店舗として出店予定だったが、その後出店計画を白紙撤回し、現施設に計画変更された。

脚注[編集]

[ヘルプ]