ボーパールの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボーパールの戦い
Battle of Bhopal
1737年12月24日
場所 インドボーパール
結果 マラーター王国の勝利
ボーパール条約の締結
衝突した勢力

Fictional flag of the Mughal Empire.svgムガル帝国 [1]

Flag of the Maratha Empire.svg マラーター王国
指揮官
Fictional flag of the Mughal Empire.svg アーサフ・ジャー
Fictional flag of the Mughal Empire.svg サアーダト・アリー・ハーン
Fictional flag of the Mughal Empire.svg スルターン・ムハンマド・ハーン
Fictional flag of the Mughal Empire.svgイーシュヴァリー・シング
Fictional flag of the Mughal Empire.svgプラタープ・シング
Flag of the Maratha Empire.svgバージー・ラーオ
戦力
200,000 人以上
大砲100門以上
100,000 人以上 (大半は騎兵)
30門-50門の大砲
被害者数
35,000人以上 7,000人以上

ボーパールの戦い(ボーパールのたたかい、英語:Battle of Bhopal)は、1737年12月24日インドボーパールにおいて、ムガル帝国の援軍としての連合軍とマラーター王国の軍勢との間で行われた戦い。ここでも軍事的な才能に長けたバージー・ラーオが勝利をつかんだ。

戦闘に至る経緯[編集]

1737年3月28日マラーター王国宰相バージー・ラーオデリーの戦いムガル帝国の軍勢に勝利したのち、帝国が要請していたニザーム王国などをはじめとする軍を迎え討つため、すぐさま帰還の途に着いた。このとき、帝国の援軍にはニザーム王国の軍を中心に、アワド太守ジャイプル王国ラージプート)、バーラトプル王国などが加わっていた。

戦闘とその後の経過[編集]

こうして、同年12月24日、マラーター王国軍とムガル帝国の援軍である連合軍がボーパールの近郊で激突した[2]。後者にはボーパールのナワーブであるスルターン・ムハンマド・ハーンも加わっていた。

連合軍は20万を超し、マラーター王国軍はその半分であったにもかかわらず、バージー・ラーオのその才能によってマラーター軍は再び勝利を掴んだ。戦いののち、ボーパールに包囲されたニザームはマラーターに講和を申し入れた[2] [3]

こうして、1738年1月7日、マラーターとニザームの間に講和が結ばれ(ボーパール条約)、協定によりマラーターはニザームからマールワーを割譲させた[4]。この協定は皇帝ムハンマド・シャーの認可を受けた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 1
  2. ^ a b Maratha Chronicles Peshwas (Part 2) Glory of the Peshwas
  3. ^ a b 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.215
  4. ^ S.R. Bakshi and O.P. Ralhan (2007). Madhya Pradesh Through the Ages. Sarup & Sons. p. 384. ISBN 978-81-7625-806-7. 

参考文献[編集]

  • 小谷汪之編『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』山川出版社、2007年

関連項目[編集]