ボール (ゲーム&ウオッチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゲーム&ウオッチにおける『ボール』 (BALL) は、かつて任天堂が製造販売していた携帯型液晶ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」シリーズの第一作。発売日は1980年4月28日。型番はAC-01。メーカー希望小売価格は5,800円。

内容[編集]

ゲーム&ウオッチ 『ボール』

キャラクター(人形)の腕を左右にコントロールし、空中を飛び交うボールをお手玉のように受けて投げ返す事を繰り返すゲーム。1回でもボールを地面に落とすとゲームオーバーになる。

GAME AとGAME Bの2つのモードがある。GAME Aではボールが2つ、ボールを受ける毎に1点加算、最高得点は999点。GAME Bでは3つのボールが使用され、ボールを受ける毎に10点加算、最高得点は9,990点。

おおむねGAME Aでは10点毎、GAME Bでは100点毎にボールの移動速度が上がるが、GAME Aでは100点毎、GAME Bでは1,000点毎に移動速度が数段階落ちる。GAME Aで280点、GAME Bで2,800点に達すると、ボールの軌跡に残像が見えるようになるが、液晶の応答速度の関係や、急に速度が上がる事によってプレイヤーの目が惑わされる事による。

リメイク・移植等[編集]

リメイク[編集]

  • マリオジャグラー - キャラクターをマリオに差し替えたリメイク作品。1991年10月発売で、任天堂製ゲーム&ウオッチの最終作。日本未発売。

移植[編集]

復刻版[編集]

クラブニンテンドーの2009年度プラチナ会員の特典として復刻版が作成され、2010年4月下旬(オリジナル版の発売からちょうど30年)に発送された[1]

オリジナルから約30年を経ていることから入手困難な部品が多いため、内部の電子回路などが当時のものとは異なるが、開発者の記憶などを頼りに再現している。なお、現代の使用状況を考慮して消音機能を追加している[2]

オリジナル版との違いは以下の通り。

  • 音のON/OFF機能を追加
  • 本体背面にクラブニンテンドーのマークが入る
  • 電池蓋がネジ止め式
  • 電池の変更(オリジナルはLR43x2またはSR43x2、復刻版はCR2032x1)
  • 背面ネジ形状の変更(オリジナルはマイナス型、復刻版はY型)
  • ディスプレイ用のスタンドが付属

脚注[編集]

  1. ^ ゲーム&ウオッチが再び、2009年度クラブニンテンドー会員特典を発表 - ファミ通.com
  2. ^ 社長が訊く「ゲーム&ウオッチ」