この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ポケットモンスター ソード・シールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポケットモンスター > ポケットモンスター ソード・シールド
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細
ポケットモンスター
ソード・シールド
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 Nintendo Switch
開発元 ゲームフリーク
発売元 株式会社ポケモン
販売元 任天堂
プロデューサー 増田順一
ディレクター 大森滋
音楽
シリーズ ポケットモンスター
メディア
発売日 世界の旗 2019年11月15日[2][3][4]
対象年齢
売上本数
  • 日本の旗 452万本(2020年3月時点)[5]
  • 世界の旗 1737万本(2020年3月末時点)[6]
テンプレートを表示

ポケットモンスター ソード・シールド』(英語: Pokémon Sword and Shield)は、株式会社ポケモンより2019年11月15日に発売されたNintendo Switchロールプレイングゲームポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の総称。ポケットモンスターシリーズ完全新作の8作目。公式の略称は「ポケモン剣盾」。

概要

2019年2月27日に『Pokémon Direct 2019.2.27』で発表された[注 1][7]。本作の「ポケットモンスター」のロゴマークは、海外版のロゴマークと同様のフォントが使用されている。

全世界で同時発売され、対応言語日本語英語スペイン語フランス語ドイツ語イタリア語韓国語中国語繁体字簡体字)の9言語である[8]

ソード版とシールド版に加えて2つを同梱したダブルパックも発売されており、特別なマックスレイドバトルへ序盤からアクセスできるゲーム内アイテムを入手できる。 早期購入特典としてゲーム内でキョダイマックスできる特別なニャースが配信された他、パッケージ版は購入する店舗によって様々なファングッズが、デジタル版はゲーム内で使えるアイテムがそれぞれ配布された。また、2018年に発売されたLet's Go! ピカチュウ・イーブイを所持しているユーザーにはキョダイマックスできる特別なピカチュウもしくはイーブイが配信されている[9]

追加コンテンツ(エキスパンション・パス)として、「鎧の孤島」「冠の雪原」のふたつの追加シナリオが配信予定である[10]

ゲームシステム

本作は本編シリーズで初めてオートセーブが取り入れられている[11][12]。その他「わざ」の思い出しや姓名判断の機能がポケモンセンターに統合されているなどシステム面でのテコ入れが行なわれている[13][12]

一方で、前作(第七世代)までのポケモンについて、本作に送り込めるのは、当初の段階でガラル図鑑に登録されているポケモンのみに限定された[14]。エキスパンションパスの購入で、一部ポケモンが本作に送り込める予定[15]。 また、前作までに登場した技の一部(「めざめるパワー」や「おんがえし」、「おいうち」など)が廃止されている。前作から送り込んだポケモンが廃止された技を覚えていた場合は、その技は使えなくなる[16]

本作からの新コンテンツ

ダイマックスとキョダイマックス
ガラル地方で見られるポケモンの巨大化現象「ダイマックス」をポケモンバトルに応用したシステム。巨大化すれば能力も向上する上、タイプによって異なるダイマックスわざを使用することができる。
ダイマックスは特定の場所であれば全てのポケモンが可能である。更に特別なポケモンのみキョダイマックスとなり、こちらは姿形も変化し、そのポケモン専用のダイマックスわざを使用できる。
前作(第七世代)までの「メガシンカ」や「Zワザ」に代わって導入された要素[17][18]
ワイルドエリア
ガラル郊外に広がる自然溢れるオープンワールドのような広大なフィールドを自由に探索することができる。場所や天候によって出会えるポケモンが異なるため、訪れる度に変化がある。
マックスレイドバトル
ワイルドエリアに出現する強力なダイマックスポケモンに4人で挑むことのできるコンテンツ。このレイドでのみ捕獲できるポケモンがいる他、ごく稀にキョダイマックスできる特別なポケモンと出会えるチャンスが訪れる。
オンラインで協力者を募ることができ、ネットに接続していなくてもNPCが駆けつけてくれる。
ポケモンキャンプ
旅の道中でキャンプを設営し、手持ちのポケモンたちと遊んだりカレーライス作りを楽しむことができる。このカレーは使う食材によって味や効果が変わり、カレー図鑑も用意されている。特にワイルドエリア内では他プレイヤーのキャンプへ参加することができ、最大4人での交流を楽しめる。
ディレクターの大森によれば、このカレーを作るというアイデア発想はガラル地方のモチーフが英国であることが一助となっており、また「現実に存在する食べ物が出てくれば,ゲームの世界にもっと親しみを持ってもらえる」とも語っている[19]


追加コンテンツ

本作はポケットモンスターの本編シリーズとしては初の有料ダウンロードコンテンツ(DLC)が導入されている。

エキスパンション・パス

新しいフィールドやポケモンなどの新規コンテンツを2回に分けて導入する、シーズンパス形式の有料DLC。2020年1月9日配信の「Pokémon Direct 2020.1.9」にて発表され、配信終了直後の10日から販売開始される。また、それぞれのコンテンツでは発売時に未実装であったポケモン(ジバコイル、ガブリアスなど)が登場する。エキスパンション・パス非購入者であっても、配信時に伴う無料アップデートにより、パス購入者との通信交換、またはPokémon HOME経由での過去作からの受け取りによって彼らを入手することができる[20]

鎧の孤島

2020年6月末までに配信予定。新しい舞台である「ヨロイじま」を舞台に、主人公はポケモン道場で新キャラクター・マスタードのもと修行に励む。

冠の雪原

2020年秋に配信予定。新しい舞台である「カンムリせつげん」を舞台に、主人公は探検隊の隊長として冒険をする。

登場人物

主要人物

主人公[注 2]
本作の主人公。ゲーム開始時に性別と肌の色を設定できる。旅の途中にあるヘアサロンでは髪・目の色・リップカラーなどを変更でき、ブティックで服を購入すれば着せ替えを楽しむこともできる。ガラルチャンピオンを目指しており、ダンデから推薦されてジムチャレンジに挑む。
マグノリア博士
ガラル地方で高名なポケモン博士。ガラル地方独特の現象であるダイマックスを研究している。
ソニア
マグノリア博士の助手として主人公をサポートする女性。ハート型のヘアアクセを散りばめた橙色のサイドテールが特徴。
ダンデ
現ガラルチャンピオンの青年で、ホップの兄。快活で責任感が強く、ポケモンバトルの実力と誰にでも分け隔てなく接する人柄を持つ好青年。決め台詞は「レッツチャンピオンタイム!」で、パートナーはリザードン。方向音痴であり、パートナーであるリザードンが道案内をしている。
ディレクターの大森は本作の物語におけるテーマを「憧れ」とした上で、ダンデはその象徴であると語っている[19]
ホップ
浅黒い肌に紫がかった髪を乗せた少年。ダンデの弟。主人公とは隣人であり友人であり、ガラルチャンピオンの座を競うよきライバルでもある。兄から推薦を受けている。
マリィ
容姿とクールなポケモンバトルから多くのファンを持つ、主人公と同じくチャンピオンを目指すライバルである。あくタイプのポケモンをメインに起用し、本作初登場のポケモンであるモルペコをパートナーにしている。
ビート
ローズに推薦されたチャンピオンを目指すポケモントレーナーの少年。エスパータイプの使い手であったが、後にフェアリータイプの使い手となる。

ポケモン

本作に初登場するポケモンも含めて、これまでに登場したポケモンも全てではないが数多く登場する。

リージョンフォームのポケモン

アローラ地方同様、ガラル地方には特定の姿を持つポケモンがいる。主なものは以下の通り。
マタドガス(ガラルのすがた)
どくガスポケモン タイプ・どく・フェアリー
体色は灰色で、頭部に長いシルクハットのような煙突、口にガスのヒゲをつけたような姿。汚い空気やガスを栄養にしており、体内に溜めたガスを頭から出す。この空気は綺麗。専用特性「かがくへんかガス」を持つ。
ジグザグマ(ガラルのすがた)
まめだぬきポケモン タイプ・あく・ノーマル
体色が黒と白のツートンカラーで目が赤い。好戦的なポケモンで人やポケモンに突進して挑発する。ガラル図鑑には「この姿が一番古いジグザグマの姿」と書かれている。
マッスグマ(ガラルのすがた)
とっしんポケモン タイプ・あく・ノーマル
ジグザグマの進化系。本来の姿と同様に真っ直ぐ走るのを好んでおり、自動車ですら跳ね飛ばすほどの突進を持つ。

世界観

舞台であるガラル地方は、田園風景や雄大な草原、険しい雪山など、さまざまな表情を持つ地方である。近代的な都市もあり、人々はポケモンと協力して産業を発展させている[21]。イギリスのグレートブリテン島がモデルで、全体像は同島を上下逆にしたような感じになっている。

都市

ハロンタウン
主人公とホップ・ダンデの出身地の田舎町。ゲームのスタート地点。
ブラッシータウン
ポケモン研究所の所在地。
エンジンシティ
ジムチャレンジのため最初に訪れることになる工業都市。エンジンスタジアムでジムチャレンジの開会式が開かれる。ジムリーダーはほのおタイプ使いのカブ。
ターフタウン
ガラル地方西部にある街で、すり鉢状の形をしており、街の至る所に石碑がある。また、街の西部には地上絵がある。ジムチャレンジ最初のジムの所在地。ジムリーダーはくさタイプ使いのヤロー。
バウタウン
ガラル地方東部にある港町で、海に面している。ジムチャレンジ2つ目のジム。ジムリーダーはみずタイプ使いのルリナ。
ナックルシティ
ワイルドエリアの最北から進める、中世の城壁を活かした歴史ある街。最後のジムチャレンジの場所で、ジムリーダーはドラゴンタイプ使いのキバナ。
ラテラルタウン
巨大な壁画の遺跡がある街。ジムリーダーは「ソード」ではかくとうタイプ使いのサイトウ、「シールド」ではゴーストタイプ使いのオニオン。
アラベスクタウン
ルミナスメイズの森の奥地にある街で、昼でも薄暗く、幻想的な雰囲気が漂う。ジムリーダーはフェアリータイプ使いのポプラ。
キルクスタウン
ガラル地方中部に位置する、古い建物が並ぶ温泉の街。気候は寒帯で温泉やホテルなどの観光業が盛ん。ジムリーダーは「ソード」ではいわタイプ使いのマクワ、「シールド」ではこおりタイプ使いのメロン。
スパイクタウン
北東部の薄暗い田舎町。ジムリーダーはあくタイプ使いのネズ。
シュートシティ
ガラル地方最大のローズ委員長によって造られた計画都市。チャンピオンカップが開催されるシュートスタジアムや、マクロコスモスの本拠地であるローズタワーの所在地。

組織 

マクロコスモス
ローズが運営している多国籍企業。鉱山会社や保険会社、航空会社など数多くのグループ企業が存在する。オーナーのローズはガラル地方のポケモンリーグを委員長として取りまとめる。

開発

本作の開発は2016年のサン・ムーンの発売直後から開始された。コンセプトの構築に1年間を費やした後に本格的な開発へ移行し、最終的な開発期間はデバッグ作業なども含め約3年としている[22]。プロデューサーの増田順一とディレクターの大森滋は、本作には開発やマーケティングおよび広報などを含め複数の企業から約1,000人が携わっているとしており、増田はこの数について以前のポケモンタイトルよりも50%ほど多いと推定している。開発においては約200人のゲームフリーク社員が中核を担い、パートナー企業であるクリーチャーズから約100人が3Dモデリング開発、更に100人がデバッグ作業やテストに携わっているとしている[23]

4gamerによるインタビューにて、大森は本作のテーマが「最強のポケットモンスター」であり、今までにない最強の「グラフィックス表現や企画内容,登場するポケモン」を目標に、その力強さを剣と盾というタイトルに込めたという。加えて、「倒す力(剣)と護る力(盾)のどちらを選ぶのか」を楽しんでほしいためとも語っている。大森はこのテーマを達成するための具体的な導入としてポケモンのシンボルエンカウント、ダイマックスおよびキョダイマックス、ワイルドエリアを挙げており、後者2つはハードがNintendo Switchに移行したことで初めて実現可能になったとしている。また、このインタビュー内でガラル地方のモチーフが英国であると明言しており、ダイマックスのアイデアも英国の巨人伝説が後押ししたとしている[19]

本作のシステムのうちのオートセーブ機能は、電源を切る代わりに画面だけを消すスリープモードにするプレイヤーが多いことや、Swtichのセーブ速度の速さを踏まえて取り入れられた[12]

登場ポケモンの制限

本作の開発において、ポケモンのモデルをNintendo Switchにあわせるために最初から作り直す必要が出てきた[14]。 だが、シリーズにおけるポケモンの総数が、既存分のフォルムチェンジなどを含めて1,000を超えており、すべてのポケモンのモデルを現行化したり、バトルシステム面での調整が困難になったことから、協議の末に開発チームは『Pokemon Home』から連れてこられるポケモンの数を制限するという決断を下した[14]

プロデューサーの増田はファミ通とのインタビューやユーザーに向けたコメントの中で、これが苦渋の決断だとしつつも[24]、登場を見送ったポケモンをぞんざいにしているわけではないとしている[14][25]

また、ディレクターの大森は、連れてこれるポケモンを制限した代わりに、ワイルドエリアなどの別の要素を強化したと同じインタビューの中で話している[14]

ビジュアル

開発チームはグラフィックにもこだわっており、特にプレイヤーとポケモンの出会いの場である草むらの描写には半年が費やされた[12]。 また、小さなものでも繊細な描写を可能とするSwitchの性能を生かすため、開発チームはポケモンが巨大化するダイマックスという要素を取り入れることにした[12]。 小さな子どもがテレビ画面で遊ぶことを想定し、いきなりポケモンが巨大化して不安にならないようにするため、ダイマックスの演出には注意が払われた[12]

音楽

本作の音楽はガラル地方のモデルに合わせて英国のロックミュージック英語版に影響されたものとなっており、[22]、『Undertale』の開発で知られている『トビー・フォックス』も1曲提供している[1]。 フォックスは、シリーズの作曲家の一人である一之瀬剛が自分をフォローしていたことがきっかけで交流を重ね、あるパーティーでシリーズの参加を希望したところ快諾にいたったと公式ウェブサイトに寄せたメッセージの中で述べている[26]

評価

評価
集計結果
媒体結果
Metacritic80/100[27][28]
レビュー結果
媒体結果
デストラクトイド7/10[29]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー4/5stars[30]
ゲーム・インフォーマー8.75/10[31]
GameSpot9/10[32]
GamesRadar+4.5/5stars[33]
IGN9.3/10[34]
NintendoLife8/10[35]
VG2473/5stars[36]

Metacriticによると84のメディアサイトの平均スコアは80/100であり、当サイトにおける「概ね好評」の評を得た。

IGNは全国図鑑と連れ歩き機能の不在、カットシーンにおけるキャラクターの感情表現の不足を惜しみつつも、それでも本作がシリーズの最高傑作であり、また従来の魅力を損なうことなく(もはや伝統と化していた)退屈な要素を合理化できていると統括した[37]Gamespotもポケモンの収集やバトル、探索などにおける肥大化や退屈な作業を削ぎ、ポケモンゲーム本来の魅力に注力できていると評している。更にその一例として、移動のハードルが低く早い段階から自由に探索できるようになったことを挙げている[38]

一方、Eurogamerはコンテンツの不足と旧シリーズへの非対応を批判しており、またワイルドエリアに関してポケモンシリーズにとっては斬新だとしつつも、広さと明快さが欠けており真のオープンワールドではないとしている[39]

売上

日本国内での販売初週の販売数は200万本、国内外を含めると600万本以上を記録し当時のNintendo Switch専用ソフトでの初週最速・最多販売記録を更新した。[40]

Nintendo of Americaによると、米国ではデジタル版も含め発売後2日間で200万本の販売を達成し、これはポケモンゲームの中で最も成功した発売だとしている[41] 。発売当日は直営店であるNintendo New Yorkに多くのファンが集まり、開店と販売開始までのカウントダウンを楽しむなど賑わいを見せた。[40]

GamesIndustryは英国小売市場での、かつパッケージ版に限るとした上で、2019年度のソード版の売上を273,991本と報告している。これは同年に「単一機種のみで」販売されたゲームにおいてトップを記録しており、この括りを外しても7番目に位置するとしている[42]。またGamesIndustryは同様に、本作の初週販売数がポケモンゲームの中で2番目に多く、ブラック・ホワイトより43%増、Let's Go! ピカチュウ・イーブイより64.6%増したものの、サン・ムーンと比較すると34.5%落ち込んだと報告している。[43][44]

その他

Roku対応のメディアストリーミング端末を搭載する機器において、同ソフトによって、故障する恐れがあるため、同社はアップデータを提供している[45][46]

薄明の翼

薄明の翼』のタイトルで、本作のWebアニメが公開されている。全7話予定で、2020年1月15日よりYouTubeポケモン公式チャンネルにて配信[47]

キャスト(Webアニメ)

ジョン
声 - 悠木碧[48]
入院生活が続いているダンデの大ファンの少年。
トミー
声 - 真堂圭[48]
同じく入院しているジョンの友達。
その他

スタッフ(Webアニメ)

  • 監督 - 山下清悟[47]
  • 助監督 - 渡辺葉
  • 脚本 - 木下爽[47]
  • 脚本監修 - 岸本卓[47]
  • コンセプトアート・カラースクリプター - 東みずたまり[48]
  • キャラクターデザイン - 小笠原真[47]
  • 美術デザイン - 東みずたまり、おかちょけ
  • 美術監督 - 竹田悠介、益城貴昌[47]
  • 色彩設計 - 広瀬いづみ[47]
  • CGディレクター - 高橋将人
  • 撮影監督 - 小川克人[47]
  • 音響監督 - 三間雅文[47]
  • 音楽 - コーニッシュ[48]
  • アニメーション制作 - スタジオコロリド[47]、FILMONY(第2話)

各話リスト(Webアニメ)

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督配信日
第1話手紙 山下清悟篠田貴臣、高野友宏2020年
1月15日
第2話修行 新井陽次郎黄捷、田村篤、新井陽次郎2月18日
第3話相棒 竹内雅人井川典恵3月17日
第4話夕波 山下清悟近岡直4月17日
第5話秘書 渡辺葉Moaang6月5日

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ この日は『ポケットモンスター 赤・緑』発売から23周年の日。
  2. ^ PVなどの各広報素材では、男の子主人公に「マサル」、女の子主人公に「ユウリ」という名前が付けられている。

出典

  1. ^ a b 『Undertale』のクリエイターが『ポケットモンスター ソード・シールド』に楽曲を提供”. IGN (2019年11月2日). 2019年11月28日閲覧。
  2. ^ a b トップページ|『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト”. ポケモン. 2019年7月25日閲覧。
  3. ^ a b Pokémon Sword and Pokémon Shield|Official Website”. ポケモン. 2019年7月25日閲覧。
  4. ^ a b Pokémon Sword and Pokémon Shield”. ポケモン. 2019年7月25日閲覧。
  5. ^ 任天堂株式会社 2020年3月期 第4四半期 決算参考資料 (PDF)”. 任天堂 (2020年5月7日). 2020年5月8日閲覧。
  6. ^ 株主・投資家向け情報:業績・財務情報 - 主要タイトル販売実績 Nintendo Switch専用ソフト”. 任天堂. 2020年5月7日閲覧。
  7. ^ 完全新作『ポケットモンスター ソード・シールド』が発表。Nintendo Switch向けに2019年冬世界同時発売!”. ファミ通.com (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。
  8. ^ ポケモン完全新作『ソード・シールド』今冬Switchで世界同時発売 3匹のポケモンも公開”. ORICON NEWS (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。
  9. ^ 公式ウェブサイト商品ページより
  10. ^ 『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンション・パス』公式サイト2020年1月9日
  11. ^ 「ポケモン ソード/シールド」にはオートセーブが導入。オフにすることも可能。さらに「がくしゅうそうち」は廃止され平等に経験値が分配”. GNN Web News (2019年10月2日). 2019年11月28日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ a b c d e f 増田順一; 大森滋 (2019年10月25日). 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン育成の進化やオートセーブの実装など気になる話題が続々! ゲームフリーク増田順一氏&大森滋氏インタビュー. (インタビュー). KADOKAWA. https://www.famitsu.com/news/201910/25185773.html 
  13. ^ ポケモンソード・シールドでは「育成のしやすさ」を強化。ハートのウロコの不要化や「せいかく」による補正を矯正可能に”. GNN Web News (2019年10月25日). 2019年11月28日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ a b c d e 大森滋; 増田順一 (2019年6月13日). 『ポケットモンスター ソード・シールド』の“いま聞きたいこと”について増田順一氏、大森滋氏を直撃。「連れて来られるポケモンの話」にも言及!【E32019】. (インタビュー). https://www.famitsu.com/news/201906/13177936.html 2020年6月5日閲覧。 
  15. ^ 【ポケモン剣盾】ガラル図鑑(ポケモン図鑑)|内定(登場確定)一覧【ポケモンソードシールド】”. GAMY (2020年2月12日). 2020年6月5日閲覧。
  16. ^ Yokoyama, Keiichi (2020年2月12日). “クラウドサービス「ポケモンHOME」配信開始。『ポケモン剣盾』では新たな解禁ポケモンも現れ、対戦環境変化の予感” (日本語). AUTOMATON. 2020年6月5日閲覧。
  17. ^ Umise, Minoru (2019年12月18日). “『ポケットモンスター ソード・シールド』の海外大手コミュニティで「ダイマックス」が禁止へ。腕前を競う場にはそぐわない” (日本語). AUTOMATON. 2020年6月5日閲覧。
  18. ^ ポケモン23年貫く設定、開発の苦労尽きず 最初の選択“くさ・ほのお・みず”与える難易度”. ORICON NEWS. 2020年6月5日閲覧。
  19. ^ a b c 「ポケットモンスター ソード・シールド」インタビュー。「最強」をテーマに,子供たちが楽しめるものを目指して”. 4gamer.net (2019年11月15日). 2019年11月27日閲覧。
  20. ^ 『ポケットモンスター ソード・シールド』エキスパンションパス『鎧の孤島・冠の雪原』を発表【ポケモンダイレクト2020.1.9】ファミ通.com 2020年1月9日
  21. ^ Switch「ポケットモンスター ソード・シールド」2019年冬に発売、ゲーム画面を紹介する特別映像も公開”. GAME WATCH (2019年2月28日). 2019年2月28日閲覧。
  22. ^ a b We Interview Junichi Masuda and Shigeru Ohmori about Pokémon Sword and Pokémon Shield”. The Pokemon Company (2019年6月13日). 2019年11月27日閲覧。
  23. ^ Game Freak explains the 1,000 staff, missing creatures, and leek size of Pokémon Sword and Shield”. Polygon (2019年10月24日). 2019年11月27日閲覧。
  24. ^ 向原康太 (2019年7月1日). “『ポケモン ソード・シールド』“一部ポケモン連れていけない問題”に異例の声明”. Real Sound. p. 1. 2020年6月5日閲覧。
  25. ^ 向原康太 (2019年7月1日). “『ポケモン ソード・シールド』“一部ポケモン連れていけない問題”に異例の声明”. Real Sound. p. 2. 2020年6月5日閲覧。
  26. ^ 『ポケットモンスター ソード・シールド』Toby Fox氏楽曲が先行公開!ゲストの経緯も明らかに” (日本語). Game*Spark (2019年11月9日). 2020年6月5日閲覧。
  27. ^ Pokemon Sword for Switch Reviews”. Metacritic. CBS Interactive (2019年12月4日). 2020年1月10日閲覧。
  28. ^ Pokemon Shield for Switch Reviews”. Metacritic. CBS Interactive (2019年11月13日). 2020年1月10日閲覧。
  29. ^ Andriessen, CJ (2019年11月20日). “Review: Pokemon Sword”. Destructoid. 2019年11月27日閲覧。
  30. ^ Carsillo, Ray (2019年11月13日). “Pokémon Sword & Shield review”. EGM. 2019年11月27日閲覧。
  31. ^ Shea, Brian (2019年11月13日). “Pokémon Sword & Shield Review – Maxing Out The Pokémon Formula”. Game Informer. 2019年11月27日閲覧。
  32. ^ Plagge, Kallie (2019年11月13日). “Pokemon Sword & Shield Review – The Cliffs of Snover”. GameSpot. 2019年11月27日閲覧。
  33. ^ Loveridge, Sam (2019年11月13日). “Pokemon Sword and Shield review: "A Pokemon game for a new generation"”. GamesRadar+. 2019年11月27日閲覧。
  34. ^ DeFreitas, Casey (2019年11月13日). “Pokemon Sword and Shield Review”. IGN. 2019年11月27日閲覧。
  35. ^ Olney, Alex (2019年11月13日). “Pokémon Sword And Shield – A Solid Start To Gen 8 On Switch, Despite The Hate”. NintendoLife. 2019年11月27日閲覧。
  36. ^ Donaldson, Alex (2019年11月13日). “Pokemon Sword & Shield review: ambitious in places, seemingly unfinished in others”. VG247. 2019年12月4日閲覧。
  37. ^ Casey, DeFreitas (2019年11月20日). “Pokemon Sword and Shield Review”. IGN. 2019年12月4日閲覧。
  38. ^ Plagge, Kallie (2019年11月18日). “Pokemon Sword & Shield Review - Curry Favor”. GameSpot. 2019年12月4日閲覧。
  39. ^ Tapsell, Chris (2019年11月13日). “Pokémon Sword and Shield review - a shadow of a former great”. Eurogamer. 2019年12月4日閲覧。
  40. ^ a b “3 年ぶりのシリーズ完全新作 『ポケットモンスター ソード・シールド』 Nintendo Switch ソフト史上最速・最多! 初週世界販売本数 600 万本突破” (プレスリリース), 株式会社ポケモン, (2019年11月21日), https://www.pokemon.co.jp/corporate/PostImages/b1b2b7b4ea55eef149f2bc849c194eea958c68c6.pdf 2019年11月27日閲覧。 
  41. ^ Pokémon Sword and Pokémon Shield Sales Exceed 6 Million Units Worldwide After Massive Launch Weekend”. Business Wire (2019年11月21日). 2019年11月27日閲覧。
  42. ^ Dring, Christopher (2020年1月3日). “UK video game sales drop for the first time since 2012”. gamesindustry. 2020年1月10日閲覧。
  43. ^ UKチャート11/10~16:「ポケットモンスター ソード」が“Star Wars Jedi: Fallen Order”を抑え初登場1位を獲得”. doope! (2019年11月18日). 2019年11月27日閲覧。
  44. ^ Dring, Christopher (2019年11月17日). “UK Charts: Pokémon Sword and Shield post huge opening weekend sales”. gamesindustry. 2019年11月27日閲覧。
  45. ^ My Insignia Roku TV is stuck in a boot loop. : Roku
  46. ^ PSA: Pokemon Sword/Shield causes Roku devices on the same network to crash and enter a boot loop : pokemon
  47. ^ a b c d e f g h i j 『ポケモン ソード・シールド』アニメ化決定! 『薄明の翼』が2020年1月にYouTubeで公開”. ファミ通 (2019年12月20日). 2019年12月13日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ポケットモンスター ソード・シールド』 オリジナルアニメ 「薄明の翼」公式サイト”. 株式会社ポケモン. 2020年2月18日閲覧。