ポスト・ディスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポスト・ディスコ
様式的起源 電子音楽実験音楽ダブディスコ など
文化的起源 ニューヨークマイアミモントリオールロンドン 1970年代後期から1980年代初期
使用楽器 シンセサイザードラムマシンシーケンサーボーカルキーボードサンプラー など
派生ジャンル Hi-NRG, イタロ・ディスコ, ハウス, テクノ, ダンス・ポップ, フリースタイル
サブジャンル
エレクトロ・ファンク
関連項目
ガラージュシカゴ・ハウスポストパンク

ポスト・ディスコ:Post-disco)は、1970年代前半から1980年代初頭まで流行したディスコ音楽の流行が去った後、ダンスに関する暗中模索を行っていた時代の音楽である[1][2]

音楽の傾向は、DJやプロデューサーによって、ダンス・ポップ[3][4]ブギ[5]、イタロ・ディスコ[5]に象徴されるようにより電子化実験的なものだった[5]テクノハウスはポスト・ディスコから定着した[3][6][7][8][9][10]

ディスコ音楽からは、シンセサイザーで作られるダンス系の音楽ジャンルの殆ど全てが派生して行ったが、正にその派生の最初期に当たる音楽ジャンルである。

歴史[編集]

ジョルジオ・モロダーとピート・ベロッテのコンビがシンセサイザーのみでバックトラックを制作したディスコ音楽である、ドナ・サマーの「I Feel Love」が早くも1977年に発売されると、ブライアン・イーノが「このシングルはこの先15年のクラブミュージックのサウンドを変えることになるだろう」とコメントした。電子音楽界の巨匠による証言と音楽的特徴を考慮すると、「I Feel Love」はポスト・ディスコと、そのジャンルから更に派生したHi-NRGの前史に当たると言える。1977年当時には、シンセサイザーによるポピュラー化されたミニマル・ミュージックの領域では、アシュ・ラ・テンペルクラフトワークが活動しているのみであった事実を考えれば、音楽全体からしても非常に画期的なリリースであった。

ディスコ・デモリッション・ナイト[11]以降、ディスコ・ミュージックはラジオ局でのエアプレイが減少し、代わってブラック・コンテンポラリーAOR、AC、トップ40もの、ヘヴィメタル、産業ロックなどが演奏されるようになった。ディスコ・ミュージックの主流レーベルだったカサブランカ・レコードTKレコード、RSOレコードは経営難に陥った。しかし、Hi-NRG、イタロ・ディスコ、ブギー、ユーロビート、テクノポップといった新しいスタイルに分かれながら、ディスコ・ミュージックは生き残っていった[2][12]

マイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』(プロデューサー:クインシー・ジョーンズ)は、R&Bやダンス・ミュージックを制作する一部のプロデューサーに影響を与えた[13]ファンク・バンドのパーラメント-ファンカデリックは、1970年代と1980年代に多くのポスト・ディスコとポスト・パンクの音楽を制作した[14]

使用時期[編集]

「ポスト・ディスコ」という言葉は、生演奏のエレクトリック・ベース、ドラムスがないディスコ・ミュージックを定義するために、1984年にケイデンス・マガジンが初めて使用した[15]。「ポスト・ディスコ」は、ディスコ・ミュージックの終わりからハウス・ミュージックの出現の間の時代の音楽ジャンルオールミュージックが表現するときに使用される[5]

チャート[編集]

ポスト・ディスコ時代に成功したレコードたち(大半はR&Bポップ指向)

レーベル アーティスト U.S. Dance [16] U.S. R&B [16] U.S. Pop [16] U.S. M.R. [16] U.K. Pop[17]
1980年 「Celebration」[18] De-Lite クール・アンド・ザ・ギャング #1 #1 #1 ('81) #7
1981年 「レッツ・グルーヴ」 [19] Columbia アース・ウィンド・アンド・ファイアー #3 #1 #3 #3
1982年 「Last Night a DJ Saved My Life」[20] Sound of New York インディープ #2 #10 #13
ラブ・カム・ダウン[21][22] RCA イヴリン・キング #1 #1 #17 #7
1983年 「Give It Up」[23] Meca KC #18 '#1
1983年 ビリー・ジーン[24] Epic マイケル・ジャクソン #1 #1 #1 #1
1984年 レッツ・ダンス[24] Epic デヴィッド・ボウイ #1 #14 #1 #6 #1
「Cool It Now」 [25] MCA ニュー・エディション #1 #4 #43
「Dr. Beat」 [26] Epic マイアミ・サウンド・マシーン #17 #6
1987年 「Rhythm Is Gonna Get You」 [26] Epic マイアミ・サウンド・マシーン #27 #5

ポスト・ディスコ・リバイバル[編集]

2000年代にハウス・ミュージック・グループのダフト・パンクは、1980年代のポスト・ディスコ風アルバム『Discovery』(2001年)を発表した[27]。他のハウス・アーティストであるレ・リズム・ディジタルは1980年代のポスト・ディスコに影響された[28]カナダの音楽グループクロメオは80年代ブギー・アルバム『She's in Control』で2004年にデビューした。『The Perfect Beats』シリーズ (Vol. 1-4) は、様々なアーティスト(イマジネーション、レベル42アフリカ・バンバータなど)によるポスト・ディスコのコンピレーション・アルバムである[29]

特徴[編集]

ディスコ・ミュージックとは異なり、ポスト・ディスコは通常ハイハットによるビートやエレクトリック・ベースによるウォーキング・ベース、ストリングスはなく、ドラムマシンシンセサイザーシーケンサーによる4/4拍子を特徴としている。ソウルフルな歌声は、この新しい音楽に留まった。ポスト・ディスコはアンダーグラウンド・ミュージックというわけではなく、マドンナニュー・オーダーペット・ショップ・ボーイズなどのディスコ・ミュージックに対する新しい解釈によるキャリアである[2]

演奏者[編集]

「Thanks To You」と「Don't Make Me Wait」がダブの最初である[30]シェップ・ペティボーン

ラリー・レヴァンは、アンダーグラウンドな彼自身のグループピーチ・ボーイズを含む様々なポスト・ディスコ・アーティストをプロデュース・リミックスする際、ダブの技術を使う。シナモンの「Thanks To You」、D・トレインの「You're the One for Me」、ピーチ・ボーイズの「Don't Make Me Wait」といったポスト・ディスコの曲達は、これまでにない新しい音楽スタイル(ハウス・ミュージック)だった[31]

DJ,ミキサー,プロデューサーとして新しい音楽を創造した音楽家は、例えばアーサー・ベイカー[32],ラリー・レヴァン[32][33],フランキー・ナックルズ[32][34],シェップ・ペティボーン[32],カシーフ[32]などである。

ポスト・ディスコに続いたポップ・ロック電子音楽R&Bのミュージシャンは、例えばテレックス[32],D・トレイン[32][35],シャロン・レッド,Musique,ゲイル・アダムス,パトリース・ラッシェン,エムトゥーメイ[32],オーラ,スカイ (バンド)[32],インナー・ライフ,ラファエル・キャメロン,エドウィン・バードソング,アンリミテッド・タッチ[32][35],カーティス・ブロウ[36],ウォズ・ノット・ウォズ,リキッド・リキッド[32],イマジネーション,ボビー・O[37],シャノン,タイメックス・ソーシャル・クラブ,SOSバンド,シャラマー,レイクサイド,ミッドナイト・スター,ウィスパーズ,インスタント・ファンクなどである。

ポスト・ディスコのアルバムには、マイケル・ジャクソンの『スリラー』(1982年)[38],パトリース・ラッシェンの『Straight from the Heart』(1982年),マドンナの『バーニング・アップ』(1983年)などがある。

残した影響[編集]

1980年代のポスト・ディスコ・サウンドは多くのノルウェーのダンス・ミュージックのプロデューサーに影響を与えた[39]アイス・キューブEPMDなどの一部のラッパーは、ザップキャメオのような彼らがお気に入りのポスト・ディスコ・ファンク・サウンドにラップを重ねた[40]ショーン・パフィ・コムズは、ポスト・ディスコ・R&Bに間接的に影響を受けた[41]

レコード・レーベル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Though it makes sense to classify any form of dance music made since disco as post-disco, each successive movement has had its own characteristics to make it significantly different from the initial post-disco era, whether it's dance-pop or techno or trance." — Allmusic
  2. ^ a b c Reynolds, Simon (2009) Grunge's Long Shadow - In praise of "in-between" periods in pop history (Slate, MUSIC BOX). Retrieved on 2-2-2009"
  3. ^ a b Slant Magazine | Music | 100 Greatest Dance Songs. Retrieved on 2-2-2009
  4. ^ Smay, David & Cooper, Kim (2001). Bubblegum Music Is the Naked Truth: The Dark History of Prepubescent Pop, from the Banana Splits to Britney Spears: "... think about Stock-Aitken-Waterman and Kylie Minogue. Dance pop, that's what they call it now — Post-Disco, post-new wave and incorporating elements of both." Feral House: Publisher, p. 327. ISBN 0922915695.
  5. ^ a b c d Explore music…Genre: Post-disco/Dance rock”. Allmusic. 2009年4月11日閲覧。
  6. ^ Haggerty, George E. (2000). Gay Histories and Cultures: An Encyclopedia. Taylor & Francis. p. 256. ISBN 0815318804. "House music is a form of post-disco dance music made popular in the mid 1980s in Chicago clubs…"" 
  7. ^ Demers, Joanna (2006). “Dancing Machines: 'Dance Dance Revolution', Cybernetic Dance, and Musical Taste”. Popular Music (Cambridge Univ Press) 25: 25, 401–414. doi:10.1017/S0261143006001012. ""In terms of its song repertoire, DDR is rooted in disco and post-disco forms such as techno and house. But DDR can be read as the ultimate postmodern dance experience because the game displays various forms of dance imagery without stylistic or historical continuity (Harvey 1990, p. 62,…)" 
  8. ^ Campbell, Michael (2008). Popular Music in America. Cengage Learning. p. 352. ISBN 0495505307. "Glossary: techno – post-disco dance music in which most or all of the sounds are electronically generated" 
  9. ^ AllMusic - explore music... House: "House music grew out of the post-disco dance club culture of the early '80s." Retrieved on 12-27-2009
  10. ^ St. John, Graham (2004), Rave Culture and Religion, p. 50, ISBN 0415314496, "[sic] house music. As a post-disco party music, house features a repetitive 4/4 beat and a speed of 120 or more beats per minute..."
  11. ^ http://www.rollingstone.com/.../flashback-watch-disco-demolition-ni...
  12. ^ Serwer, Jesse (2009) XLR8R: Jesse Serwer in a interview with Dam-Funk. Retrieved on 2-2-2010.
  13. ^ http://www.danceclassics.net/producers.htm
  14. ^ Parliament/Funkadelic. (2009). In Student's Encyclopædia: "Combining funk rhythms, psychedelic guitar, and group harmonies with jazzed-up horns, Clinton and his ever-evolving bands set the tone for many post-disco and post-punk groups of the 1980s and 1990s.". Retrieved August 15, 2009, from Britannica Student Encyclopædia.
  15. ^ Cadence Magazine 10: 56. (1984). 
  16. ^ a b c d Kool & The Gang: Billboard SinglesDavid Bowie: Billboard SinglesSOS Band: Billboard SinglesIndeep: Billboard SinglesEarth, Wind & Fire: Billboard SinglesMichael Jackson: Billboard Singles by Allmusic. Retrieved on August 11, 2009.
  17. ^ Search song on EveryHit.com database
  18. ^ [1]. Songfacts.com about Kool & The Gang trivia informations. Retrieved on 5. 5. 2009
  19. ^ Soul > LP > Earth Wind & Fire: Raise!: Earth Wind & Fire hits the 80s -- and never misses a beat! Turns out that the group's older style of jazzy funk was a perfect fit for the boogie-styled rhythms of the post-disco era". Dusty Groove America.com. Retrieved on August 12, 2009.
  20. ^ Grow, Kory (May 2008). Revolver Magazine article: Why The Most Dangerous Band Of The Decade, True Norwegian, Black Metallers, Gorgoroth, Turned On Itself - "When the post-disco classic "Last Night a DJ Saved My Life" by early-'80s New York crew Indeep comes on, King asks what the singer means by the bizarre titular statement.". No. 68. ISSN 1527-408X.
  21. ^ [2]. 70disco.com web. Re-retrieved on August 1, 2009
  22. ^ ShowArtist: Evelyn "Champagne" King. Disco-funk.co.uk. Retrieved on August 10, 2009.
  23. ^ Hoffmann, W. Frank & Ferstler, Howard (2005). Encyclopedia of Recorded Sound (Publication no. 2): "He [Harry Casey] briefly returned to the public eye billed as KC with the release of KC Ten (Meca 8301; 1984: #93), featuring the post-disco single 'Give It Up' (Meca 1001; 1984; #18), before fading back into obscurity". p. 566. ISBN 041593835X
  24. ^ a b The Eighties Club: The Politics and Pop Culture of the 1980s: "On the dance floor, David Bowie's "Let's Dance" and Michael Jackson's "Billie Jean" defined the post-disco beat." Retrieved on August 11, 2009.
  25. ^ One Hit Wonder Center - One-Hit Wonder Music of the 50's~90's: "There are also tracks to represent the rise of post-disco club/dance trend, such as Laid Back's "White Horse", New Edition's "Cool It Now", and Timex Social Club's " Rumors" ". Retrieved on August 12, 2009.
  26. ^ a b Morales, Ed (2002). Living in Spanglish: the search for Latino identity in America: ""With their group, Miami Sound Machine, ... "Doctor Beat," manages to fuse elements of Latin percussion with the electric hass heats of the post-disco era". p. 244. ISBN 0312262329.
  27. ^ (2001) CMJ New Music Monthly - Best New Music - Daft Punk (Discovery): "Although it's only fair to credit Chicago with the post-disco dance style's paternal rights, the French [Daft Punk] have (at the very least) earned covered weekend privilegies." Publisher: CMJ Network, Inc. No. 93. p. 71. ISSN 1074-6978
  28. ^ Paoletta, Michael (1999). Billboard Magazine: Reviews & Previews: Spotlight (Les Rythmes Digitales - Darkdancer): "[about funky and British synth-pop] two musical styles steeped in the post-disco/electro scene of New York in the early '80s". p. 30. ISSN 0006-2510
  29. ^ The Perfect Beats, Vol. 1 by Allmusic. Retrieved on 1-28-2010
  30. ^ Tech Noir - Disco > Shep Pettibone: Shep Pettibone in an interview with Steven Harvey. Retrieved on 12 26 2009
  31. ^ Cheeseman, Phil (1989). The History of House music. fantazia.org.uk | Artandpopculture. Retrieved on 2-19-2010
  32. ^ a b c d e f g h i j k Explore music…Top Artists (under Post-disco)”. Allmusic. 2009年4月11日閲覧。
  33. ^ Broughton, Frank & Brewster, Bill (2000). Larry Levan's Paradise Garage | DJhistory.com Archived 2014年10月6日, at the Wayback Machine. - Disco's revenge: "[sic] But by the turn of the eighties, he was experimenting with drum machines and synthesizers and, like François Kevorkian around the same time, forging a new electronic, post-disco sound". Retrieved on 1-4-2010.
  34. ^ Pitchfork Album Reviews: VA -Trax Records: 20th Anniversary Collection. Retrieved on 1-4-2010
  35. ^ a b Bogdanov, Vladimir (2003). All Music Guide to Soul: The Definitive Guide to R&B and Soul. p. 709. ISBN 9780879307448. "Unlimited Touch weren't disco, and they weren't exactly straight-up R&B; like their Prelude labelmates D Train, Unlimited Touch combined the two forms into what is often referred to as post-disco." 
  36. ^ Toop, David (1984). The Rap Attack: African Jive to New York Hip-Hop. Pluto Press. p. 93. "Kurtis Blow may not have been 100 per cent proof Bronx hip hop, but his early records helped set the style in post-disco dance music." 
  37. ^ allmusic > ((( Bobby Orlando ))): "Genre: Electronic, Styles: Hi-NRG, Club/Dance, R&B, Post-disco". Retrieved on 12-27-2009.
  38. ^ Heyliger, M., Music - Help - Web - Review Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine. - A State-of-the-Art Pop Album (Thriller by Michael Jackson): "Not many artists could pull off such a variety of styles (funk, post-disco, rock, easy listening, ballads) back then...". Retrieved on August 12, 2009
  39. ^ Ham, Anthony & Roddis, Miles and Lundgren, Kari (2008). Norway: Discover Norway - (The Culture) Interview with Bernt Erik Pedersen, music editor, Dagsavisen: "A lot of current dance music producers are influenced by the post-disco sound of the early 80s". Publisher: Lonely Planet Publications. p. 53. ISBN 1741045797.
  40. ^ Light, Alan (november, 1993). V I B E - Funk Masters article: "It's no wonder that rappers such as EPMD and Ice Cube, striving for that perfect mind-body fusion, have built careers out of fragments from these fathers of funk (as well as the post-disco wave they inspired - dance-floor favourites like Zapp and Cameo)". p. 51?, ISSN 1070-4701
  41. ^ Schoonmaker, Trevor (2003). Fela: from West Africa to West Broadway: "Puffy's consistent pilfering of pop coffers from a certain time period shows undoubtedly that he is influenced by the post-disco R&B bounce of the late 1970s and early 1980s". Publisher: Palgrave Macmillan. p. 4. ISBN 1403962103.