ポダルケース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポダルケース古希: Ποδάρκης, Podarkēs)は、ギリシア神話の人物。長母音を省略してポダルケスとも表記される。主に

の2人が知られている。以下に説明する。

プリアモスの本名[編集]

このポダルケースは、トローイア王プリアモスの本名である。ヘーラクレースがトローイアを攻略した際に、捕虜として捕らえられたが、王女ヘーシオネーが自らのヴェールを代償にポダルケースを買い取った。これ以降ポダルケースはプリアモスの名前で呼ばれるようになった[1]

イーピクロスの子[編集]

このポダルケースは、テッサリアー地方のピュラケー英語版の王イーピクロスの子で、プローテシラーオスと兄弟。ホメーロスによるとポダルケースのほうが弟であった[2]。プローテシラーオスとともにヘレネーの求婚者の1人で[3][注釈 1]トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人。

父イーピクロスは子供ができなかったが、祖父のピュラコス予言者メラムプースの助言に従い、ポダルケースが生まれたという[4]。トロイア戦争ではプローテシラーオスとともに参加したが、プローテシラーオスが早々に戦死したのでその後はポダルケースがピュラケーの軍勢40隻を指揮した[2]。トロイア軍がギリシア軍の防壁を破って攻め込んだときにはメネステウスやメドーンメゲースボイオーティア勢とともに勇戦したが[5]、後にアマゾーンの女王ペンテシレイアに討たれた[6]。ギリシア軍は深く悲しみ、彼のために立派な墓を築いた[7]

系図[編集]

アイオロス
 
クスートス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
ディオメーデー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイアコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミニュアース
 
アイネトス
 
アクトール
 
エーオース
 
ケパロス
 
プロクリス
 
アステロディアー
 
ポーコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピュラコス
 
 
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
クリーソス
 
パノペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクロス
 
 
 
 
 
アカストス
 
アルキメデー
 
アイソーン
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポダルケース
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
 
 
イアーソーン
 
 
 
 
 
 
 
オデュッセウス
 
 
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし同個所ではプローテシラーオスはポダルケースの兄弟ではなく、アクトールの子である。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻6・4。
  2. ^ a b 『イーリアス』2巻695行-710行。
  3. ^ ヘーシオドス断片154d(ベルリン・パピュルス)。
  4. ^ アポロドーロス、1巻9・12。
  5. ^ 『イーリアス』13巻685行-700行。
  6. ^ スミュルナのコイントス、1巻233行-248行。
  7. ^ >スミュルナのコイントス、1巻818行以下。

参考文献[編集]