ポッタパーダ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ) > 長部 (パーリ) > ポッタパーダ経

ポッタパーダ経[1]: Poṭṭhapāda-sutta, ポッタパーダ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵長部の第9経。漢訳で『布吒婆楼経[2](ふたばろうきょう)とも表現する。

類似の伝統漢訳経典として、『長阿含経』(大正蔵1)の第28経「布吒婆楼経」がある。

経名は、経中に登場する遊行者ポッタパーダ(布吒婆楼)に因む。

構成[編集]

登場人物[編集]

  • 釈迦
  • ポッタパーダ --- 遊行者
  • チッタ --- 象使い

場面設定[編集]

ある時、釈迦はサーヴァッティ(舎衛城)のアナータピンディカ園(祇園精舎)に滞在していた時、遊行者ポッタパーダが3000人の行者と共にマッリカー園のエーカサーラカ堂に滞在していた。

釈迦が彼らの元に訪れると、彼らは論争しており、ポッタパーダが、「心作用と因縁の関係」について尋ねてきた。釈迦は心作用が因縁に縛られることを述べつつ、十善戒六根清浄、正念正智、三衣一鉢による満足、五蓋の除去(五禅支の生成)、(色界の)四禅を経て無色界そして滅想受定まで至る「九次第定」について述べる。続いてポッタパーダはアートマンについて尋ねる。釈迦はアートマンを有るとも無いとも答えず、四聖諦を述べる。ポッタパーダは法悦して三宝に帰依することを誓う。

数日後、象使いの子チッタがアナータピンディカ園(祇園精舎)に釈迦を訪ね、有るとも無いとも言えないと釈迦が述べたアートマンについて問い、釈迦の説明を受ける。チッタは法悦して三宝に帰依することを誓い、出家して後に阿羅漢となった。

内容[編集]

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・長部経典1』(第6巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 長部(ディーガニカーヤ)戒蘊篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 長部経典1』 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』

関連項目[編集]