ポベートール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポベートール古希: Φοβήτωρ, Phobētōr)は、ギリシア神話で、夢の支配者オネイロイ(単数形:オネイロス)の一柱である。獣の形を取る夢であり、悪夢を生むとされる。phobetorは「怖れさせるもの」の意。[1]イケロス(Ikelos, Icelus, Icelus)とも呼ばれる。ニュクス(夜)の息子であり、ヒュプノス(眠り)とタナトス(死)の兄弟[2]

注釈[編集]

  1. ^ 「怖れ」を意味する phobos (大文字で Phobos とすれば恐怖の神ポボスをも指す)の同系語。 phobos は英語などで「恐怖症」を意味する phobia の語源でもある。
  2. ^ ヘーシオドス神統記