ポリュビオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ポリュビオスギリシア語: Πολύβιος, Polybius, 紀元前204年? - 紀元前125年?)は、古代ギリシアメガロポリス生まれの歴史家である。第三次マケドニア戦争ピュドナの戦いの後、人質としてローマに送られ、スキピオ・アエミリアヌスの庇護を受けた。

著書『歴史』はローマの歴史を中心に第一次ポエニ戦争から紀元前146年までを取り扱い、ポエニ戦争など当時の状況についての第一級の史料である。またその中で述べられた政体循環論もよく知られる。

著作[編集]

ポリュビオスの著作として『歴史』以外に四つ知られているが、いずれも完全に散逸した。

ポリュビオスの『歴史』全39巻のうち、日本語訳があるものを以下に示す。

  • 『世界史』(全三巻)
    • 『世界史I』(竹島俊之訳、龍渓書舎、2004年、ISBN 4844754866)…第1巻~第6巻
    • 『世界史II』(竹島俊之訳、龍渓書舎、2007年、ISBN 9784844754879)…第7巻~第18巻
    • 『世界史III』(竹島俊之訳、龍渓書舎、2007年、ISBN 9784844754886)…第19巻~第39巻
  • 『歴史』(全四巻)
    • 『歴史1』(城江良和訳、京都大学学術出版会、2004年、ISBN 9784876981564)…第1巻~第3巻
    • 『歴史2』(城江良和訳、京都大学学術出版会、2007年、ISBN 9784876981694)…第4巻~第8巻
    • 『歴史3』(城江良和訳、京都大学学術出版会、2011年、ISBN 9784876981922)…第9巻~第21巻
    • 『歴史4』(城江良和訳、京都大学学術出版会、2013年、ISBN 9784876982523)…第22巻~第39巻