ポルシェ・992

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポルシェ・911 > ポルシェ・992
ポルシェ・992
ポルシェ・992
Porsche 992 Carrera 4S Genf 2019 1Y7A5561.jpg
後部
Porsche 992 Top Marques 2019 IMG 1054.jpg
カブリオレ
Porsche 992 Cabrio Carrera 4S Genf 2019 1Y7A5427.jpg
製造国 ドイツの旗 ドイツ
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 3.0L水平対向6気筒
駆動方式

後輪駆動

AWD
変速機

8速デュアルクラッチトランスミッション

7速MT
全長 4,519 mm
全幅 1,852 mm
全高 1,300 mm
ホイールベース 2,450 mm
車両重量 1,515–1,565 kg
製作 ポルシェ
先代 ポルシェ・991
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ポルシェ・992は、ポルシェ・911の8代目モデルである。

2018年に登場以降、初期段階の販売は極めて順調で、投入以降2019年9月までの間でポルシェ社全利益のうち30%近くを稼ぎ出すモデルとなった[1]

概要[編集]

2018年11月28日、991の後継モデルとして登場した[2]。内外装のデザインが全体的に変更された。近年のポルシェにおけるデザインの流れを汲んで、テールランプは先代に比べ細く、ヘッドライトは4点式のLEDが使われている。内装はよりモダンでスタイリッシュになっている。グレードはクーペの高性能モデルである「カレラS」「カレラ4S」が発表された。

2019年1月9日、オープンの高性能モデルである「カレラSカブリオレ」「カレラ4Sカブリオレ」が発表された[3]。従来モデルに引き続き採用されたガラス製リアウィンドウ付きの電動ソフトトップが採用され、50km/h以下であれば12秒で開閉できる。

2019年7月30日、ベースモデルである「カレラ」「カレラ カブリオレ」が発表された[4]。エンジンは3リッター水平対向6気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力は385ps。

参考文献[編集]

  1. ^ 新型「911」はポルシェ全利益の30%近くを稼ぐ-中国でも問題なし” (2019年9月19日). 2019年9月24日閲覧。
  2. ^ 【LAショー2018】ポルシェが8代目となる新型「911」を世界初公開 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年7月30日閲覧。
  3. ^ 新型「ポルシェ911カブリオレ」がデビュー 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年7月30日閲覧。
  4. ^ 新型「ポルシェ911カレラ」がデビュー ベースモデル追加で新世代911のラインナップ拡大 【ニュース】” (日本語). webCG. 2019年7月30日閲覧。